本田博太郎

出典: フリー百科事典『ウィキペディア(Wikipedia)』
ナビゲーションに移動 検索に移動
ほんだ ひろたろう
本田 博太郎
本名 本田 博史
生年月日 (1951-02-08) 1951年2月8日(67歳)
出生地 日本の旗 日本茨城県水戸市
身長 170 cm
血液型 A型
職業 俳優書家
ジャンル 映画テレビドラマ舞台
活動期間 1975年 -
配偶者 あり
著名な家族 本田大輔(長男)
事務所 マツ・カンパニー
公式サイト 本田博太郎 Hirotaro Honda
主な作品
テレビドラマ
ただいま放課後
必殺仕舞人
新・必殺仕舞人
警視庁鑑識班』シリーズ
君の手がささやいている

映画
北京原人 Who are you?
就職戦線異状なし
凶気の桜

舞台
近松心中物語
CM
ライフカード

本田 博太郎(ほんだ ひろたろう、1951年2月8日[1] - )は、日本俳優書家[2]。本名:本田 博史[3]

茨城県水戸市出身。日本大学[1]卒業。長男は俳優の本田大輔

来歴[編集]

茨城県水戸市に4人兄弟の末っ子として生まれ、9歳の時に母を亡くし、男手一つで4人の子育てをする父のもとで育つ。夜に父に連れられて行った近所の映画館で、ドロドロした人間の業や悲哀を描いた巨匠監督の映画を見るのが唯一の楽しみだったという[4][5]

役者になることを夢見て、高校卒業後まもなく家出同然で上京。小さな劇団を立ち上げて閉店後の喫茶店を借りて芝居を上演など続けた後、文学座演劇研究所を経て劇団青俳に所属した。幼いころ映画で見た三國連太郎に憧れて、芸名を本名の「博史」から「博太郎」へと変えた。1977年には日活ロマンポルノ『性と愛のコリーダ』で映画に初出演した。一方で10年ほどにわたるアルバイト生活の中で多くの職業を経験し、後の演技の土台となるさまざまな社会経験を積んだ[2][6][4][5]

若くして結婚し子供が生まれ、日々の生活に追われて夢を追い続ける気持ちが揺れ始めた1979年、28歳の時に「この舞台を最後にしよう」と臨んだ蜷川幸雄演出の舞台『近松心中物語』で、公演中に突然腰を痛めたため降板した主演の平幹二朗の代役に当時無名だった本田が大抜擢されて翌日からの公演を務め上げ、28歳という当時の帝国劇場での最年少座長記録も同時につくり一躍脚光を浴びた。続く同年8月の蜷川演出の舞台『ロミオとジュリエット』とあわせて、第17回ゴールデン・アロー賞新人賞を演劇部門にて受賞した[2][4][5][7]

1980年にはたのきんトリオ出演の『ただいま放課後』の熱血教師・ドンガメ先生(寺泉憲とのダブル主演)役を演じ、世間的にも知られる。この頃まで多く存在した新劇出身アイドルのような位置から次第に悪役喜劇的な役柄にシフトしていった。

1981年には工藤栄一に認められ、『必殺仕舞人』『新・必殺仕舞人』に主演メンバーとして参加し、代表作に。その後も幅広く活躍、日本を代表する名バイプレーヤーの1人になっている[2]。また、その渋い声によりナレーションを務めることもある。

自分の出演作品の毛筆題字を数多く手掛け、最近では書家としても活躍して活動の幅を広げている[6]。その一環として、時代劇『髪結い伊三次』や、『能登の花ヨメ』、『砦なき者』、『父からの手紙』、『ぶるうかなりや』などの題字を書いている。

人物・エピソード[編集]

  • 晩年の岡本喜八監督にも気に入られ、利重剛と共に喜八一家最終メンバー的な存在となり[7]、監督の葬儀告別式では司会進行を担当した(生前の岸田森からは喜八一家メンバー心得アドバイスを受けている)。
  • 現在に至るまで金子修介監督とも付き合いが長い。
  • 奥山佳恵を見ながら涙ぐんで上半身裸になる男性を演じたアコムオダギリジョーと共演したライフカード等のCMでの怪演も注目された(ライフカードのCMは俳優の名前を実名で呼ぶ伝統があるが、この伝統を破って役名を与えられた初の俳優でもある)。
  • その硬軟を自然に演じ分ける芸風は、彼の名を冠した楽曲「本田博太郎〜magical mystery UPAAAAAAAAA!!!!!〜」(作詞:宮藤官九郎、作曲:富澤タク)を唄う、劇団大人計画から派生したロックバンドグループ魂に取り上げられており、同曲のPVにもノリノリで出演。その八面六臂ぶりを遺憾なく発揮した[6]
  • 時をかける少女』(南野陽子版)、『君の手がささやいている』など、いくつもの作品で父親役を演じているが、『エラいところに嫁いでしまった!』では、ほとんどのセリフを「うーん」しか言わないというユニークな父親役を務め、話題になった。
  • 特技は剣道柔道[8]。趣味は[3]緒形拳の書の個展を見たことを契機に「少しでも近づけたら」と力を注ぎ、『眠狂四郎』や『悪いやつほどよく眠る』などのテレビドラマの題字を手がけるまでになった[7]
  • 1998年頃、壺や陶器の収集に熱中、本人曰く「製作者が壊したくなるような歪な作品が好きで、高価そうな作品や、スタイリッシュな物には興味が無い」と言っている。[要出典]
  • 1979年の舞台『近松心中物語』で平幹二朗の代役に大抜擢される前は全く芽が出ず、その時には既に子供が3人いたのでこの舞台を最後に俳優を辞め、郷里に帰るつもりだったと、抜擢で注目された際の新聞取材で語っていた。
  • 普段の本田は愛妻家で、愛犬家。

出演[編集]

舞台[編集]

映画[編集]

テレビドラマ[編集]

NHK[編集]

日本テレビ[編集]

TBS[編集]

フジテレビ[編集]

テレビ朝日[編集]

テレビ東京[編集]

WOWOW[編集]

時代劇専門チャンネル[編集]

TwellV[編集]

ナレーション[編集]

  • 連続企業爆破テロ 40年目の真実(2015年5月22日、フジテレビ系列)

CM[編集]

オリジナルビデオ[編集]

  • 獣のように(1990年) - 朝比奈 役
  • 髑髏戦士スカルソルジャー(1992年) - 伯牙天慌 役
  • 青い豹 最も危険なヒットマン(1994年)
  • 本気!シリーズ(1994年 - 2003年) - 染夜 役
  • 難波現金問屋 とんぼりの竜(1995年)
  • 仕切り屋五郎(1995年)
  • サンクチュアリ2(1995年) - 狩谷代議士 役
  • 極道の2号たち(1996年) - ジョニー 役
  • ROZE 殺戮の女豹(1996年) - 武藤 役
  • 仁義なき野望2(1997年) - 山根組長 役
  • 仁義11・北陸極道狩り(1997年) - 藤代組若頭・赤津 役
  • 首領への道シリーズ(1998年 - 2005年) - 飯島刑事 役
  • 新 湾岸ミッドナイト(1998年)
  • 平成残侠伝 血闘(1999年) - 寺田 役
  • ナニワの用心棒(1999年) - 佐久間 役
  • 侠道 5(2001年) - 蔵元代議士 役
  • 侠道 6(2001年) - 蔵元代議士 役
  • 実録 最後の総会屋(2001年) - 島原 役
  • 全国制覇テキ屋魂(2001年) - 橋本誠二 役
  • 死刑確定 IV(2006年) - 野田大吾 役
  • 死刑確定 V(2006年)

PV[編集]

ディスコグラフィー[編集]

脚注[編集]

[ヘルプ]
  1. ^ a b 日外アソシエーツ株式会社編『新訂 現代日本人名録2002.4 ひろーわ』日外アソシエーツ株式会社、2002年1月28日、410頁。
  2. ^ a b c d 本田博太郎 略歴”. キネマ旬報社. 2013年8月9日閲覧。
  3. ^ a b 本田 博太郎”. 日本タレント名鑑. VIPタイムズ社. 2016年11月27日閲覧。
  4. ^ a b c “ひとりごと 本田博太郎”. ZAKZAK (産経デジタル). (2006年1月21日). http://www.zakzak.co.jp/hitorigoto/20060121.html 2016年11月27日閲覧。 
  5. ^ a b c “職人として役を演じる。勝負はこれから 本田 博太郎(ほんだ ひろたろう)さん”. 常陽リビング. (2013年1月4日). http://www.joyoliving.co.jp/topics/201212/tpc1212054.html 2016年11月27日閲覧。 
  6. ^ a b c スタジオパークからこんにちは”. TVでた蔵 (2012年2月7日). 2013年8月9日閲覧。
  7. ^ a b c 香取俊介 (2014年8月1日). “ぴいぷる 【本田博太郎】思い出深い岡本喜八監督との仕事”. zakzak by 夕刊フジ. http://www.zakzak.co.jp/people/news/20140801/peo1408010830001-n1.htm 2016年11月27日閲覧。 
  8. ^ 本田博太郎のプロフィール”. 芸能人事典. オリコン. 2013年8月9日閲覧。
  9. ^ 仲村トオル主演、江上剛氏の『ラストチャンス再生請負人』連ドラ化 - ORICON NEWS(2018-05-18 07:08)
  10. ^ “濱田岳、新CMで“逃げない男”を熱演”. ORICON STYLE. (2016年10月20日). http://www.oricon.co.jp/news/2080247/full/ 2016年10月20日閲覧。 
  11. ^ 即戦力人材と企業をつなぐ転職サイト 「ビズリーチ」テレビCM第2弾 10/29(土)放送開始”. ビズリーチ (2016年10月28日). 2016年11月20日閲覧。

外部リンク[編集]