ひめゆりの塔 (1953年の映画)

出典: フリー百科事典『ウィキペディア(Wikipedia)』
ナビゲーションに移動 検索に移動
ひめゆりの塔
HimeyurinoTo.jpg
監督 今井正
脚本 水木洋子
原作 石野径一郎
製作 大川博
出演者 津島恵子
香川京子
岡田英次
藤田進
音楽 古関裕而
撮影 中尾駿一郎
編集 河野秋和
配給 東映
公開 日本の旗 1953年1月9日[1]
上映時間 130分
製作国 日本の旗 日本
言語 日本語
配給収入 1億7659万円[2]
テンプレートを表示

ひめゆりの塔』(ひめゆりのとう)は、1953年(昭和28年)1月9日公開の日本映画である。東映製作・配給[1]。監督は今井正モノクロスタンダード、130分。

沖縄戦で看護婦として前線に立ったひめゆり学徒隊の悲劇を描いた戦争映画。作品は大ヒットを記録し、倒産の危機にあった東映を救った。第27回キネマ旬報ベスト・テン第7位。1982年(昭和57年)に同脚本・同監督によりリメイク版が公開された。

あらすじ[編集]

1945年(昭和20年)3月、米軍が沖縄上陸作戦に着手するなか、艦砲射撃と艦載機の機銃掃射が続く沖縄。ひめゆり部隊と呼ばれ陸軍病院に配属された女子学生たちは、黙々と任務を遂行していく。卒業式も壕のなかで行われる。いよいよ米軍が迫ってくるなか、軍はいち早く退却。女子学生たちは丸腰で逃げ続けるしかなかった。

スタッフ[編集]

キャスト[編集]

作品解説[編集]

作品は、東映のプロデューサーマキノ光雄が周囲の反対を押し切り、「俺は、右でも左でもない。大日本映画党だ」と言い放って[3]、左翼系の映画人だった今井正監督を起用して製作された。配給収入は1億7659万円で、1952年度(1952年4月 - 1953年3月)の興行成績で第1位となる大ヒット作となった。

沖縄は米軍に占領されていたため沖縄ロケは出来ず、撮影所の野外セットと千葉県銚子市の海岸でのロケで撮影された[4]が、原作の石野径一郎著『ひめゆりの塔』はもちろん、仲宗根政善著『沖縄の悲劇』、沖縄タイムス掲載『沖縄戦記』などの資料を駆使し、波平暁男沖縄民謡の編曲、舞踊振付の専門家を付けて製作された。

円谷英二が特撮を手掛けたとされるが、本作品では特撮関連のクレジット表記がなく、詳細は明らかになっていない[1]

受賞[編集]

関連作品[編集]

脚注[編集]

[脚注の使い方]
  1. ^ a b c 円谷英二特撮世界 2001, pp. 26–27, 「初期作品紹介 1950-53年」
  2. ^ 『キネマ旬報ベスト・テン85回全史 1924-2011』、キネマ旬報社、2012年5月23日、p.96
  3. ^ 『今井正映画読本』、論創社、2012年、p.204
  4. ^ 『今井正「全仕事」 スクリーンのある人生』、ACT、1990年、p.127

参考文献[編集]

  • 『円谷英二特撮世界』勁文社、2001年8月10日。ISBN 4-7669-3848-8

外部リンク[編集]