日本戦歿学生の手記 きけ、わだつみの声

出典: フリー百科事典『ウィキペディア(Wikipedia)』
Jump to navigation Jump to search
日本戦歿学生の手記 きけ、わだつみの声
監督 関川秀雄
脚本 舟橋和郎
製作 マキノ満男
出演者 伊豆肇原保美杉村春子英百合子沼田曜一花沢徳衛
音楽 伊福部昭
撮影 大塚新吉
製作会社 東横映画
配給 日本の旗 東京映画配給
公開 日本の旗 1950年6月15日
上映時間 109分
製作国 日本の旗 日本
言語 日本語
テンプレートを表示

日本戦歿学生の手記 きけ、わだつみの声』(にほんせんぽつがくせいのしゅき きけ、わだつみのこえ)は、東横映画1950年(昭和25年)に製作し、東京映画配給が配給した日本映画である。

概要[編集]

クレジットは「製作担当」であるが、後の東映社長・岡田茂が、入社2年目24歳の時に手掛けた実質的な初プロデュース作品[1][2][3][4]。日本初の「反戦映画」ともいわれる[5]。岡田は、戦死した学友たちの話を後世に残さなければ、学友たちが浮かばれない、と1947年東京大学協同組合出版部の編集によって出版された東京大学戦没学徒兵の手記集『はるかなる山河に』刊行後から映画化を決意[6][7][8]。しかし、東京大学全日本学生自治会総連合の急先鋒でわだつみ会の会長だった氏家齊一郎や、副会長だった渡邉恒雄が「天皇制批判がない」とクレームを付けたり[3]、会社の看板スターで役員でもあった片岡千恵蔵月形龍之介とも「会社が潰れかかっているのに、この企画では客は来ない」と猛反対を受けた[2][3][9]。当時は大物役者がノーと言えば映画は作れない時代であったが、絶対にこの映画は当たると大見得えを切り、マキノ光雄の助け舟もあって1950年、映画を完成させた[6][9]。手記集の続編として1949年に出版された日本戦歿学生手記編集委員会編『きけわだつみのこえ 日本戦歿学生の手記』(東京大学協同組合出版部)のタイトルに因んで、映画の題名を『日本戦歿学生の手記 きけ、わだつみの声』に変更し公開した[2]。本作は珠玉の反戦映画と評価を得て大ヒット[6]、瀬死の状態にあった東横映画を救ったが、当時まだ配給網を持っていなかった東横映画には、あまりお金が入ってこなかったといわれる[3][7]。しかしこの映画こそ翌1951年創立される東映の原点となり、東映の魂ともなる記念碑的作品となったと評される[10]。  

内容[編集]

1944年3月に開始され6月末まで続いた、インド北東部のインパール攻略を目指した「インパール作戦」の部隊の学徒兵の敗走と回想シーンで構成される[11]

登場する学徒兵は、東大ばかりではなく、三高東京美術学校早大高等学院東京高等師範学校など多様なものとなっている[11]

逸話[編集]

岡田茂は、東大の後輩でもある氏家齊一郎ら左翼学生の説得には、彼ら反対派の中から二人を撮影現場に就けるという妥協案でようやく納得させた[12]。彼らが望むテーマ通りに撮っているかをチェックする監視役という訳で、その1人が富本壮吉であった。富本はこれが縁で映画界入り、後に『家政婦は見た!』などのテレビドラマ演出で主に活躍した。なお監視役といっても撮影に入ってしまえばこちらのもので、現場では文句はいわせなかった。むしろ現場の熱気に魅入られ学生たちも手伝うようになったという[7]。この映画のスタッフには脚本八木保太郎舟橋和郎ら、監督関川秀雄音楽伊福部昭と、レッドパージで他の映画会社を追われた人たちを起用[6][7]。またキャスティング俳優座佐藤正之に「スターはいらないんだ。芝居がうまい役者使っていい映画を作って、会社の幹部を見返してやりたいんだ」と訴え、感銘を受けた佐藤が新劇の若手俳優を説得にまわり低予算で製作に至ったもの。当時は無名だった沼田曜一信欣三佐野浅夫大森義夫俳優座民芸文学座の俳優を起用、やはり感銘を受けた杉村春子も出演した[6][7]。スターシステムが各社当然だった時代では異色のキャスティングだった[12][13]。こうした新劇の役者も当時パージにあって金に困っていて、山城新伍に岡田は「いま、金に困ってるから、20~30万出しゃアイツらホイホイ来よるぞ」と言っていたという[14]。この他、本作のロケハンで、熊井啓を映画界入りさせる切っ掛けを作っている[15]。『きけ、わだつみの声』の試写の際東急会長の五島慶太は、目に掛けていた次男が戦死した事とオーバーラップさせて号泣。この件で岡田は五島に認められ、出世の糸口を掴んだ。なお、岡田はこの時の金一封を撮影所仲間と共に一晩で使い果たしてしまった[2][16]

キャスト[編集]

映画のポスター。

脚注[編集]

[ヘルプ]

参考文献・ウェブサイト[編集]

関連項目[編集]

外部リンク[編集]