ロボット8ちゃん

出典: フリー百科事典『ウィキペディア(Wikipedia)』
移動先: 案内検索
東映不思議コメディーシリーズ
  題名 放映期間
1 ロボット8ちゃん 1981年10月-翌年09月
2 バッテンロボ丸 1982年10月-翌年09月
3 ペットントン 1983年10月-翌年08月
4 どきんちょ!ネムリン 1984年09月-翌年03月
5 勝手に!カミタマン 1985年04月-翌年03月
6 もりもりぼっくん 1986年04月-同年12月
7 おもいっきり探偵団
覇悪怒組
1987年01月-同年12月
8 じゃあまん探偵団
魔隣組
1988年01月-同年12月
9 魔法少女
ちゅうかなぱいぱい!
1989年01月-同年07月
10 魔法少女
ちゅうかないぱねま!
1989年07月-同年12月
11 美少女仮面
ポワトリン
1990年01月-同年12月
12 不思議少女
ナイルなトトメス
1991年01月-同年12月
13 うたう!大龍宮城 1992年01月-同年12月
14 有言実行三姉妹
シュシュトリアン
1993年01月-同年10月
ロボット8ちゃん
ジャンル テレビドラマ
放送時間 日曜9:00 - 9:30(30分)
放送期間 1981年10月4日 - 1982年9月26日(52回)
放送国 日本の旗 日本
制作局 フジテレビ
企画 前田和也、平山亨
監督 小林義明 ほか
原作 石森章太郎
脚本 大原清秀 ほか
プロデューサー 植田泰治、植竹栄作
出演者 朝比奈尚行、榊原るみ、出原健一、佐藤美樹晴、五十嵐里恵、団時朗、斎藤晴彦
音声 モノラル / シネテープ
オープニング ロボット8ちゃん
「おさえきれない好奇心」
エンディング 「赤い夕陽のバラバラマン」
「8ちゃんのえかき唄」
テンプレートを表示

ロボット8ちゃん』(ロボットはっちゃん)は、1981年10月4日から1982年9月26日までフジテレビ系で全52話が放送されたロボット特撮テレビ番組、及び主役ロボットの名称。

概要[編集]

東映不思議コメディーシリーズ第1作目。突然宇宙の彼方から落下してきたロボット8ちゃんとその仲間、宿敵バラバラマンなどが展開するドタバタ大騒動を描く。

フジテレビ系で石ノ森章太郎原作の特撮番組が放送されるのは1973年の『ロボット刑事』以来8年ぶりであり、石ノ森原作によるロボットコメディものとしてはテレビ朝日系の『がんばれ!!ロボコン』と『ロボット110番』に続く3作目である。根性もの人情もののテイストであった『ロボコン』『110番』に対し、本作品では時代の変化や放送局の違いによりバラエティ色が強いものとなっている[1][2][3]。タイトルはフジテレビが8チャンネルであることに由来する[4][3]

第1回目の視聴率は2.8%と苦戦を強いられ[5]、その後も視聴率一桁の回が続いたが2クール目から「8ちゃん役の声優変更」「春野タケル役のキャスト変更」「OP主題歌の変更」「マイロディのマスク変更」「視聴者からの葉書を読む」などリニューアルした[3]。番組終了間際の回では16.8%という高視聴率をマークし、後に続くシリーズの礎を築くことになった[3]

バラバラマンというキャラクターはパイロット監督を担当した小林義明が、シナリオ制作段階で脚本家の大原清秀に「8ちゃんをばらばらに壊そうとする悪役を出したらどうだろう?」と提案し誕生したとされる。しかし後に試写の段階でこの事が知れて「8ちゃんを壊すキャラクターなんてとんでもない、玩具が売れなくなるじゃないか!」とスポンサーの逆鱗に触れることとなり大原共々第1話のみで降ろされた[注 1]。しかし、バラバラマン自体はキャラクターの設定を変更しながらも番組終了まで登場している[6]。バラバラマンは、中年サラリーマンの悲哀を感じさせるキャラクター性が高年齢層の視聴者からの支持を得て、本作品を代表するキャラクターとなっている[7][8][9]

なお、このドラマで春野ロボット店の春野大海・かすみ夫妻を演じた朝比奈尚行榊原るみは、同シリーズ第2作である『バッテンロボ丸』でも、設定(海野写真館)と役名(朝比奈=海野大助、榊原=海野はるか)を変えてそのまま続投しているほか、一部の出演ロボットの声優やキャラクターなども『-ロボ丸』に引き継がれている。

登場人物[編集]

ロボット[編集]

ロボット8ちゃん( - 京田尚子(1 - 13話)→松岡洋子(14 - 最終話))
ロボット管理庁に登録届出のなかったロボット。腹部前面に大きく「8」と書かれている。宇宙から落下した際に、ロボットの修理工房であり春野大海が店長を務める春野ロボット店にホームステイし、店員として働くことになった。野菜(特に類。36話ではフライドポテトのおいしさに涙したほどだった。)が大好物でありながら、ピーマンは大の苦手。必要に応じて自動車形態・「8ちゃんカー」になり[注 2]、また「ヘリチョンボ」という名前のプロペラ付ヘルメット型ロボットを頭部に装着して空中を飛ぶ[注 3]などの機能を持つ。頭部には「怒りの回路」なるものがあり、怒るとその部分が黒から赤に点滅する。また女性に優しくされることでパワーが復活する「ロマンス回路」が装備されている。
8ちゃん関連の様々なエピソード
第26話では、透明になる光線銃が壊れたことで、元に戻らなくなり、包帯でぐるぐる巻きにされた上で「8"」(8に濁点)と赤ペンキで書かれてしまった。春野大海いわく「光線銃でいたずらばかりをしたのでバチが当たった」としての罰だったとのことである。
第28話では「森の塾」の塾長や生徒らに追い出されて逃亡し、さらにはバラバラマンに追い詰められた8ちゃんが手足を引っ込めて「8ちゃんだるま」なるポーズで逃げるシーンがあった。またこの回でドサクサに紛れてスーパーマン鞍馬天狗とともに登場したターザンが8ちゃんのボディーがサツマイモによく似ていることから「サツマイモロボット」と揶揄する件もあった(同様に第36回でも不良少女らに絡まれるところで「このイモロボット野郎!!」と揶揄される件があった)。
第30話では、8ちゃんによってネズミ取り目的の猫ロボットのプログラムを入れたはずが誤って闘牛のプログラムを入れてしまったゴキブリアンによって頭部の怒り・ロマンス回路を表示するポッチを噛み付かれ再起不能となり、修理が行われたが、不具合が治らない中で、突如芽が出て怒り・ロマンス回路ポッチが復活する「自己修復」がなされた。
第31話では、かすみのしゃっくりを止めるべく、青井博士によってミクロ(超小型)ロボットに改造された。
第51話では、普段は8ちゃんとは敵対視するバラバラマンと仲良くなる件があった。そもそもは少女の持っていた人形を何者かによって壊されたが、それを最初、バラバラマンは8ちゃんが壊したものと判断しようとした。しかし8ちゃんは自転車で通りがかった少年が壊し、身の潔白を証明し、バラバラマンは少年のお尻を平手打ちしてお仕置きをした。その後この少年らのグループにバラバラマンが襲撃を受け病院に入院することを、エバポリスから知った8ちゃんは、バラバラマンを見舞おうと病院へと向かうが、「余計なお世話」と8ちゃんを追い出してしまった。その後、8ちゃんは少年グループとの戦争を勝手に決断。その後灰田博士とマリウスが作った「ベジタブルフルーツ砲」を使い、少年グループを追い詰めたが、この時の攻撃にバラバラマンも参加した。その後、8ちゃんから「黒木さん(バラバラマンの本名)、他の星で一緒だったら仲良しできるかな」と述べると、「このピーマンを食べたら仲良くできるだろう」と、バラバラマンから与えられた普段は苦手なはずのピーマンをおいしく平らげたという。
最終話で判明する正体はサンタクロース星のロボット「聖(セント)エイト」であり、“サンタクロースになるための修行”ということで、人間、特に子供たちを観察してほしいという名目で日本に派遣されており、その留学期間1年が満了したため、地球を離れなければならなくなった。そこで後述の実弟・9ちゃんが迎えに上がり、8ちゃんが地球から離れる前に、竹取物語かぐや姫のエピソードをパロディにした寸劇「新サンタクロース物語」なるものを子供たちに披露して理解を示してもらい、その後9ちゃんとともに帰還の徒につく。
マイロディ[注 4](声 - 高坂真琴
青井博士の秘書ロボットにして最高傑作で、8ちゃんが好意を抱く。オペラ歌手風の口調で喋る。マジックスティックを振りかざすと記憶しているロボットが映し出される。
エバポリス(声 - 篠田薫
警察官ロボット。顔は怖いが気は弱い。下半身が変形した専用のパトカーエバポリスカーに乗る。当初は手柄を取れずバラバラギャルに解体されそうになるが、次第に犯人逮捕率が上がっていった。役人のバラバラマンには逆らえないが、ロボット管理長官への忠誠心は低い。
テレコミー(声 - 向殿あさみ
公衆電話型ロボット。両手が伸縮し、家庭教師としても働く。人が電話で話した内容は、例え犯罪であっても他人に話すことはできない(話すと解体処分の対象となる)。
ヤキソーラ(声 - 西尾徳
コックロボット。ガス台とオーブンが備えられている。指先からケチャップが出せる。頭のコック帽に入っている料理の素を口に入れると、世界中の料理を作れる。
ゴミスキー(声 - 木村修)
ゴミ箱と掃除機を組み合わせた掃除ロボットで、シルクハットが特徴。
ポストーラ(声 - 依田英助
郵便ポスト型郵便配達員ロボットで、両足にローラースケートが備えられている。
ヘリチョンボ(声 - 門谷美佐
8ちゃんの良き相棒にして、頭上に付けるヘリコプターとしての機能を持つプロペラ付きヘルメット型ロボット。8ちゃんが「ヘリチョンボー」と呼び出すと登場し、「8ちゃん、お待たせ!」の掛け声で8ちゃんの頭上に取り付けられる。
ゴキブリアン(声 - 依田英助渡部猛(30、37、39話)、村瀬正彦(33、34話))
ゴキブリ型ゴキブリ駆除ロボット。食べたゴキブリを吐き出せる。
第30話では春野かすみの依頼により8ちゃんがネズミ捕りロボットにすべく猫のプログラムを入れようとしたつもりが、間違って闘牛のプログラムを入れてしまい、8ちゃんの怒り・ロマンス回路のポッチを噛み付いて壊してしまった。
ダチョーンバード(声 - 三上由紀
ペンギン型ロボット。飛行機能を持つが、燃料漏れしやすい失敗作。
ロボットベース ロボトラ(声 - 渡部猛)
人語を話し、複数のロボットを運搬できるトラック。これにもナンバープレート「品川45・む・77-41」が貼り付けられてあった。
マリウス(声 - 今西正男→渡部猛)
後期・第33話より登場したドクター灰田が開発した敵役ロボット。頭部から人工頭脳入りの円盤を飛ばし、ルアームチを装備。ロボットの人工知能に有効な催眠術が使える。なぞなぞが苦手。しかし一度はバラバラギャルに壊されかけるものの、それに溺愛してしまって以後はバラバラギャルと手を組んで8ちゃん壊滅に挑むことになる。第34話では、8ちゃんとマイロディ、ヘリチョンボを除く出演ロボットすべてが、マリウスの催眠術にかかり、マリウスの手下(8ちゃんから見て敵)に回されるが、ルアームチ攻撃を受けた8ちゃんが飛ばされ、「8ちゃんだるま」状態で崖から転げ落ちた時にショックを与えられてしまった。
ロボット9ちゃん(声 - 太地琴恵
8ちゃんとまったく形が同じ(腹番号のみが違う)ロボットであり、8ちゃんの実弟。最終話にて、派遣期間の終了に伴うサンタクロース星帰還にあたっての出迎え役として登場。フランス留学の影響で、フランス語混じりの口調で話す。

春野家[編集]

春野大海
8ちゃんの居候先の家主でタケルの父。ロボット修理を仕事にし「春野ロボット修理店」を経営、客に支持されている様子。第22話「父ちゃんはミュージカルスター」では、タケルの誕生日祝いにと、青井博士と共同制作した大海そっくりのロボットを作り、家族を混乱させてしまった。
春野かすみ
大海の妻でタケルの母。大海と結婚した理由は「自分が支えないとダメな人だから」。芸能界には詳しい。
春野タケル
8ちゃんと暮らす少年。2月19日生まれ。
友達と共に探偵ごっこをする「少年パトロール」を結成している。後半になるとユメコ中心の構成になり彼とパトロール隊は話の中心から外れていき回によってはエキストラ同然となる回もあった。
春野ユメコ
タケルの妹。ませた性格で8ちゃんに気があり、42話では水泳教室の先生であるみどりに惚れた8ちゃんにビキニ姿を披露する事もあったが8ちゃんの気を惹くことは出来なかった。18話では自転車を無くしてしまい必死に探し回った。また46話では未来からやってきたM3745ジュンと、お互い夢で逢っていたことから両思いになった。ジュンは未来警察に連れて行かれてしまったが、夢を見られなくなった200年後に生きるジュンに夢と生きる希望を与えた。

ロボット管理庁[編集]

バラバラマン
ロボット管理庁の役人。本名・黒木七郎。違法ロボットを取り締まるのが役目で、規則を破ったロボットはスパナ型の特殊銃でバラバラにしてしまう。無登録ロボットである8ちゃんを目の敵にし、執念深く付け狙う。またその8ちゃんを庇うタケル・ユメコや「パトロール隊」、そして青井博士をも目の敵にしている。
両親は他界し一人暮らし。まだ学生の紀子(演:瀬戸恵子)という妹がおば(演:浅香光代)の元で生活しており、溺愛している。しかし、紀子には自分の仕事をロボットと人間を仲良くさせる仕事と嘘をついている(以上第21話)。
演じる斎藤が途中KDDのCMに出演し一躍大ブレイク、撮影スケジュールが合わせられなくなり、ロボット取締りの役はバラバラギャルに譲る事になる。そのため後半からは出番が少なくなる。
最終回ではいつも通り8ちゃんを追い回していたが、8ちゃんが9ちゃんと共に帰還した後、春野一家や青井博士たちから8ちゃんの正体と帰還を知ると、スパナ銃を道端に捨てて去っていくが、直後に「サンタクロースの8が来るかも知れない!結婚して子供作るぞ!!」と元気を取り戻した。
バラバラギャル
ロボット管理庁の役人。本名・白鳥メイ。かつてはバラバラマンに幼い頃から訓練・教育されてきた部下だったが、8ちゃんに執心してうだつの上がらないバラバラマンを追い抜いて課長に昇格している。近藤真彦のファンである。前半は出番が少なかったが、先述の通りバラバラマン役の斎藤のスケジュール関係で出番が減ると、代わって出番が多くなった。
第37話「試験だ!がんばれ!カンニング?」では、バラバラマンが提案した「ロボット資格検定試験」で、芸能界のゴシップ関係の問題を多く出題した。8ちゃんら出演ロボットはこれに合格(70点以上)しないと、ロボット管理庁からバラバラ解体の対象にされてしまうので、バラバラギャルに対抗しようと、青井博士の提案でカンニングを敢行するも、ことごとく見破る。最後に「パトロール隊」の少年らが「マッチが来た」とバラバラギャルをおびき寄せたことで、唯一見破られなかった8ちゃんの口から出たカンニングペーパーを見たことによって、出演ロボット全員は100点を取ることができたが、何度も繰り返して回転したことで無理が生じたのでねじが緩み、試験後8ちゃん以外の全員が自らバラバラ(8ちゃんも口が開いたり閉まったりの状態が続いてしまう)になってしまった。

その他[編集]

青井博士
ロボット研究所の所長でマイロディの生みの親である科学者。砂糖入りのコーヒーを好むほどの甘党である。大海・かすみと大学からの友人で、かつてはかすみを巡って大海と三角関係にあった。全身真っ白な服と大きなパイプがトレードマーク。
ヒロシ、コウジ、オサム
タケルの友達。少年パトロールの一員である。
ドクター灰田
灰田研究所の所長でマリウスの生みの親である科学者。フリーズ光線銃やベジタブル砲などを発明しマリウスと共に8ちゃんを倒そうとしていたがことごとく失敗していた。離婚歴があり、陽子という娘がいる。陽子に「自分はロボット研究所の所長である」「かすみさんと婚約している」などと嘘をついて見栄を張っていたため、43話で陽子が会いにやってきて慌ててしまいかすみに自分の婚約者のように振舞ってもらうよう頼んでくれと8ちゃんにお願いする事もあった。

出演[編集]

スタッフ[編集]

主題歌[編集]

1クールしか使用されなかったが、映像では第2・3話から新規のSEを追加、さらに第8話から冒頭にロボットの行進シーンなど大幅に映像を追加するといった試行錯誤が続いた。なお、サブタイトル発表時のBGMは、本曲の歌い出し部分をアレンジしたような曲調だった。
  • ED1「赤い夕陽のバラバラマン」作詞 - 八手三郎浦沢義雄) 作曲 - 小林亜星 編曲 - いちひさし 歌 - 斉藤晴彦、こおろぎ'73
曲の最後に入るバラバラマンのセリフが毎回変更されていた。
(第16話から使用)
  • ED2「8ちゃんのえかき唄」作詞 - 石ノ森章太郎 作曲 - 小林亜星 編曲 - 筒井広志 歌 - 団次朗・天谷研一、コロムビアゆりかご会
当初は前EDから引き続き曲の最後にバラバラマンのセリフを挿入していた。
(第27話から使用)

劇中歌[編集]

  • 第17話「ナウイロボット・おしゃれが上手」 原宿の路上ダンスのBGMとして、The Eastern Gangの「LOOK AT YOU NOW(邦題:スーパー・ダンシン)」とキャロルの「ルイジアンナ」が使用された。
  • 第24話「スター誕生 ロボットバンド」 8ちゃんたちロボットが軽音楽バンドを結成した件があり、「なぜかハッチャブルランド」(歌・8ちゃん=松岡洋子)と「ハッピー8ちゃん」(歌・牛崎照美<当時子役>)が劇中歌として披露された。
  • 第30話「モォー怒ったぞゴキブリアン」 8ちゃんや春野一家が朝起きたときのシーンで「8ちゃん早起き体操」(歌・こおろぎ’73・コロムビアゆりかご会)が放送された。
  • 第38話「あこがれ色のウェディングベル」 結婚相手が決まらないにもかかわらず「結婚宣言」をして(後にマリウス側が8ちゃんを好きになってしまう)、ジャガイモなどを他の出演ロボットから詐取した8ちゃんを追い回し、ついには結婚式場にまで突入したところで結婚式をぶち壊す大騒動となり、この後で出演したロボットと結婚式を挙げた2人を交えて「8ちゃん音頭」(歌・8ちゃん)が放送された。

放送リスト[編集]

放送日 話数 サブタイトル ゲストキャラクター EDのバラバラマンの一言 脚本 監督
1981年10月04日 1 スーパーおじんのバラバラマン 『あ~残業のし過ぎかなあ』 大原清秀 小林義明
1981年10月11日 2 とんでもハップン テニスは怖い 『勉強のし過ぎかなあ』 山崎晴哉 佐伯孚治
1981年10月18日 3 僕は悪い子 怪ロボット 『ゆっくり眠って夢でも見てみたいな』 浦沢義雄 佐伯孚治
1981年10月25日 4 パパラ殿下のラブラブ作戦 『ホットケーキが食べたいな』 大和屋竺 武田一成
1981年11月01日 5 料理ロボットケチャップ大戦争 『ホットケーキが食べたいな』 加藤盟 武田一成
1981年11月08日 6 ジャンケンポンだよロボット警官 『焼肉定食が食べたいな』 松浦繁治 高橋勝
1981年11月15日 7 可愛いあの子は100万ボルト 『明日もいい天気かな』 筒井ともみ 高橋勝
1981年11月22日 8 アババブビビ赤ちゃんこわい 『赤ちゃんてどこから来るのかな 』 加藤盟 佐伯孚治
1981年11月29日 9 いるぞあえるぞ ぼくのお父さん 『ほっかほかの焼き芋食べたいな』 山崎晴哉 佐伯孚治
1981年12月06日 10 きょうも明るくアッハッハ 『宝くじ当たらないかな』 松本功 岡本明久
1981年12月13日 11 シンセツ回路プレゼント作戦 『サンタクロースに会ってみたいな』 筒井ともみ 岡本明久
1981年12月20日 12 あヽびしょぬれガキ大将 『サンタクロースに会ってみたいな』 松本功 高橋勝
1981年12月27日 13 恋はおまかせラブラブ香水 『お年玉たくさん欲しいな』 加藤盟 高橋勝
1982年01月03日 14 天まで上れ!タコ騒動 『ぼくにもファンレターが来ないかな』 山崎晴哉 佐伯孚治
1982年01月10日 15 出てこい出てこい宝物 『鍋焼きうどんが食べたいな』 松浦繁治 佐伯孚治
1982年01月17日 16 おれはロボット三四郎 『鍋焼きうどんが食べたいな』 筒井ともみ 高橋勝
1982年01月24日 17 ナウイロボット・おしゃれが上手 『どこか遠い所に行ってみたいな』 浦沢義雄 高橋勝
1982年01月31日 18 どこへ行ったの? ユメコの自転車 『鬼は外は嫌だな』 加藤盟 佐伯孚治
1982年02月07日 19 ワン ツー スリー ハイUFO 『チョコレートの贈り物欲しいな』 土屋斗紀雄 佐伯孚治
1982年02月14日 20 すべってころんで雪女[注 5] 『宇宙ロケットに乗りたいな』 松浦繁治 高橋勝
1982年02月21日 21 やさしい?やさしい!鬼コーチ 『早く暖かくならないかなあ』 山崎晴哉 高橋勝
1982年02月28日 22 父ちゃんはミュージカルスター 『僕にもお雛様欲しいな』 土屋斗紀雄
関ひろみ
高橋勝
1982年03月07日 23 参ったか!怪盗16号 『おならってどうして出るのかな?』 松本功 佐伯孚治
1982年03月14日 24 スター誕生ロボットバンド 『バラバラマンのレコード売るかな!』 浦沢義雄 佐伯孚治
3月21日 25 こんにちはボク恐竜です 『恐竜の卵でオムレツいくつ作れるかな』 松本功 岡本明久
1982年03月28日 26 シューシュードロンパ透明鏡 『ピッカピカの一年生なれるかな』 土屋斗紀雄 岡本明久
1982年04月04日 27 ドラキュラはトマトジュースがお好き 『それでも出てくるバラバラマン!』 浦沢義雄 佐伯孚治
1982年04月11日 28 ねつれつもうれつ勉強大好き 『勉強し過ぎると殴るぞ~!』 浦沢義雄 佐伯孚治
1982年04月18日 29 わ!!ナンヤカンヤで大爆発 『目に青葉 バラバラマンも嫁探し』 山崎晴哉 岡本明久
1982年04月25日 30 モーオ怒ったぞ!ゴキブリアン 『紙飛行機で世界一周してみたいな』 土屋斗紀雄 岡本明久
1982年05月02日 31 ヒックヒャック ミクロの決死圏 『子供の日はバラバラマンと遊ぼう!』 加藤盟 佐伯孚治
1982年05月09日 32 マイコンばあさん いじわる大作戦 『一日一回いたずらしよう』 浦沢義雄 佐伯孚治
1982年05月16日 33 アッとおどろくライバル登場 『餃子を食べたら歯を磨こう』 山崎晴哉 冨田義治
1982年05月23日 34 エグイぞマリウスなめんなよ 『早く夏休みにならないかなあ』 山崎晴哉 冨田義治
1982年05月30日 35 楽しくなければクイズじゃない! 『今夜のおかずは何かな?』 土屋斗紀雄 内藤まこと
1982年06月06日 36 ぶりっ子、さぼっ子、アイラブユー 『冷たい牛乳ゆっくり飲もう』 浦沢義雄 内藤まこと
1982年06月13日 37 試験だガンバレ・カンニング 『子供は毎日毎日テストでしごけ!』 土屋斗紀雄 佐伯孚治
1982年06月20日 38 あこがれ色のウェディングベル 『僕は結婚できない、だからしない!』 浦沢義雄 佐伯孚治
1982年06月27日 39 ロボット修行だゴーゴー富士山 『日曜日にはパパと遊園地に行こうね』 山崎晴哉 岡本明久
1982年07月04日 40 夏だ!キャンプだ!青春だ! 『おこづかいは多いほどいいのだ、なあ!』 山崎晴哉 岡本明久
1982年07月11日 41 カリント先生の希望の注射 『魚釣りに連れてってくれないかな』 浦沢義雄 田中秀夫
1982年07月18日 42 プールでキッスはメチャメチャ最高! 『日曜日にはお勉強をやめましょう!』 土屋斗紀雄 田中秀夫
1982年07月25日 43 母ちゃんを返せ!コケコッコー 『今日はプールで泳ぎたいなあ』 浦沢義雄 高橋勝
1982年08月01日 44 ポット教授の大冒険 『へそより深いところで泳げるようになったぞ』 浦沢義雄
佐伯孚治
佐伯孚治
1982年08月08日 45 ボクはやさしい大剣豪 『氷あずきの天ぷらが食べたいな』 松本功 高橋勝
1982年08月15日 46 ユメコどっきり!未来の少年 『宇宙旅行をしたいな』 土屋斗紀雄
関ひろみ
佐伯孚治
1982年08月22日 47 かもめのカッポは名探偵 『友情って苦しいもんだなあ』 松浦繁治 内藤まこと
1982年08月29日 48 でたぞユウレイ ウラメシヤ 『夏休みの宿題慌ててやろう』 土屋斗紀雄 佐伯孚治
1982年09月05日 49 ユメはでかいぞ虹の空 『シャボン玉に乗って空の散歩がしたいな』 松浦繁治 岡本明久
1982年09月12日 50 チビッ子忍者だドロロンパ 『"赤信号ひとりで渡って怒られた" 当たり前だ!』 土屋斗紀雄 佐伯孚治
1982年09月19日 51 夕焼け小焼けのバラバラマン 『友情って苦しいもんだなあ』 浦沢義雄 岡本明久
1982年09月26日 52 さらば!またあう日まで 『俺はなかなか涙を流さない』 山崎晴哉 内藤まこと

映像ソフト化[編集]

  • 2008年7月21日発売の「石ノ森章太郎 生誕70周年 DVD-BOX」に第1話が収録され、初のソフト化となった。
  • 2016年4月13日にベストフィールドよりDVD-BOXが発売。

漫画[編集]

ネット配信[編集]

  • 2012年6月11日から12月9日まで、YouTubeの「東映特撮 YouTube Official」にて全52話が配信されたほか、2015年3月30日から9月28日まで再配信が行われた。

コラボレーション[編集]

  • 連載雑誌の企画で8ちゃんとロボコンが共演(テレビ出演はなし)[13]
  • 1981年11月12日、当時放送されていた平日朝の乳幼児向けバラエティー「ママとあそぼう!ピンポンパン」で8ちゃん、エバポリスが出演し、井上圭子(当時CXアナウンサー)や視聴者参加の乳幼児らとふれあいを行った。

脚注[編集]

注釈[編集]

  1. ^ 小林と大原はその後、『おもいっきり探偵団 覇悪怒組』がスタートするまでシリーズから干されることとなった。
  2. ^ 膝から下が前後に分かれてその内側から車輪が出てきて、腹部が開いて自動車のハンドルが出てくる。背中には「全自動呂望徒(ロボット) は-0144」というナンバープレートが装着されている。
  3. ^ ただし最終回で9ちゃんと共にサンタクロース星に帰還する時は、ヘリチョンボ無しで宇宙を飛んでいた(理由不明)。なおこの帰還シーンは、『ウルトラマン』最終回でウルトラマンとゾフィーがM78星雲へ帰還する場面のパロディ。
  4. ^ 『全怪獣怪人 下巻』では、名称を「マイロディー」と記載している[10]
  5. ^ 新潟県石打高原の「石打後楽園スキー場・ホテル(現・舞子スキーリゾート)」でのロケーション。

出典[編集]

  1. ^ 全怪獣怪人 下 1990, pp. 389-390.
  2. ^ 常識 2013, pp. 90-91.
  3. ^ a b c d 「ヒーローファイル ロボット8ちゃん」『甦る!石ノ森ヒーローファイル』 Gakken〈Gakken Mook〉、2013年9月10日、81頁。ISBN 978-4-05-610166-9
  4. ^ 常識 2013, p. 90.
  5. ^ 常識 2013, p. 102.
  6. ^ 『東映ヒーローMAX』[要文献特定詳細情報]小林インタビュー。
  7. ^ 全怪獣怪人 下 1990, pp. 364、390.
  8. ^ 『超人画報 国産架空ヒーロー40年の歩み』 竹書房/イオン編、竹書房1995年11月30日、163頁。C0076。ISBN 4-88475-874-9
  9. ^ 常識 2013, pp. 100-101.
  10. ^ 全怪獣怪人 下 1990, p. 391.
  11. ^ 仮面ライダーが泣いている!3キロダイエットの壮絶なライダーアクション - Michi Yamatoのアメリカアクションブログ、2007年3月1日
  12. ^ ロボット8ちゃん 第35話(公式) part1 Archived 2015年12月28日, at the Wayback Machine.
  13. ^ 画像で振り返る「東映不思議コメディーシリーズ」(その写真が掲載)

参考文献[編集]

フジテレビ 日曜朝9時台前半(1981年10月 - 1982年9月)
※本作より東映不思議コメディーシリーズ
前番組 番組名 次番組
ロボット8ちゃん