高橋一生

出典: フリー百科事典『ウィキペディア(Wikipedia)』
移動先: 案内検索
たかはし いっせい
高橋 一生
生年月日 1980年12月9日(35歳)
出生地 日本の旗 日本東京都
身長 175cm
職業 俳優
ジャンル 舞台
映画
テレビドラマ
活動期間 1990年 -
事務所 舞プロモーション
主な作品
テレビドラマ
医龍
軍師官兵衛
信長協奏曲
民王
僕のヤバイ妻
アニメ映画
耳をすませば

高橋 一生(たかはし いっせい、1980年12月9日[1] - )は、日本俳優舞プロモーション。身長175cm[1]

人物・来歴[編集]

東京都出身[1]1990年の映画『ほしをつぐもの』で映画初出演[2]2001年から扉座に入団し[2]、舞台『フォーティンブラス』で準主役デビュー。

堀越高等学校卒業。堀越の同級生である岡田准一V6)とは「ドライブに行くほど仲が良く、いつか一緒に仕事をしたいとお互い語っていた」と発言しており、『軍師官兵衛』で念願の初共演を果たした。ちなみに高橋は、撮影期間中は岡田のことをプライベートでも「殿」と呼んでいたという[要出典]

声優活動としては『耳をすませば』(天沢聖司役)が有名。宮藤官九郎作品に頻繁に出演している[独自研究?]

2015年のテレビドラマ『民王』で演じた秘書・貝原茂平役で視聴者の好評を得て、第1回コンフィデンスアワード・ドラマ賞と第86回ザテレビジョンドラマアカデミー賞でそれぞれ助演男優賞を受賞[3][4]。2016年放映されたスペシャルドラマの1本『民王スピンオフ〜恋する総裁選〜』とネット配信限定の番外編ドラマ『民王番外編 秘書貝原と6人の怪しい客』では主役となり、『民王 スピンオフBOOK【貝原編】』も発売された[5]

主な出演作品[編集]

テレビドラマ[編集]

その他のテレビ番組[編集]

Webドラマ[編集]

映画[編集]

劇場アニメ[編集]

舞台[編集]

CM[編集]

ミュージック・ビデオ[編集]

  • エイジアエンジニア「Orion」(2007年)
  • K『Brand New Day』「ビタースウィート〜オトナの交差点〜Ver.」(2014年)

受賞歴[編集]

脚注[編集]

  1. ^ a b c Issey Takahashi”. 舞プロモーション. 2016年5月29日閲覧。
  2. ^ a b 高橋一生”. KINENOTE. 2016年5月29日閲覧。
  3. ^ 遠藤憲一「民王」4冠喜ぶ「菅田将暉くんと獲れたことがうれしい」”. スポニチ (2015年10月16日). 2016年4月15日閲覧。
  4. ^ a b 発表! 第86回ドラマアカデミー賞」、『週刊ザテレビジョン』第44号、KADOKAWA、2015年2016年5月29日閲覧。
  5. ^ 人気ドラマ『民王』ふたたび スピンオフで主役に抜擢! 高橋一生 (俳優)」、『週刊文春』2016年4月14日号、文藝春秋2016年4月13日2016年4月15日閲覧。
  6. ^ 高橋一生と“おっさん”の同居生活に反響 入浴シーン&衝撃の結末で視聴者唖然”. モデルプレス (2016年5月29日). 2016年5月29日閲覧。
  7. ^ 高橋一生「童顔の35歳」大河で20歳役 “多面性”に惚れ込み起用”. モデルプレス (2016年5月26日). 2016年5月29日閲覧。
  8. ^ “「ヤバ妻」も好演!高橋一生、評価に動じない強さ「ひるんだらおしまい」”. Sponichi Annex. (2016年5月24日). http://www.sponichi.co.jp/entertainment/news/2016/05/24/kiji/K20160524012645180.html 2016年5月29日閲覧。 
  9. ^ “剛力彩芽主演『グ・ラ・メ!』ドラマ化 滝藤賢一、高橋一生、小日向文世が共演”. オリコンスタイル. (2016年6月2日). http://www.oricon.co.jp/news/2072674/full/ 2016年6月3日閲覧。 
  10. ^ ““秘書・貝原”高橋一生主演『民王番外編』ネット限定配信”. ORICON STYLE. (2016年3月23日). http://www.oricon.co.jp/news/2068930/full/ 2016年3月23日閲覧。 
  11. ^ “キャスト”. 映画「シン・ゴジラ」公式サイト. http://shin-godzilla.jp/cast/ 2016年4月16日閲覧。 
  12. ^ 白井晃演出「レディエント・バーミン」に高橋一生、吉高由里子、キムラ緑子”. ステージナタリー (2016年2月24日). 2016年2月24日閲覧。
  13. ^ “「コンフィデンスアワード・ドラマ賞」助演男優賞を受賞した高橋一生”. Sponichi Annex. (2015年10月15日). http://www.sponichi.co.jp/entertainment/news/2015/10/15/gazo/G20151015011326180.html 2016年5月29日閲覧。 

外部リンク[編集]