ひめゆりの塔 (1995年の映画)

出典: フリー百科事典『ウィキペディア(Wikipedia)』
Jump to navigation Jump to search
ひめゆりの塔
監督 神山征二郎
脚本 神山征二郎
加藤伸代
原作 仲宗根政善
『ひめゆりの塔をめぐる人々の手記』
出演者 沢口靖子
永島敏行
後藤久美子
中江有里
音楽 佐藤勝
主題歌 石嶺聡子
撮影 飯村雅彦
編集 近藤光雄
製作会社 東宝映画
配給 東宝
公開 日本の旗 1995年5月27日
上映時間 121分
製作国 日本の旗 日本
言語 日本語
配給収入 5.5億円[1]
テンプレートを表示

ひめゆりの塔』(ひめゆりのとう)は1995年5月27日に公開された日本映画仲宗根政善の『ひめゆりの塔をめぐる人々の手記』を原作に、実在の人々をモデルにし各エピソードにも慎重に検証を重ねたうえで再現した。製作は東宝映画。配給は東宝カラービスタビジョンサイズ。上映時間は121分。

あらすじ[編集]

沖縄師範学校女子部と沖縄県立第一高等女学校は、別名“ひめゆりの学園”と呼ばれていた。昭和19年7月、本来ならば夏休みを実家で過ごすはずの生徒たちは激しくなる戦争に備え、皇国臣民の責務を果たすために再び学校へ招集された。アメリカ軍の攻撃により女生徒や教員達には壮絶な運命が待ち受けていた。

キャスト[編集]

女学校の教員。
女学校の教員。最後まで生き抜く事を生徒達に諭す。
女学校の生徒。途中で脚を負傷してしまい、野戦病院に留まる事を決意する。
重傷を負った兵士。

スタッフ[編集]

受賞歴[編集]

映像ソフト化[編集]

脚注[編集]

  1. ^ 「1995年邦画作品配給収入」、『キネマ旬報1996年平成8年)2月下旬号、キネマ旬報社1996年、 161頁。

外部リンク[編集]