続・夕陽のガンマン

出典: フリー百科事典『ウィキペディア(Wikipedia)』
移動先: 案内検索
続・夕陽のガンマン
Il buono, il brutto, il cattivo
Clint Eastwood1.png
監督 セルジオ・レオーネ
脚本 フリオ・スカルペッリ
セルジオ・レオーネ
ルチアーノ・ヴィンチェンツォーニ
製作 アルベルト・グリマルディ
出演者 クリント・イーストウッド
リー・ヴァン・クリーフ
イーライ・ウォラック
音楽 エンニオ・モリコーネ
撮影 トニーノ・デリ・コリ
編集 エウジェニオ・アラビソ
ニノ・バラグリ
配給 ユナイテッド・アーティスツ
公開 イタリアの旗 1966年12月23日
アメリカ合衆国の旗 1967年12月29日
日本の旗 1967年12月30日
上映時間 162分(国際版)
178分(完全版)
製作国 イタリアの旗 イタリア
言語 イタリア語
製作費 $1,200,000
配給収入 2億6652万円[1] 日本の旗
前作 夕陽のガンマン
テンプレートを表示

続・夕陽のガンマン』(: Il buono, il brutto, il cattivo: The Good, the Bad and the Ugly、原題の意味は「善玉、悪玉、卑劣漢」)は1966年の叙事詩的マカロニ・ウェスタンである。監督はセルジオ・レオーネクリント・イーストウッドリー・ヴァン・クリーフイーライ・ウォラックがそれぞれ原題の善玉、悪玉、卑劣漢を演じている。脚本フリオ・スカルペッリルチアーノ・ヴィンチェンツォーニ、レオーネによって書かれた。エンニオ・モリコーネが作ったこの映画の音楽は現在でも有名である。また、この映画は『荒野の用心棒』(1964年)と『夕陽のガンマン』(1965年)から続く「ドル箱三部作」の第3作目であるとされている。物語は、南軍の金貨を求めて南北戦争のアメリカを冒険する3人のガンマンを中心に展開する。この映画は西ドイツとイタリア、スペインの共同で制作された。

かつて日本で初めて劇場公開されたときには、『続・夕陽のガンマン/地獄の決斗』の題名だったが、ビデオが発売されたときに『続・夕陽のガンマン』に改められた。また、1967年公開のマカロニ・ウェスタンに『新・夕陽のガンマン/復讐の旅』(原題:Da uomo a uomo)という作品があるが、本作及び『夕陽のガンマン』とは一切関係ない作品である。なお『続・夕陽のガンマン』という題名ではあるが作品の中に夕陽が出てくる場面は1度もない。

原題の Il buono, il brutto, il cattivo を直訳すると「善玉、卑劣漢、悪玉」であるが、英題(The Good, the Bad and the Ugly )では順番が変わって「善玉、悪玉、卑劣漢」となっている。

ストーリー[編集]

舞台は南北戦争の時代の荒野。最初に卑劣漢、悪玉、善玉の順で三人のガンマンの紹介が行われる。お尋ね者のトゥーコは、賞金稼ぎの襲撃を逃れる。エンジェル・アイは、ある男の家を訪ね、隠された金貨の情報を聞き出そうとしたあとで、男とその息子を殺し、自分を雇った男も殺す。トゥーコが再び賞金稼ぎに襲われているときに、名無し(ブロンディ)が現れてトゥーコを奪い、保安官に突き出して賞金を受け取る。トゥーコが絞首刑にされる瞬間、ブロンディはロープを打ち抜いてトゥーコを救い出す。

ブロンディとトゥーコはコンビを組んで同じ賞金詐欺を繰り返し、せしめた賞金を“公平に”分け合う。トゥーコにうんざりしたブロンディは、トゥーコを砂漠に置き去りにして立ち去る。生き延びたトゥーコは盗んだ拳銃でブロンディを脅し、砂漠を歩かせて死なせようとする。そこに南軍の兵士の死体を乗せた馬車が通りかかる。馬車には金貨を隠した墓地を知っている眼帯の男(ビル・カーソン)が乗っており、トゥーコは瀕死のビルから墓地の場所、ブロンディは墓碑の名前を聞き出す。

墓地の場所を知っているトゥーコと墓碑の名前を知っているブロンディは、再びコンビを組む。トゥーコはビルの着ていた南軍の軍服と眼帯をまとい、死にそうなブロンディにも南軍の軍服を着せ、聖職者である兄の病院に担ぎ込む。回復したブロンディとトゥーコは南軍の馬車で出発するが、北軍に捕まり捕虜収容所に送られる。北軍の下士官となり収容所に潜り込んでいたエンジェル・アイはビルの軍服を着ていたトゥーコを拷問にかけるが、ブロンディが情報を持っていると知り、ブロンディと手下を連れて金貨探しに出発する。収容所から移送される列車から脱走したトゥーコはブロンディと合流し、二人はエンジェル・アイの手下を撃ち殺すが、エンジェル・アイは逃れる。

トゥーコとブロンディは南北両軍が橋を巡って争う戦場にたどり着き、捕まりそうになったトゥーコは咄嗟に北軍の志願兵を名乗る。延々と繰り返される殺戮に厭きた北軍大尉の願いもあり、二人は橋にダイナマイトを仕掛けて爆破する。その間際、お互いにトゥーコは墓地の場所(サッド・ヒルの墓地)、ブロンディは墓碑の名前(アーチ・スタントン)を告げる。両軍が去ったあとで二人は川を渡るが、南軍側の陣地は死屍累々たる有様だった。トゥーコは隙をついて先駆けしようとするが、それを見越したブロンディの砲撃を受けてほうほうの体で墓地にたどり着く。トゥーコは墓を見つけて素手で掘り返すが、ブロンディが銃口を向け、シャベルを投げる。そこにエンジェル・アイが現れ、ブロンディにも銃口を向け、再びシャベルを投げる。

あばかれたアーチ・スタントンの墓には金貨はなかった。本当の隠し場所を知っているブロンディは、三人による決闘を提案し、隠し場所の名前を書いた石を置く。金貨を巡る三人の男の決闘がおこなわれ、ブロンディはエンジェル・アイを殺し、あらかじめ銃の弾を抜いてあったトゥーコは殺さず、別の場所にあった金貨の袋を山分けにしたものと首吊りの縄を渡し、首吊りをさせて遠方から今までのようにその縄を銃で撃って切る。難を逃れたトゥーコは、馬で走り去るブロンディをののしる。

キャスト[編集]

トリオ[編集]

  • クリント・イーストウッド - “ブロンディ”:善玉(字幕版では「善玉」、吹き替え版では「いい人」)、「ブロンディ」とはトゥーコからの渾名での呼び方であり、本名は不明で「名無しの男」である。
  • リー・ヴァン・クリーフ - エンジェル・アイ:悪玉(字幕版では「悪玉」、吹き替え版では「悪い奴」)、イタリア語版と脚本では「センテンサ」(字幕版では「エンジェル」、吹き替え版では「ハゲタカ」)
  • イーライ・ウォラック - トゥーコ:卑劣漢(字幕版では「卑劣漢」、吹き替え版では「汚ねえ奴」)、トゥーコ・ベネディクト・パシフィコ・フアン・マリア・ラミレス(吹き替え版ではトーコ)

その他のキャスト[編集]

日本語吹替[編集]

役名 俳優 NETテレビ
(完声版追加収録部分)
名無しの男(ブロンディ) クリント・イーストウッド 山田康雄
多田野曜平
ハゲタカ リー・ヴァン・クリーフ 納谷悟朗
トゥーコ イーライ・ウォラック 大塚周夫
北軍大尉 アルド・ジュフレ 小林清志
パブロ・ラミレス神父 ルイジ・ピスティッリ 小島敏彦[2]

概要[編集]

『続・夕陽のガンマン』は1500人の地方兵をエキストラに使い、60トンの爆薬を使用し、160万ドルで製作された(ただし、当時のハリウッド映画としてはむしろ低予算である)。映画のロケーション撮影スペインで行われた。本作品はセルジオ・レオーネの他の監督作品である『荒野の用心棒』、『夕陽のガンマン』と共にゆるやかな三部作を構成している。また、この映画の「ブロンディ」は、イーライ・ウォラック演じるトゥーコが付けた渾名である。

ファンの中には、本作品は前二作よりも過去の話だと解釈する者もいる。イーストウッド演じる「名無しの男」が映画の中盤になって前二作のトレードマークの青いシャツ・ベストテンガロンハットをエンジェル・アイから貰って着用し、終盤になって南軍の兵士が倒れている戦場からポンチョを手に入れ着るからである。本作で手に入れたポンチョの柄は、『荒野の用心棒』、『夕陽のガンマン』で着用しているものとほぼ同一であり、三部作の関連性と時系列を想起させるものである。しかし公式には、三部作にはつながりや順番を示すようなものはない。マカロニ・ウェスタンの研究家クリストファー・フレイリングは、『セルジオ・レオーネ―西部劇神話を撃ったイタリアの悪童』の中で、これら三つの映画はレオーネも共同の脚本家も、同じ人物の物語とは意図していなかったと指摘している。もっとも、配給会社のユナイテッド・アーティスツは、イーストウッドの「名無し」役による三作はシリーズ物であると宣伝した。

また、本作は南北戦争時代を舞台としているので、前二作で主に使用された銃であるコルト・シングル・アクション・アーミーは1873年より製造され始めたため使われていない。ブロンディーはコルトM1851・ネイヴィーを使用(ただし、前二作と同様グリップには蛇の模様は描かれている)。トゥーコも蛇の模様は無いが同様のコルトM1851を使用し、エンジェル・アイはレミントンM1858・ニューアーミーを使用している。以上のように、疎かに描写されがちな銃器を精密に描いた、銃器時代考証も見どころと評される。一方、トゥーコが銃砲店で拳銃を選ぶシーンでは、シリンダーの回転音に耳を澄ませたり、分解を手早く行ってバレルをのぞき込むなど、ガンマニアをも楽しませる描写がある。 これらの銃は本来パーカッション方式であるが、メタルカートリッジを装填出来る様に改造されたコンバージョンモデルである。 イーストウッドが監督・主演を務めた『ペイルライダー』のプリーチャーが使うレミントンも、コンバージョンモデルである。

また、この映画はレオーネの特徴的な演出でも有名である。つまり、少ない会話、ゆっくりとクライマックスを築く長いシーン、遠景のショットと人物の目や手への極端なクローズアップの対比、といった特徴である。この映画の最初の10分には、何の会話もない。映画中のセリフのほとんどはトゥーコのものである。

音楽[編集]

『続・夕陽のガンマン』の音楽はエンニオ・モリコーネによるものである。一連のリフに砲声や口笛が混ぜられているテーマ曲は、コヨーテの遠吠えに似せたつもりだったと彼は語っている[要出典]。墓地におけるクライマックスの音楽は、まず「黄金のエクスタシー」(原題:L'Estasi Dell'Oro)が流れ、次の三人による対決には「トリオ」(原題:Il Triello)が流れる。モリコーネの楽曲は、この三人の対決を盛り上げている。

DVD・Blu-ray[編集]

  • 続・夕陽のガンマン 特別版(DVD)
    1999年7月2日発売。162分(国際版)。音声:英語(モノラル)。発売元:ワーナー・ホーム・ビデオ
    特典:オリジナル劇場予告編、イタリア公開版未公開シーン集(7種)、プロダクション・ノート、マカロニ・ウェスタンについて(文字情報)
  • 続・夕陽のガンマン(DVD)
    2000年5月1日発売。発売元が変わりジャケット等が変更されたのみでディスク内容は上記国内初版と全く同じ。発売元:20世紀フォックス ホーム エンターテイメント
  • 続・夕陽のガンマン アルティメット・エディション(2枚組DVD)
    2004年11月5日発売。178分。音声:英語(5.1chリミックス)、日本語(モノラル)、イタリア語(モノラル)、音声解説(映画評論家リチャード・シッケル)。発売元:20世紀フォックス ホーム エンターテイメント
    上記DVDで映像特典として収録されていた未公開シーンと、新たに発見された未公開シーンを含め一つの作品としてまとめあげた完全版。それらの追加シーンはイタリア語音声しか無かったためイーストウッドとウォーラックは新たにアフレコを行なった。また、日本語音声は1975年4月27日放送の日曜洋画劇場版(2時間枠)を収録しているため、本編の半分にも及ぶシーンが字幕に切り替わっていた。
    特典:メイキング(2種)、ドキュメンタリー(2種)、モリコーネの音楽と「続・夕陽のガンマン」、未公開シーン集、ポスター・ギャラリー、オリジナル劇場予告編、隠しコマンド(4種)、劇場ポスター復刻カードセット(封入)。デジパック仕様。
  • 続・夕陽のガンマン アルティメット・コレクション(2枚組DVD)
    2006年8月23日発売。上記「アルティメット・エディション」のジャケット、ディスクレーベル等が変更されたのみでディスク内容はdisc1、2ともに全く同じ。発売元:ソニー・ピクチャーズ エンタテインメント
  • 続・夕陽のガンマン アルティメット・エディション 〈スタジオ・クラシック・シリーズ〉(2枚組DVD)
    2007年2月2日発売。2004年発売のアルティメット・エディションをスタジオ・クラシック・シリーズとしてジャケットを変えて再発売したもの。発売元:20世紀フォックス ホーム エンターテイメント
  • 続・夕陽のガンマン アルティメット・エディション(「セルジオ・レオーネ生誕80周年記念 夕陽コレクターズBOX -日本語吹替完声版- 」収録)(2枚組DVD)
    2009年12月16日発売。『夕陽のガンマン』、『夕陽のギャングたち』と同時収録。映像仕様、特典映像等、日本語吹き替え音声以外は既発売アルティメット・エディションと全く同じ。発売元:20世紀フォックス ホーム エンターテイメント
    これまで日本語吹き替え音声には2時間枠の「日曜洋画劇場」で放送された際のテレビ版が収録されていたが、このDVDのために一般から初回放送の2時間半枠の音源(1973年10月7日放送版)を募集し、さらにそれでもカットされていた57分にも及ぶシーンを追加収録(および一部のセリフを再録)して日本語吹き替えの完全版(日本語吹替完「声」版)が制作された。
  • 続・夕陽のガンマン(Blu-ray)
    2009年8月28日発売。2004年発売のアルティメット・エディションをブルーレイ化して発売。「夕陽コレクターズBOX」発売前のため、「日本語吹替完声版」は収録されていない(2009年以降も再発売されているがいずれも「完声版」は未収録)。
  • 続 夕陽のガンマン MGM90周年記念ニュー・デジタル・リマスター版(Blu-ray)
    2014年7月2日発売。ブルーレイとして初めての「日本語吹替完声版」が収録された。

脚注[編集]

  1. ^ 『キネマ旬報ベスト・テン85回全史 1924-2011』(キネマ旬報社、2012年)251頁
  2. ^ テレビ放送では登場シーンがカットされていた。

外部リンク[編集]