山崎晴哉

出典: フリー百科事典『ウィキペディア(Wikipedia)』
Jump to navigation Jump to search

山崎 晴哉(やまざき はるや、1938年2月2日 - 2002年2月)は、日本の男性脚本家小説家早稲田大学文学部露文科卒業。日本脚本家連盟会員。

1970年代から1980年代にかけて主にアニメの脚本で活躍した。

来歴[編集]

学生時代に手塚治虫虫プロダクションでアルバイトをしたのをきっかけに、大学院を卒業後に契約社員として入社[1]。文芸部に籍を置いて制作管理の仕事をしていたが、やがて退社し1966年テレビアニメハリスの旋風』からフリーの脚本家として活動した。

テレビアニメでは『巨人の星』・『キン肉マン』のメインの脚本家として活躍、代表作となった。他には劇場アニメの『ルパン三世 カリオストロの城』の他、特撮テレビ番組でも多くの脚本を書いた。

1990年代以降は、アニメのノベライズ作品を皮切りに小説家としての活動が目立ち、主にライトノベル架空戦記を多く発表した。

作品リスト[編集]

アニメ[編集]

テレビアニメ[編集]

劇場アニメ[編集]

特撮[編集]

テレビドラマ[編集]

著書[編集]

オリジナル[編集]

  • アレキサンドリア物語
  • 新アレキサンドリア物語
  • ユウマとユリ ロマンチック・アドベンチャー
  • 王国物語
  • ザ・ズー
  • 総司!
  • 超潜空戦艦「信長」
  • 海軍どくろ軍団
  • 鷲と鷹
  • 『大和』カミサマ分隊 オアフ島をぶっこわせ

ノベライズ[編集]

関連書籍[編集]

元東京ムービー文芸部所属の著者の回想録。山崎晴哉にも言及。

出典[編集]

  1. ^ 『ピー・プロ70'sヒーロー列伝 (1) スペクトルマン』(ソニー・マガジンズ・1999年) p.180
  2. ^ 大空魔竜ガイキング”. 東映アニメーション. 2016年6月1日閲覧。
  3. ^ 惑星ロボ ダンガードA”. 東映アニメーション. 2016年6月2日閲覧。
  4. ^ 宇宙海賊キャプテンハーロック”. 東映アニメーション. 2016年5月23日閲覧。