阿弥陀堂だより

出典: フリー百科事典『ウィキペディア(Wikipedia)』
Jump to navigation Jump to search

阿弥陀堂だより』(あみだどうだより)は、南木佳士小説、及びそれを原作とした日本映画

あらすじ[編集]

パニック障害を病んだ妻を連れて帰郷した夫と、阿弥陀堂を守る老女との交流を描いた。

映画[編集]

阿弥陀堂だより
監督 小泉堯史
脚本 小泉堯史
原作 南木佳士『阿弥陀堂だより』
製作 柘植靖司
桜井勉
荒木美也子
製作総指揮 原正人
椎名保
出演者 寺尾聰
樋口可南子
北林谷栄
音楽 加古隆
撮影 上田正治
編集 阿賀英登
製作会社 「阿弥陀堂だより」製作委員会
配給 東宝
アスミック・エース
公開 日本の旗 2002年10月5日
上映時間 128分
製作国 日本の旗 日本
言語 日本語
興行収入 5.5億円[1]
テンプレートを表示

2002年10月5日に公開された小泉堯史監督・脚本の日本映画。東宝アスミック・エースにより配給された。本作品に出演している北林谷栄が第26回日本アカデミー賞助演女優賞を、小西真奈美が新人俳優賞を、それぞれ受賞している。キャッチコピーは、忘れていた,人生の宝物に出逢いました

ロケ地[編集]

長野県飯山市を中心とした奥信濃と呼ばれる地域で行われた。

スタッフ[編集]

キャスト[編集]

言葉[編集]

  • おうめ婆さん: 小説っていうのは嘘の話でありますか、それともほんとの話。
  • 上田孝夫: 嘘の話なんだけども、ほんとのことを伝えるための嘘の話って言ったらいいかな。
  • 小百合: 小説とは、阿弥陀様を言葉で作るようなものだと思います。

脚注[編集]

  1. ^ 「2002年度 日本映画・外国映画 業界総決算 経営/製作/配給/興行のすべて」、『キネマ旬報2003年平成15年)2月下旬号、キネマ旬報社2003年、 140頁。

外部リンク[編集]