レインボー造型企画

出典: フリー百科事典『ウィキペディア(Wikipedia)』
移動先: 案内検索
レインボー造型企画株式会社
rainbow co.,Ltd.
種類 株式会社
本社所在地 日本の旗 日本
192-0352
東京都八王子市大塚781-8
設立 1981年(昭和58年)2月1日
業種 その他製品
法人番号 7010101004198
事業内容 映画、テレビ映画、各種催し物等の着ぐるみ、小道具、大道具の製作
代表者 前澤 範
資本金 1000万
外部リンク http://rainbow-zk.com/
テンプレートを表示

レインボー造型企画(レインボーぞうけいきかく)は、造形の制作会社である。東京都八王子市に所在する。

概要[編集]

映像作品の美術スタッフだった前澤範[1]を中心に1981年5月に設立[2]

主に東映の特撮作品(仮面ライダーシリーズスーパー戦隊シリーズ )の着ぐるみ造型を一貫して請け負うが、CMやイベント用の着ぐるみ制作も請け負っている。

設立時のエピソード[編集]

エキスプロダクションに所属していた前澤範は、フリーランスでさまざまな仕事に挑戦したいと考え、1981年3月に同社を退社した[2][3]。その後、東映渡邊亮徳吉川進から東映の番組を担当するように言われ、レインボー造型企画を立ち上げた[3]

前澤がエキスプロ時代に参加していた『太陽戦隊サンバルカン』の作業を引き続き行いながら、翌年開始の『宇宙刑事ギャバン』『大戦隊ゴーグルファイブ』『ロボット8ちゃん』の準備作業が初仕事となった[4][3]

主な人物[編集]

  • 前澤範 - 代表取締役。エキスプロダクションから独立してレインボー造型企画を設立した[2]
  • 小松義人 - 前澤とともにエキスプロダクションから独立し、設立時から参加[2]。前澤からマスクの原型製作を一任されており、2010年代も現役の造形師として活動している[5]

過去の所属者[編集]

  • 平峰正敬 - エキスプロダクションからレインボー造型企画に参加[2]。その後、フリーとなる[2]
  • 品田冬樹 - 1982年から1989年まで在籍[2]

参加した作品[編集]

脚注[編集]

  1. ^ 「「アクマイザー3」「超人ビビューン」プロデューサー 鈴木武幸」、『東映ヒーローMAX』Vol.2、辰巳出版2002年、 90頁、 ISBN 978-4886417602
  2. ^ a b c d e f g OFM仮面ライダー6 2004, pp. 28-29, 「ライダーを創りあげた男たち」
  3. ^ a b c キャラクター大全V3編 2014, pp. 134-136, 「仮面ライダーV3証言集2 前澤範」
  4. ^ ゴーグルV・ダイナマン・バイオマン大全 2004, pp. 84-85, 取材・構成 秋田英夫・安藤幹夫「前澤範スペシャルインタビュー」
  5. ^ 宇宙船149 2015, p. 124, 「特別対談 小松義人×前澤範×野中剛」.

参考文献[編集]