遠き落日

出典: フリー百科事典『ウィキペディア(Wikipedia)』
移動先: 案内検索

遠き落日』(とおきらくじつ)は、渡辺淳一の小説。同名で映画化もされた。

概要[編集]

野口英世の生涯にスポットを当てた作品。偉人としての野口英世ではなく「人間・野口英世」を描いた内容になっている。多くの伝記で取り上げることが憚られていた野口の借金癖や浪費癖なども隠さずに描いている。雑誌『野性時代』(角川書店)の1975年1月号から1978年7月号に連載され、1979年に単行本化、のち文庫化(角川文庫)された。

映画[編集]

遠き落日
監督 神山征二郎
脚本 新藤兼人
原作 新藤兼人
渡辺淳一
製作総指揮 奥山和由
小田久栄門
出演者 三田佳子
三上博史
音楽 林哲司
主題歌 和田アキ子
愛、とどきますか
撮影 飯村雅彦
編集 井上治
製作会社 松竹
テレビ朝日
東急グループ
配給 松竹
公開 日本の旗 1992年7月4日
上映時間 119分
製作国 日本の旗 日本
言語 日本語
興行収入 15億円[1]
テンプレートを表示

新藤兼人の著作である『ノグチの母 野口英世物語』(小学館刊、1992年)とドッキングした原作内容になっている。シカ・英世母子の、壮絶な親子愛を描いている。渡辺の原作とは異なり、野口英世の性癖面での欠点はあまり描かれていない。

出演[編集]

スタッフ[編集]

オーケストラアレンジ:和田薫

主題歌[編集]

受賞歴[編集]

脚注[編集]

外部リンク[編集]