佐伯孚治

出典: フリー百科事典『ウィキペディア(Wikipedia)』
移動先: 案内検索
さえき たかはる
佐伯 孚治
生年月日 1927年12月15日(88歳)
出生地 日本の旗 日本 東京都
民族 日本人
ジャンル 演出家映画監督
活動期間 1964年 -
主な作品
江戸川乱歩シリーズ 明智小五郎
帰ってきたウルトラマン
ペットントン
おもいっきり探偵団 覇悪怒組
美少女仮面ポワトリン

佐伯 孚治(さえき たかはる、1927年12月15日[1] - )は、主に特撮テレビドラマ作品の映画監督演出家である。東京都本郷区西片町(現在の文京区西片)出身[1]

来歴[編集]

旧制・開成中学校から旧制・第四高等学校を経て、東京大学文学部仏文科卒業[1]1954年東映入社[1]東映東京撮影所の助監督として田坂具隆に師事し[2]1964年に『どろ犬』で監督デビューする[1]。しかし1965年、労働争議に参加していた佐伯は、テレビ映画製作専門の別会社・東映東京制作所に異動した[1]。その後、数人のスタッフとともに「目黒PR分室」に配属となり、実質的に現場で仕事が出来ない状態になっていた[2]

1966年、佐伯の置かれた状況を心配した同期の脚本家・鈴木尚之の計らいもあって[2]、『渥美清の泣いてたまるか』(製作:国際放映)を監督[1]。この作品から、テレビドラマに携わるようになる[1]。しばらく東映以外での仕事が続いたが、1968年に『怪盗ラレロ』で東映に復帰[1]。その後『好き! すき!! 魔女先生』『刑事くん』『帰ってきたウルトラマン』などの子供向け作品、『おしどり右京捕物車』『斬り抜ける』『影同心』などの時代劇、『ザ・スーパーガール』『ミラクルガール』などのアクションドラマを手がける[1][2]

1982年に定年を迎え、東映を退社[1]。退社後は、映画や2時間ドラマを手掛けた後、1985年に属託として東映東京制作所に復帰した[1]東映不思議コメディーシリーズに、監督として携わる。特にブームを巻き起こした『美少女仮面ポワトリン』ではメイン監督として活躍した。また東映不思議コメディーシリーズ全作品に監督として携わった、唯一の人物でもある。

東映不思議コメディーシリーズ終了後は、ドキュメンタリー演出の分野に進出。「都市の中の農の風景」では賞も受賞している。

人物・エピソード[編集]

主な作品[編集]

映画[編集]

テレビ[編集]

脚注[編集]

[ヘルプ]
  1. ^ a b c d e f g h i j k l m n o p OFM仮面ライダー10 2004, p. 30, 和智正喜「仮面ライダー監督紳士録 第8回 佐伯孚治」
  2. ^ a b c d e f g 『東映ヒロインMAX』Vol.6(2008年、辰巳出版)「東映不思議コメディーヒストリー」

参考文献[編集]

  • 『KODANSHA Official File Magazine 仮面ライダー Vol.10 仮面ライダーZX』 講談社、2004年10月25日ISBN 4-06-367093-7
  • 「東映不思議コメディーヒストリー」、『東映ヒロインMAX』Vol.6所収、辰巳出版、2008年3月15日 ISBN 4777804585

外部リンク[編集]