本間勇輔

出典: フリー百科事典『ウィキペディア(Wikipedia)』
移動先: 案内検索
本間 勇輔
出生名 本間 勇輔
生誕 (1952-06-06) 1952年6月6日(65歳)
出身地 日本の旗 福岡県八幡市(現北九州市八幡)
学歴 早稲田大学商学部
ジャンル アニメ映画音楽
職業 作曲家
活動期間 1980年代 -
公式サイト セレッソ大阪

本間 勇輔(ほんま ゆうすけ、1952年6月6日 - )は、福岡県八幡市(現北九州市八幡)出身の日本の作曲家歌手である。早稲田大学商学部卒業。血液型 は A型。

来歴・人物[編集]

地元に置かれた八幡製鉄サッカー部宮本輝紀の大ファンで、高校から本格的にサッカー始める[1]。サッカーを続けるつもりで早稲田大学に進んだが、足のケガの影響やアルバイトが必要になったことでサッカーはやめ、早稲田大学の名門バンドサークル「ザ・ナレオ」に所属しヴォーカルを担当する[1]

フジテレビ系列で放送される番組を手がけることが多く、『ひらけ!ポンキッキ』『ポンキッキーズ』の音楽スタッフの一員として、自ら「ジャンケンパラダイス」「トンガリたいそう」「かくれんぼうさぎ」などを作曲し歌う。ドラマ『古畑任三郎』や『FNNスーパーニュース』などのテーマ曲も本間による。

劇伴作家としては1980年代後半にフジテレビ系日曜朝の東映不思議コメディーシリーズに携わったのが初であり、以後ドラマやアニメ、映画を中心に活動する。

音楽を生業としサッカーは縁遠いものとなっていたが1980年代初め、サッカーへの思いが呼び覚まされ指導者ライセンスを取得し、サッカーの指導を始める[1]。SC大阪エルマーノのコーチの後、2008年9月から2012年6月まで、セレッソ大阪のスタジアムマスターに就任、2009年2月18日に「セレッソ大阪アンセム」を発売している。

2015年より長崎県長崎市野母崎町に移住し音楽活動を通じて野母崎地区の地域活性化に寄与する活動を開始している[2]

作品[編集]

不思議コメディーシリーズでは全14作のうち9作の劇伴を担当。また1987年の『おもいっきり探偵団 覇悪怒組』から1993年の『有言実行三姉妹シュシュトリアン』までの8作を連続で手がける。またこの枠がアニメ枠に移行した最初の作品である『蒼き伝説シュート!』でも劇伴を手がける。BGMの1つは、[テレビ東京]]系列のバラエティ番組『開運!なんでも鑑定団』において、スタジオでの鑑定中の時に用いられる(『ピンクパンサーのテーマ』に酷似しているメロディ)。

ドラマ[編集]

NHK
TBS
フジテレビ系列
特記の無い限り全てフジテレビ制作。

アニメ[編集]

ニュース・情報番組[編集]

映画[編集]

スポーツ[編集]

  • 2008年〜 - セレッソ大阪『Cerezo Anthem』
  • 2009年〜 - セレッソ大阪『CEREZO(さくら)満開』

脚注[編集]

  1. ^ a b c 『週刊サッカーマガジン』2010年4月20日号、p52、エルマーノサッカークラブ
  2. ^ KTNテレビ長崎ニュース『野母崎にIターンの作曲家』(2015年8月14日)-2015年8月17日閲覧
  3. ^ おれは直角”. ぴえろ公式サイト. 2016年6月9日閲覧。
  4. ^ 丸出だめ夫”. ぴえろ公式サイト. 2016年6月9日閲覧。
  5. ^ 大江戸ロケット”. マッドハウス. 2016年5月22日閲覧。

外部リンク[編集]