ふるさと (1983年の映画)

出典: フリー百科事典『ウィキペディア(Wikipedia)』
ナビゲーションに移動 検索に移動

ふるさと』は、1983年公開の神山征二郎監督、加藤嘉主演の日本映画。揖斐川の上流部、徳山ダムの建設でやがて湖底に沈みゆこうとしている岐阜県揖斐郡徳山村(現揖斐郡揖斐川町)を描く。徳山村の出身で、同地で分校の先生をしていた平方浩介の著書『じいと山のコボたち』(童心社)を映画化したもの。痴呆症の老人と少年の親交を描きながら、消え行く徳山村の美しい自然を表現している。文化庁優秀映画奨励賞など多数の賞を受賞し、主演の加藤嘉モスクワ国際映画祭の最優秀主演男優賞を受賞した。

あらすじ[編集]

妻を亡くし、老人性痴呆症のすすんだ老人伝三(加藤嘉)は、息子の伝六(長門裕之)の嫁、花(樫山文枝)のことすら忘れてしまった。伝六も花も、昼間ダム工事の仕事に出かけるため、伝六は伝三を離れに隔離する。

夏、伝三は隣家の少年千太郎(浅井晋)に会い、アマゴ釣りの伝授を頼まれる。アマゴ釣りの名人だった伝三は、釣りを通じ千太郎と親交を深めるうちに痴呆の症状がよくなる。夏休みの終わり、長雨が続き釣りに行けなくなった伝三は、再び痴呆の症状が狂気なほどひどくなり、伝六は伝三を離れに閉じ込め鍵をかけたが、怒りが大爆発した伝三は離れの窓ガラスを破壊して脱出を図る。そんな時、千太郎は、以前伝三と約束していた秘境の長者ヶ淵にあまご釣りに連れて行ってくれるようせがむ。

長時間歩き、ようやくたどりついた二人は長者ヶ淵の美しさに目をうばわれる。千太郎は、伝三に教えられた通りに竿を降ろすと大ものがかかった。千太郎は伝三に助けを求めるが、伝三は胸をおさえてうずくまっていた。あわてる千太郎に、伝三は落ち着くように声をかけ、千太郎に村に助けを呼びに行かせる。伝三は岩場に倒れながら、昔の美しい出来事を回想していた。その後伝三は伝六たち村人らに助けられ村へ戻る途中、夕暮れの村を見ながら息を引き取った。

場面が変わり、秋の徳山小学校では最後の文化発表会が行われ、出席者全員で故郷を合唱した。

ラストシーンでは、小雪舞う中、村境の峠に湖底に沈む村を離れる伝六や千太郎の姿があり、花の胸には伝三の遺骨が抱かれていた。

キャスト[編集]

スタッフ[編集]

その他[編集]

  • 撮影のロケ地として、伝三らの家は戸入地区が、商店街は本郷地区が使われた。長者ヶ淵という場所は現実には実在しないため、門入地区より奥にある長者平が使われたと言われている。
  • この映画が製作された当時はまだ徳山ダムの工事は本格的に始まっていなかったため、工事現場及びダイナマイトでの発破音は徳山村以外での映像が使われたと言われている。
  • この映画の記念碑が徳山村中央部に建てられたが、ダム湖底水没のため、徳山会館に移設された。
  • 2013年、この映画の上映30周年を記念して12月6日にDVD化され発売された。

関連項目[編集]