人間の証明

出典: フリー百科事典『ウィキペディア(Wikipedia)』
移動先: 案内検索

人間の証明』(にんげんのしょうめい)は、森村誠一の長編推理小説、およびそれを原作とした映画テレビドラマ1975年に『野性時代』(角川書店)で連載された。第3回角川小説賞受賞作品。2010年現在、単行本・各社文庫本計で770万部のベストセラーとなっている。

森村の代表作「棟居刑事シリーズ」の主人公・棟居弘一良の初登場作品。新刊雑誌への連載を前提に角川春樹から依頼されて執筆した作品である。森村は代表作と見なされる本作について「代表作とは読者が決めるものであるが、自分にとって相当に重要な作品である」と語っている。

書誌情報[編集]

あらすじ[編集]

東京赤坂にある高層ホテルのエレベーター内で、胸部を刺されたまま乗り込んできた黒人青年ジョニー・ヘイワードが死亡した。麹町署の棟居弘一良刑事らは、彼をホテルまで乗せたタクシー運転手の証言から、車中でジョニーが「ストウハ」という謎の言葉を発していたことを突き止める。さらにタクシーの車内からは、ジョニーが忘れたと思われるボロボロになった『西條八十詩集』が発見された。一方、ジョニーが殺害された同時刻に、ある女性が何者かにひき逃げされる事件が起きた。犯人は有名ファッションデザイナー八杉恭子の息子である郡恭平だった。恭平は豪雨の中で運転していた最中、飛び出してきた女性に気づかずに轢いてしまったのだ。発覚を怖れた恭平は女性の遺体を東京湾に沈めたが、翌日、女性の夫から捜索願が出された事により事件は公になった。恭平は恭子に事件のあらましを全て告白し、恭子は恭平にアメリカへ逃げるように指示する。その頃、棟居刑事は「ストウハ」がストローハット(麦わら帽子)を意味すると推理した。実際に事件現場であるホテルの回転ラウンジの照明が麦わら帽子状に見えるため、ジョニーがそれを見てそう思い込んだと解釈した。

さらに、詩集におさめられた一編の詩に、麦わら帽子と霧積という地名が記されていたのだった。ひき逃げ事件から棟居は八杉にたどり着く。棟居と八杉の間には深い因縁があった。昭和24年、闇市でアメリカ軍人に襲われていた八杉を棟居の父が助けようとして殺されたのだ。ジョニーがアメリカを去る際に残した「キスミー」という言葉から、群馬県の霧積温泉郷を割り出した棟居が現地に向かうと、ジョニーの情報を知っているであろう中山たねという老婆が何者かに殺されていた。霧積では八杉恭子が戦後、進駐軍向けのバーで働いていたことが分かった。棟居はジョニー殺害の犯人だと推理し、ジョニーの本当の母親を探すためニューヨークへ飛ぶ。棟居はニューヨークでの相棒となるシュフタン刑事の手の甲の刺青から、父を殺したのが彼であることを知る。捜査を進める棟居はジョニーが日本で生まれたことを突き止める。そんな折、棟居はひき逃げ犯の恭平をニューヨークで追い詰めるが、抵抗する恭平はシュフタンに射殺された。

東京では日本デザイナーコンクールが開かれていた。その席で、棟居は八杉に恭平が死んだことを伝える。八杉とジョニーは生き別れた母子だった。しかし、ジョニーの存在が世間に知れ渡り、過去に黒人と関係を持っていた事実が露見することを恐れた恭子はジョニーを殺害し、それらを知っている中山たねも殺していた。棟居に事の全てを告白した八杉は、霧積の崖から身を投げるのだった。

翌日、八杉の死亡記事を読んだシュフタン刑事はジョニーの父親を訪ねた。既に麻薬依存に陥っていたが、事の全てを告げると解釈したように首を縦に振り、静かに息絶えた。シュフタン刑事はその遺体を廃墟の片隅に埋めた直後、黒人男性に刺され、そのまま動かなくなった。

パロディ・オマージュ[編集]

  • 藤子・F・不二雄著『ドラえもん』てんとう虫コミックス第18巻収録「あの日あの時あのダルマ」にて、のび太が過去に紛失した麦わら帽子を「なくし物とりよせ機」で取り寄せた直後、ママに「おかあさん、おかあさん。どこへいったのでしょうねと、大さわぎしたムギワラ帽子。谷へ落としたあの帽子。」と言いながら帽子を見せる場面がある。
  • コンタロウ著『1・2のアッホ!!』第9巻「拒人第三軍の巻[1]の挿話で拒人二軍玉皮練習場に鳥人間の扮装したカントクが現れ、流目監督たちから「あんたがいては二軍が迷惑」「怪人鳥男のくる所ではない」と批判された事に「鳥男で悪かったな。こうみえてもわしはれっきとした人間だ」と言い返すカントクだったが、そばで鳥がパン屑を漁っているのを見て割り込んで「同じ鳥同士じゃないか、怒るなよ」と言いながらパン屑を拾って食べるカントクに流目が「人間じゃなかったんですか」とツッコんだ後、カントクが「疑うなら証拠をみせてやる!それっ」と言って帽子を飛ばした後
    カントク「おかあさん、ぼくのあの帽子どうしたでしょうね
    流目「なんですか、それ!?」カントク「人間の証明
    と答えて「きまったーっ。きまったぜ、ベイビー」と会心のギャグに大喜びするカントクをよそに流目以下二軍の選手たちが白けてる様子が描かれている。
  • 手塚治虫著『ブラック・ジャック』第17巻第163話「しめくくり[2]の挿話では全国五千万の読者が待っとる大ベストセラーの大河小説「未知の世紀」の作者として名士で有名人である井中大海(おおみ)が膵体がんで倒れて入院し、入院先のブラックジャックの同窓生である病院長が「『未知の大器』はいまや「人間の証明」や「ルーツ」なんかをグンとしのぐ人気」と話している場面がある。  
  • 林律雄大島やすいち著『おやこ刑事』第4巻事件簿No.5「ある殺し屋[3]の挿話で冒頭で殺しの舞台となる映画館で上映されていた作品が『八つ墓の証明』となっており、これは連載当時公開中の大ヒット映画『人間の証明』(松田優作主演、1977年角川映画)と『八つ墓村』(萩原健一主演、1977年松竹)のタイトルを足したパロディである。

映画[編集]

人間の証明
Proof of the Man
監督 佐藤純彌
脚本 松山善三
製作 角川春樹
吉田達
サイモン・ツェー
出演者 岡田茉莉子
松田優作
ジョージ・ケネディ
音楽 大野雄二
主題歌 ジョー山中
「人間の証明のテーマ」
撮影 姫田真佐久
編集 鍋島惇
製作会社 角川春樹事務所
配給 東映
公開 日本の旗 1977年10月8日
上映時間 133分
製作国 日本の旗 日本
言語 日本語
英語
配給収入 22.5億円[4][5]
テンプレートを表示

岡田茉莉子松田優作ジョージ・ケネディがそれぞれ過去に一物を持つ人物を演じ、当時の日本映画では稀なニューヨークロケが行われた。松山善三(プロでありながら、公募に応募して採用された)の脚色により、森村誠一がテーマとした題名「人間の証明」である原作と異なる結末になっている。ラストシーンでは本来無言であったはずの松田が独自に台詞を付けたいとの要望を出し、佐藤純彌も台詞つきのシーンを撮ったが、佐藤の判断で台詞はカットしつつも台詞を言った後の表情がとても良かったため、そちらを採用した。

映画公開時に用いられた有名な台詞「母さん、僕のあの帽子どうしたでせうね ええ、夏、碓氷から霧積へ行くみちで 渓谷へ落としたあの麦藁帽ですよ…」は西條八十の詩がオリジナルであり[6]、劇中でも語られている。ジョー山中が歌う「人間の証明」のテーマソング(「Mama, Do you remember...」と歌詞は西條八十の詩を英訳したもの)もヒットし、ベストテン入りも果たしている。

脚本は最初、長谷川和彦に依頼し、角川春樹が直接長谷川に交渉したが[7]、長谷川が角川に対して無礼な物言いがあって流れたといわれる[8]

その後、賞金500万円を掲げて大々的に脚本を公募した。プロアマ問わずとの条件で最終選考に残ったのは、脚本家・監督の松山善三、脚本家の山浦弘靖、俳優・プロデューサーの岡田裕介(現東映社長)、プロデューサー・脚本家・推理作家の小林久三とプロばかりであった。応募者の名を伏せて角川プロデューサー、佐藤監督らによる選考会の模様は『キネマ旬報』707号(1977年5月1日刊行)誌上に公開されたが、のっけから「ロクなのがない!」「(公募に頼った)考えが甘かった」とボロクソであり、「いちばん修正しやすい」との消極的理由で入選作を決定した。ふたを開けてみれば、誰にとっても大先輩である松山の脚本だったという気まずい結果となった。なお、角川によれば、予算にまで気を配って小さくまとめた悪しきプロ脚本が多かった中、大胆に海外場面を多用した松山脚本が角川映画に相応しいと判断されたという。

偶然に次ぐ偶然によってクライマックスのお涙頂戴になだれこむ展開は、大映が戦後直後に「三倍泣けます」「ハンカチをご用意ください」のキャッチフレーズでヒットさせた三益愛子の「母物」の再来だと批判されたが、角川春樹は石上三登志との対談で、まさにそれをこそ狙ったと語っている[9]

第51回キネマ旬報ベスト・テン第50位、読者選出第8位となった[10][4][5]。興行収入は22億5000万円となり、この年の興行ベストテン第2位を記録した[4][5]。原作小説を読んでから映画を観るか、あるいはその逆かといった意味の「読んでから見るか、見てから読むか」という宣伝文句も話題となった[4][5]

配給は東映であったが、興行は日比谷映画劇場をメインとした東宝洋画系チェーンが担った。その後、2000年にDVD化され、2009年にBDソフト並びにデジタル・リマスター版DVDがリリースされた。2012年に改めて「角川ブルーレイ・コレクション」の一作品としてブルーレイディスク化された。

スタッフ (映画)[編集]

キャスト (映画)[編集]

テレビドラマ[編集]

1978年版[編集]

森村誠一シリーズの3作目として放映された。オリジナルの部分が多い(郡陽子のモノローグや扱いに顕著)。

製作は東映であるが、東宝の監督が主に演出している(プロデューサー兼俳優の岡田裕介との縁)。2010年7月21日から8月6日に全4巻のDVDが発売された。各巻3話収録で2巻ずつ同時発売されている。

  • 放映期間:1978年1月7日 - 1978年4月1日(全13話)
  • 放送時間:毎週土曜日22:00 - 22:55

スタッフ (1978年版)[編集]

キャスト (1978年版)[編集]

名前の後ろの※は、原作に登場しない人物。※※は、ドラマ版で著しく登場場面が増えた人物。

映画版でも同じ役で出演している。

視聴率 (1978年版)[編集]

第1回21.2%、第2回22.1%、第3回20.4%、第4回21.4%、第5回22.4%、第6回21.9%、第7回20.7%、第8回18.9%、第9回20.7%、第10回18.2%、第11回22.2%、第12回20.5%、最終回24.7%[11][要ページ番号]

TBS 土曜22時台(当時は毎日放送の制作枠。一部地域を除く)
前番組 番組名 次番組
森村誠一シリーズ・暗黒流砂
森村誠一シリーズ・人間の証明

1993年版[編集]

金曜ドラマシアターで1993年1月8日に放送された。

スタッフ (1993年版)[編集]

キャスト (1993年版)[編集]

2001年版[編集]

タイトルは「人間の証明2001」、「女と愛とミステリー」で放送された。

BSジャパンでは2001年1月7日21:00 - 23:24に、テレビ東京系列では同年1月10日20:54 - 23:18に放映された。

スタッフ (2001年版)[編集]

キャスト (2001年版)[編集]

2004年版[編集]

人間の証明
ジャンル テレビドラマ
放送時間 木曜 22:00 - 22:54(54分)
放送期間 2004年7月8日 - 9月9日(10回)
放送国 日本の旗 日本
制作局 フジテレビ
演出 河毛俊作
久保田哲史
成田岳
原作 森村誠一
脚本 前川洋一
プロデューサー 鈴木吉弘
出演者 竹野内豊
夏川結衣
大杉漣
池内博之
高岡蒼佑
松下奈緒
堀北真希
横山めぐみ
田辺誠一
國村隼
松坂慶子
音声 ステレオ放送
字幕 字幕放送
データ放送 データ放送

特記事項:
初回は15分拡大のスペシャルで放送(22:00 - 23:09)。
テンプレートを表示

フジテレビ系連続ドラマとして2004年7月8日から9月9日まで放映された。全10回。初回は15分拡大の22:00 - 23:09に放送。平均視聴率は12.1%だった。

スタッフ (2004年版)[編集]

キャスト (2004年版)[編集]

サブタイトル (2004年版)[編集]

各話 放送日 サブタイトル 視聴率
第1話 2004年7月08日 遠い橋・ある異邦人の死 15.9%
第2話 2004年7月15日 謹慎 12.6%
第3話 2004年7月22日 母さんに捧げる詩 11.9%
第4話 2004年7月29日 霧積温泉の変死者 11.7%
第5話 2004年8月05日 母の秘密を知る女 11.0%
第6話 2004年8月12日 輝ける青春の記憶 11.4%
第7話 2004年8月19日 南部アメリカ編(01) 09.8%
第8話 2004年8月26日 米国編(2)犯人の顔 11.3%
第9話 2004年9月02日 郡恭子最後の一日 11.5%
最終話 2004年9月09日 人間たちの明日 13.3%
平均視聴率 12.0%(視聴率は関東地区ビデオリサーチ社調べ)
  • 初回は15分拡大放送。
フジテレビ 木曜劇場
前番組 番組名 次番組
離婚弁護士
(2004.4.15 - 2004.6.24)
人間の証明(2004年版)
(2004.7.8 - 2004.9.9)
大奥〜第一章〜
(2004.10.7 - 2004.12.16)

2011年版(韓国ドラマ)[編集]

ロイヤルファミリー
ジャンル 連続ドラマ
放送時間 毎週水曜・木曜21時55 - 23時05分(70分)
放送期間 2011年3月2日 - 4月28日(18回)
放送国 韓国の旗 韓国
制作局 文化放送
企画 ハンヒ
演出 キム・ドフン
原作 森村誠一「人間の証明」
脚本 クォン・ウムミ
プロデューサー キム・ジンガ
出演者 チソン
ヨム・ジョンア
キム・ヨンエ
チャ・イェリョン
音声 アナログ放送
デジタル放送
字幕 字幕放送
エンディング カン・ジョンウク「Don`t Cry」
テンプレートを表示
ロイヤルファミリー
各種表記
ハングル 로열 패밀리
漢字
発音 ロイヤルファミリー
テンプレートを表示

ロイヤルファミリー」の題名で、文化放送連続ドラマとして2011年3月2日から4月28日まで放送。日本ではTBS韓流セレクト」枠で2011年10月27日から11月21日まで放送。

キャスト(韓国版)[編集]

サブタイトル(韓国版)[編集]

各話 放送日 サブタイトル(邦題)
第1話 3月2日 Kと呼ばれた女
第2話 3月3日 敵中へ
第3話 3月9日 誠意の勝利
第4話 3月10日 社長の座
第5話 3月16日 最後の賭け
第6話 3月17日 社長就任
第7話 3月23日 ユンソの苦悩
第8話 3月24日 つかの間の幸せ
第9話 3月30日 2つのテディベア
第10話 3月31日 過去を知る女
第11話 4月6日 策略
第12話 4月7日 衝撃の事実
第13話 4月13日 嫁たちの反乱
第14話 4月14日 戦いに挑む理由
第15話 4月20日 第三幕の幕開け
第16話 4月21日 オムの心
第17話 4月27日 新たな真実
第18話 4月28日 永遠の安息
文化放送 MBC水木ミニシリーズ
前番組 番組名 次番組
マイ・プリンセス
(2011.1.5 - 2011.2.24)
ロイヤルファミリー
(2011.3.2 - 2011.4.28)

2017年版[編集]

ドラマスペシャル 人間の証明
ジャンル テレビドラマ
放送時間 日曜 21:00 - 23:10(130分)
放送期間 2017年4月2日(1回)
放送国 日本の旗 日本
制作局 テレビ朝日
監督 雨宮望
原作 森村誠一
脚本 浜田秀哉
プロデューサー 船津浩一(テレビ朝日)
目黒正之(東映)
石﨑宏哉(東映)
出演者 藤原竜也
鈴木京香
緒形直人
草笛光子
宅麻伸
中原丈雄
堀井新太
音声 ステレオ放送
字幕 字幕放送
データ放送 データ放送
エンディング EXILE ATSUSHI & Char
「人間の証明のテーマ」
時代設定 1970年代
外部リンク 公式サイト
テンプレートを表示

ドラマスペシャルとして、テレビ朝日系列で2017年4月2日21:00 - 23:10[12]に放送[13]。主演・藤原竜也。原作通り1970年代の設定となる。

スタッフ (2017年版)[編集]

キャスト (2017年版)[編集]

脚注[編集]

[ヘルプ]
  1. ^ 週刊少年ジャンプ』1977年11/7(47)号掲載。
  2. ^ 週刊少年チャンピオン』1978年3/20(13)号掲載。
  3. ^ 週刊少年サンデー』1977年12/18(51)号掲載。
  4. ^ a b c d 「昭和52年」(80回史 2007, pp. 240-247)
  5. ^ a b c d 「1977年」(85回史 2012, pp. 344-352)
  6. ^ 角川文庫で『西條八十詩集』が映画公開にあわせて復刊され、その中で森村誠一もエッセイを寄稿している。
  7. ^ 「邦画新作情報」、『キネマ旬報』1976年12月下旬号、 184−185頁。
  8. ^ 『月刊シナリオ』 日本シナリオ作家協会、1977年1月号、83頁
  9. ^ 『季刊映画宝庫/日本映画が好き!!!』(芳賀書店、1978年刊)
  10. ^ 40周年記念映画祭開催!角川映画はいかにして昭和後期の日本映画界を改革していったか?(前編)”. シネマズ. 松竹 (2016年7月23日). 2016年8月12日閲覧。
  11. ^ 「テレビ視聴率季報(関東地区)」ビデオリサーチ。
  12. ^ 20:58 - 21:00に『今夜のドラマスペシャル』も別途放送。
  13. ^ “藤原竜也と鈴木京香が「人間の証明」で13年ぶりの共演”. ザテレビジョン (KADOKAWA). (2017年1月27日). https://thetv.jp/news/detail/99010/ 2017年1月27日閲覧。 
  14. ^ “EXILE ATSUSHIが「人間の証明」テーマソングをカバー”. ザテレビジョン (KADOKAWA). (2017年2月25日). https://thetv.jp/news/detail/101879/ 2017年2月25日閲覧。 
  15. ^ JUNESMODELS.com
  16. ^ 「NEW TOPICS――ドラマスペシャル『人間の証明』」(Remix公式サイト)

参考文献[編集]

関連項目[編集]

外部リンク[編集]