紅谷愃一

出典: フリー百科事典『ウィキペディア(Wikipedia)』
べにたに けんいち
紅谷 愃一
本名
生年月日 (1931-06-07) 1931年6月7日(91歳)
出生地 日本の旗 日本 京都府京都市
職業 録音技師
ジャンル 映画
活動期間 1949年 -
活動内容 1949年 大映京都撮影所入社
1954年 日活撮影所入社
1980年 退社
 
受賞
日本アカデミー賞
1981年 第4回 最優秀録音賞
復活の日
1983年 第6回 最優秀録音賞
海峡』『セーラー服と機関銃
1984年 第7回 最優秀録音賞
楢山節考
1992年 第15回 最優秀録音賞
八月の狂詩曲
2000年 第23回 最優秀録音賞
鉄道員
日本アカデミー賞の優秀録音賞(ノーミネート)以上は『鉄道員』で16回。
その他の賞
1968年 第23回毎日映画コンクール
黒部の太陽
1980年 第35回毎日映画コンクール
『復活の日』
1983年 第38回毎日映画コンクール
『楢山節考』
テンプレートを表示

紅谷 愃一(べにたに けんいち、1931年6月7日[1] - )は、日本録音技師である。日本映画・テレビ録音協会代表理事。

来歴[編集]

1931年(昭和6年)6月7日京都府京都市中京区で、代々「近江屋藤兵衛」の屋号で染物屋を営む家の5人きょうだいの末っ子として出生[2]。1944年、旧制中学の京都市立第一工業学校電気科に入学。1948年の学制改革で京都市立洛陽高等学校(現・京都市立洛陽工業高等学校)となる。同級生には大島渚がいた[3]。1949年3月に卒業し、電気工事のアルバイトをして就職浪人しているときに級友の紹介で大映京都撮影所に臨時雇用され、同撮影所の録音課に配属された[4]1951年吉村公三郎監督の『源氏物語』の撮影終了後に正社員となる[5]

1954年5月、大映の先輩で日活に移籍することになった橋本文雄に志願して、自らも日活撮影所へ移籍した[1][6]。録音技師の神谷正和に録音チーフ助手としてつき師事した[7]。1965年、牛原陽一監督の『三匹の野良犬』で録音技師に昇進する[8]。専属契約制度だった日活がメインスタッフを除くスタッフの社員化の方針を打ち出し、専属契約から日活社員となる。録音技師として3本を担当すると、メインスタッフ扱いとなり再び専属契約となる[9]

1980年、『復活の日』の撮影を最後に日活との専属契約をやめて、以後、フリーランスとして活動[10]

日本の録音技師の職能団体「日本映画・テレビ録音協会」の代表理事を務める。

2009年10月から『東京新聞』『中日新聞』に回顧録を58回連載。加筆して2011年に初の著書『日本映画のサウンドデザイン』を出版した[11]

2010年には旭日小綬章を受勲した[12]

おもなフィルモグラフィ[編集]

劇場映画[編集]

テレビドラマ[編集]

受賞[編集]

  • 1968年『黒部の太陽』毎日映画コンクール録音賞
  • 1980年『復活の日』日本アカデミー賞最優秀録音賞、毎日映画コンクール録音賞、第34回日本映画テレビ技術協会技術賞
  • 1981年『海峡』日本アカデミー賞最優秀録音賞、、第36回日本映画テレビ技術協会技術賞
  • 1982年『楢山節考』日本アカデミー賞最優秀録音賞
  • 1983年『南極物語』毎日映画コンクール録音賞
  • 1984年『海燕ジョーの奇跡』アジア太平洋映画祭最優秀録音賞
  • 1989年『夢』アメリカ・ゴールデン・リール賞
  • 1990年『八月の狂詩曲』日本アカデミー賞最優秀録音賞
  • 1996年『うなぎ』第51回日本映画テレビ技術協会技術賞、1995年度日本映画批評家大賞特別賞
  • 1999年『鉄道員』日本アカデミー賞最優秀録音賞

参考書籍[編集]

  • 紅谷愃一『日本映画のサウンドデザイン 感動場面を演出する音声収録と音響処理のテクニック』誠文堂新光社、2011年
他の著作
  • 『音が語る、日本映画の黄金時代 映画録音技師の撮影現場60年』河出書房新社、2022年

[編集]

  1. ^ a b 雨あがるasmik-ace.com, 2009年11月3日閲覧。
  2. ^ 紅谷、p.24
  3. ^ 紅谷、p.25
  4. ^ 紅谷、p.26、31
  5. ^ 紅谷、p.31
  6. ^ 紅谷、pp.34-35
  7. ^ 紅谷、pp.48-49
  8. ^ 紅谷、p.58
  9. ^ 紅谷、pp.58-59
  10. ^ 紅谷、p.102
  11. ^ 紅谷、p.203
  12. ^ 【秋の叙勲】旭日小綬章 芸術文化功労 映画録音技師、紅谷愃一さん(79) 47NEWS(産経新聞) 2010年11月3日

外部リンク[編集]