博報堂

出典: フリー百科事典『ウィキペディア(Wikipedia)』
ナビゲーションに移動 検索に移動
株式会社博報堂
HAKUHODO Inc.
HAKUHODOO.jpg
Akasaka Biz Tower.JPG
本社(赤坂Bizタワー
種類 株式会社
市場情報 非上場
本社所在地 日本の旗 日本
107-6322
東京都港区赤坂五丁目3番1号
赤坂Bizタワー
北緯35度40分23.6秒 東経139度44分11秒 / 北緯35.673222度 東経139.73639度 / 35.673222; 139.73639
設立 1924年(大正13年)2月11日
(株式会社内外通信社
業種 サービス業
法人番号 8010401024011 ウィキデータを編集
事業内容 総合ブランディングサービス
メディアサービス
クリエーティブ
コンテンツ事業
プロモーション
イベント
e-ソリューション
コーポレート・コミュニケーション
代表者 水島正幸代表取締役社長
資本金 358億4,800万円
売上高 7335億1600万円(2020年03月31日時点)[1]
営業利益 169億6100万円(2020年03月31日時点)[1]
経常利益 227億5700万円(2020年03月31日時点)[1]
純利益 122億2200万円(2020年03月31日時点)[1]
純資産 1581億7500万円(2020年03月31日時点)[1]
総資産 3927億8800万円(2020年03月31日時点)[1]
従業員数 3,870名
(2020年4月1日現在・契約社員含む)
決算期 3月31日
主要株主 博報堂DYホールディングス 100%
関係する人物 瀬木博尚瀬木博政近藤道生磯辺律男成田純治戸田裕一
外部リンク http://www.hakuhodo.co.jp/
テンプレートを表示

株式会社博報堂(はくほうどう、Hakuhodo Inc.)は、日本広告代理店

大広読売広告社博報堂DYメディアパートナーズとともに、博報堂DYホールディングスの中核企業の一社である。

概要[編集]

1895年(明治28年)10月、教育雑誌の広告取次店として設立。廣告社(1888年創業)と並び日本の広告黎明期から活動を続ける広告代理店である。

2003年10月に大広読売広告社と経営統合し、博報堂DYホールディングスを設立。国内1位の電通と合わせて、広告代理店の二大巨頭という意味で「電博」(でんぱく)と総称されている。しかし、近年は大規模な海外広告会社を傘下に加えている電通との差は広がりを見せている。

また、経営統合に伴い、博報堂を含め3社のメディア枠仕入れ部門は博報堂DYメディアパートナーズに移管されたため、博報堂DYグループの1社として媒体社に対してより大きな影響力を持つこととなった。

2008年5月赤坂サカスにある赤坂Bizタワーに本社を移転。先に移転を完了していた博報堂DYメディアパートナーズとの連携を強めた。その後もグループ企業が赤坂に集結している。

過去にはマッキャンエリクソンと業務提携を行っていたが、現在は、オムニコム系列のTBWAと共同出資し、TBWA/Hakuhodoを東京に設立。

沿革[編集]

神田錦町の博報堂旧本社
テラススクエア
  • 1895年10月 瀬木博尚によって創業。社名の由来は、瀬木の経営理念「く、華客に奉仕酬する」から。
  • 1914年10月 本社を神田区錦町に移転。
  • 1924年2月11日 株式会社に改組。瀬木博尚、初代取締役社長に就任。
  • 1930年6月 新社屋(錦町本館)竣工。
  • 1948年9月 「博報堂月報」を発刊(のちに「広告」と改題)。
  • 1950年8月 株式会社内外通信社博報堂に商号変更。
  • 1955年4月 株式会社博報堂に商号変更。
  • 1957年6月 得意先毎のグループ制を採用。AEという概念を導入。
  • 1960年1月 「博報堂宣言」を発表。
  • 1981年9月 「生活者の視点に立つ」発想を明示し、㈱博報堂生活総合研究所を設立。
  • 1982年6月 松下電器のCM「光のメニュー」がカンヌ国際広告祭でグランプリ受賞。
  • 1991年5月 「グランド・デザイン・パートナー」宣言。
  • 1993年6月 カンヌ国際広告祭、日清食品<カップヌードル>「hungry?モア」篇、「hungry?シンテトケラス」篇でフィルム部門グランプリ。
  • 1995年7月 社長の東海林が「3P戦略」と「MD(マーケットデザイン)戦略」を示す。博報堂100周年を記念してロゴが作られた。
  • 2001年10月26日 大広ならびに読売広告社との間で、業務提携契約を締結。
  • 2002年5月 「パワーブランド・パートナー」宣言。
  • 2002年12月2日 共同持ち株会社の設置による経営統合で合意。
  • 2003年6月 カンヌ国際広告祭50周年記念式典にて特別賞を受賞。
  • 2003年10月1日 株式会社博報堂DYホールディングス設立、完全子会社となる。
  • 2005年2月 博報堂DYホールディングス、東証一部に株式上場。
  • 2008年5月1日 本社を赤坂サカス赤坂Bizタワーに移転。新しいグループマークとロゴを導入。
  • 2014年4月 博報堂と博報堂DYメディアパートナーズの合同ビジョン制定。
  • 2019年7月 新しいVIセンタードットを導入。

神田錦町の旧本社ビルは1930年竣工(後年増築)の、岡田信一郎設計の様式建築であった。2009年に近隣地権者と共同での再開発により取り壊されたが、その後、複合ビル「テラススクエア」内に外観が再現された。[2][3]

歴代社長・会長[編集]

期間 社長 会長
1895年10月 1938年12月 瀬木博尚 なし
1939年1月 1965年12月 瀬木博信
1966年1月 1972年12月 瀬木庸介 瀬木博政
1973年1月 1975年6月 福井純一
1975年7月 1983年11月 近藤道生
1983年12月 1994年1月 磯邊律男 近藤道生
1994年2月 2000年1月 東海林隆 磯邊律男
2000年2月 2003年9月 宮川智雄 東海林隆
2003年10月 2010年5月 成田純治 宮川智雄
2010年6月 2017年4月 戸田裕一 成田純治
2017年4月 現在 水島正幸 戸田裕一

企業体質[編集]

  • 創業家である瀬木一族は、現在も博報堂DYホールディングスの大株主であるが、オーナーではなくなっている。また、経営トラブルの後に財務省(旧大蔵省)出身の国税庁長官が、2代続けて社長となったことがあった。
  • 無借金経営でも知られる。自社ビルは所有していない。2008年5月には、芝浦、汐留に分散していたグループを赤坂サカス赤坂Bizタワーに集めている。また、関連会社の博報堂プロダクツなどは、豊洲に集合している。

制作[編集]

  • 大貫卓也をはじめ、箭内道彦佐藤可士和佐野研二郎など数多くの著名なクリエイターを輩出(既にこの4人は退社)。
  • カンヌ国際広告祭でグランプリを2度受賞したことがあるため、カンヌ国際広告祭事務局から特別賞を贈られている。受賞は広告代理店では世界で7社、アジアでは博報堂1社であり、「クリエイティブの博報堂」とも呼ばれた。しかし、実際には、近年の広告賞の受賞数は総じて低迷し、近年の受賞数は電通の半分程度になっている。[4][5]
  • 1994年、多摩美術大学卒の元アートディレクター、東海林隆が代表取締役社長に就任。現在の博報堂DYホールディングス代表取締役社長・戸田裕一、博報堂DYメディアパートナーズ代表取締役社長・佐藤孝はともに制作局コピーライター出身。

雑誌「広告」[編集]

博報堂広報室名義で年4回出版される雑誌「広告」を出版している。

広告賞は雑誌などの掲載歴が無いと応募出来ず、通常広告掲載には高額な媒体費が発生する。広告賞獲得を目的とした博報堂制作の広告がほぼ無償で掲載出来るため、情報を整理した一般掲載されない特別な広告を掲載し、広告賞などに応募してきた。博報堂が受賞歴の多い理由にも、この雑誌の存在が挙げられ批判がある。[6]

主な制作[編集]

企業の情報危機管理[編集]

博報堂のCC(コーポレートコミュニケーション)局の中に、企業の情報危機を管理する部門が存在する。雪印事件を契機として設置された部署で、企業の不祥事等、問題発生時の経営陣による、マスコミ対応や消費者対応などのをナレッジパッケージをクライアントに提供している。

事件・不祥事[編集]

郵便料金割引制度の不当利用[編集]

2008年11月、障害者団体の定期刊行物に適用される郵便料金割引制度を不当に利用し、家電量販店企業のベスト電器チラシを2年半にわたり計約1100万通送っていたことが判明した。顧客から「問題があるのでは」と指摘され取りやめた。この制度の利用は博報堂関連会社である博報堂エルグ(福岡県本拠・2009年9月30日営業停止)が提案し、勧めたため、企業が採用した[7]。その後、大阪地検特捜部によって翌年春にこの事案に関与した幹部らが逮捕・起訴された。これを受けて内部処分も同時に行われた[8]

雇い止めをめぐる訴訟[編集]

同社九州支社に嘱託社員として勤務していた女性が、2018年4月に無期雇用転換を申請できることになっていたが、同社はその前年の2017年12月に、次年度以降の雇用契約を更新しないことを女性に伝えた。女性は社員としての地位確認を求め福岡地方裁判所に提訴。2020年3月17日に同地裁は女性の訴えを認め、雇用を継続した上で、雇い止めの翌月に当たる2018年4月から判決確定日までの賃金と賞与を支払うよう命じる判決を言い渡した[9]

関連企業[編集]

国内 本社・支社・営業所[編集]

  • 本社

〒107-6322 東京都港区赤坂5-3-1
赤坂Bizタワー

  • 関西支社

〒530-8262 大阪市北区中之島2-2-7
中之島セントラルタワー

  • 京都営業所

〒604-8171 京都市中京区烏丸通り御池下ル虎屋町577-2
太陽生命御池ビル

  • 中部支社

〒460-0008 名古屋市中区栄3-3-21
セントライズ栄

  • 九州支社

〒812-0027 福岡市博多区下川端町2-1
博多リバレイン イーストサイト

  • 鹿児島営業所

〒892-0844 鹿児島市山之口町3-31
住友生命鹿児島ビル

博報堂DYメディアパートナーズ[編集]

  • 本社

〒107-6321 東京都港区赤坂5-3-1
赤坂Bizタワー

  • 関西支社

〒530-0005 大阪市北区中之島2-2-7
中之島セントラルタワー

  • 中部支社

〒460-0008 名古屋市中区栄3-3-21
セントライズ栄

国内関連団体[編集]

  • (公財)博報堂教育財団

〒100-0011 東京都千代田区内幸町2-2-3 日比谷国際ビル14階
<児童教育の振興を図るための助成支援事業>

  • 博報堂健康保険組合

〒102-0093 東京都千代田区平河町1-4-5 平和第一ビル7階

  • 博報堂企業年金基金

〒102-0093 東京都千代田区平河町1-4-5 平和第一ビル8階

  • 博報堂DYキャプコ

〒107-0052 東京都港区赤坂2-14-27 国際新赤坂ビル東館11階
<人材派遣、人材紹介>

子会社・関連会社[編集]

  • (株)TBWA HAKUHODO

〒105-0023 東京都港区芝浦1-13-10 第三東運ビル 広告業務

  • (株)北海道博報堂

〒060-0002 札幌市中央区北2条西1丁目1 マルイト札幌ビル 北海道を中心とした広告業務

  • (株)東北博報堂 本社・仙台営業局

〒980-0811 宮城県仙台市青葉区一番町4-1-25 東二番丁スクエア12F 東北エリアを中心とした広告業務

    • 青森支社

〒030-0861 青森県青森市長島2-10-3 青森フコク生命ビル4F 東北エリアを中心とした広告業務

    • 盛岡支社

〒020-0024 岩手県盛岡市菜園1-12-10 日鉄鉱盛岡ビル6F 東北エリアを中心とした広告業務

    • 秋田支社

〒010-0001 秋田県秋田市中通2-4-15 秋田朝日生命丸島ビル5F 東北エリアを中心とした広告業務

    • 山形オフィス

〒990-0031 山形県山形市十日町3-9-36 東北エリアを中心とした広告業務

    • 福島支社(福島オフィス)

〒960-8041 福島市大町7-3 福島センタービル8F 東北エリアを中心とした広告業務

    • 福島支社(郡山オフィス)

〒963-8005 福島県郡山市清水台1-3-8 郡山商工会議所会館4F 東北エリアを中心とした広告業務

    • 宇都宮オフィス

〒320-0811 栃木県宇都宮市大通り4-1-18 宇都宮大同生命ビル3F 東北エリアを中心とした広告業務

  • (株)新潟博報堂

〒950-0917 新潟市中央区天神1-12-8 LEXN B 4F 新潟県を中心とした広告業務

  • (株)北陸博報堂 本社

〒920-0919 金沢市南町4-1 金沢ニューグランドビル 北陸エリアを中心とした広告業務

    • 富山支社

〒930-0858 富山市牛島町18-7 アーバンプレイス 北陸エリアを中心とした広告業務

  • (株)静岡博報堂 本社

〒420-0858 静岡市葵区伝馬町8-6 トップセンタービル 静岡県を中心とした広告業務

    • 浜松営業所

〒430-0926 浜松市中区砂山町325-34 ニッセイ浜松駅前アネックス 静岡県を中心とした広告業務

  • (株)中国四国博報堂 広島本社

〒730-0051 広島市中区大手町3-7-5 広島パークビル 中国四国エリアを中心とした広告業務

    • 岡山支社

〒700-0826 岡山市北区磨屋町3-10 岡山ニューシティビル5F 中国四国エリアを中心とした広告業務

    • 高松支社

〒760-0026 香川県高松市磨屋町3-1 マニュライフプレイス高松 中国四国エリアを中心とした広告業務

    • 愛媛支社

〒790-0003 愛媛県松山市三番町6-3-4 松山パルビル 中国四国エリアを中心とした広告業務

  • (株)九州博報堂 本社

〒810-0001 福岡県福岡市中央区天神1-4-1 西日本新聞会館14F 九州エリアを中心とした広告業務

    • 東京支社

〒100-0006 東京都千代田区有楽町2-10-1 東京交通会館4F 九州エリアを中心とした広告業務

    • 北九州支社

〒802-0005 北九州市小倉北区堺町1-2-16 十八銀行第一生命共同ビル3F 九州エリアを中心とした広告業務

    • 筑豊支社

〒822-0015 直方市新町2-1-24 法務合同センター2F 九州エリアを中心とした広告業務

    • 大分支社

〒870-0034 大分市都町1-1-1 太陽生命大分ビル7F 九州エリアを中心とした広告業務

    • 長崎支社

〒850-0022 長崎市馬町24-2 西日本新聞長崎ビル5F 九州エリアを中心とした広告業務

    • 佐賀支社

〒840-0812 佐賀市愛敬町13-14-2F 九州エリアを中心とした広告業務

    • 熊本支社

〒860-0806 熊本市中央区花畑町9-24 住友生命熊本ビル3F 九州エリアを中心とした広告業務

    • 南九州ビジネスデザイン局第一ビジネスデザイン部

〒892-0846 鹿児島市加治屋町12-11 マックスビル7F 九州エリアを中心とした広告業務

    • 南九州ビジネスデザイン局第二ビジネスデザイン部

〒892-0846 鹿児島市山之口町3-31 九州エリアを中心とした広告業務

(株)アドスタッフ博報堂 〒900-0015 那覇市久茂地3-17-5 美栄橋ビル 沖縄県を中心とした広告業務

  • (株)博報堂マグネット

〒104-0061 東京都中央区銀座5-9-8 クロス銀座ビル9F ファッション・アクセサリー・コスメティック領域を対象とした広告業務

  • (株)博報堂メディカル

〒107-0052 東京都港区赤坂6-1-20 国際新赤坂ビル西館 8F 医療用医薬品業界を対象とした専門広告会社

  • (株)博報堂プロダクツ

〒135-8619 東京都江東区豊洲5-6-15 NBF豊洲ガーデンフロント 総合広告制作事業会社

    • 関西支社

〒530-8262 大阪市北区中之島2-2-7 中之島セントラルタワー 総合広告制作事業会社

    • 九州支社

〒812-0027 福岡市博多区下川端町2-1 博多リバレイン イーストサイト 総合広告制作事業会社

    • 名古屋支社

〒460-0008 名古屋市中区栄3-3-21 セントライズ栄 総合広告制作事業会社

  • (株)博報堂クリエイティブ・ヴォックス

〒107-0052 東京都港区赤坂3-13-16 ネット赤坂ビル 広告・宣伝の企画、立案、制作および実施

  • (株)博報堂コンサルティング

〒107-6319 東京都港区赤坂5-3-1 赤坂Bizタワー ブランド構築と事業変革に関する経営コンサルティング

  • 関西オフィス

〒530-8262 大阪市北区中之島2-2-7 中之島セントラルタワー ブランド構築と事業変革に関する経営コンサルティング

  • (株)HAKUHODO DESIGN

〒107-6319 東京都港区赤坂5-3-1 赤坂Bizタワー デザインを通じたブランドソリューションの提案

  • (株)博報堂ケトル

〒107-6322 東京都港区赤坂5-3-1 赤坂Bizタワー 広告・宣伝の企画、立案、制作および実施

  • (株)博報堂キャスティング&エンタテインメント

〒107-6319 東京都港区赤坂5-3-1 赤坂Bizタワー タレント・音楽・キャラクター・コンテンツのキャスティングならびにライセンス業務

  • (株)博報堂プラニングハウス

〒107-6319 東京都港区赤坂5-3-1 赤坂Bizタワー 革新的なプランニングを提供するマーケティング業務

  • (株)博報堂ダイレクト

〒107-6319 東京都港区赤坂5-3-1 赤坂Bizタワー ダイレクトマーケティング・CRM領域におけるコンサルティング、ECシステム開発・運用・支援業務

  • (株)博報堂アイ・スタジオ

〒100-0006 東京都千代田区有楽町1-10-1 有楽町ビルヂング インタラクティブ領域におけるクリエイティブ、デジタルマーケティング・CRMのプランニング、制作、運用、およびシステム開発業務

  • (株)ハッピーアワーズ博報堂

〒107-6319 東京都港区赤坂5-3-1 赤坂Bizタワー 「体験」を軸とした広告・プロモーションの企画および制作、実施業務

  • (株)博報堂マーケティングシステムズ

〒107-0052 東京都港区赤坂2-14-27 国際新赤坂ビル東館 16F 企業のマーケティング活動の基盤となる情報システムの設計、開発および活用支援

  • (株)H.M.マーケティングリサーチ

〒103-0016 東京都中央区日本橋小網町6-1 山万ビル 市場調査・分析及びコンサルティング業務

  • (株)H.M.マーケティングリサーチ 大阪支社

〒541-0042 大阪市中央区今橋2-4-10 大広今橋ビル 市場調査・分析及びコンサルティング業務

  • (株)バックスグループ

〒150-0013 東京都渋谷区恵比寿1-19-19 恵比寿ビジネスタワー14F 営業支援アウトソーシング事業、人材派遣事業

  • (株)オズマピーアール

〒102-8025 東京都千代田区紀尾井町3-23 文藝春秋新館 広報・PR領域における総合的コミュニケーション業務

    • 関西支社

〒541-0042 大阪市中央区今橋2-4-10 大広今橋ビル8F 広報・PR領域における総合的コミュニケーション業務

  • (株)KIDS DENTAL PARK

〒107-0052 東京都港区赤坂2-14-27 国際新赤坂ビル東館 歯科医院向け予防型の小児歯科導入支援サービス

  • (株)コスモ・コミュニケーションズ

〒107-0061 東京都港区北青山2-5-8 青山OM-SQUARE 4F ファッション・スポーツ・ライフスタイルマーケット領域を対象とした広告業務

  • (株)Spontena

〒107-0052 東京都港区赤坂2-14-27 国際新赤坂ビル東館 会話エンジンを利用したシステム開発とマーケティングサービス業務

  • (株)SIX

〒107-0062 東京都港区南青山6-3-16 A-FLAG美術館通り2F デジタルとマスを融合させた先進的コミュニケーションの提案及び実行

  • (株)VoiceVision

〒107-0052 東京都港区赤坂2-14-27 国際新赤坂ビル東館 生活者との共創によるブランディング及び商品・店頭プロモーション開発業務

  • アシュトン・コンサルティング (Ashton Consulting Ltd.)

〒105-0003 東京都港区西新橋3-16-11 愛宕イーストビル9F クロスボーダーの企業広報サービスを行うPR会社

  • (株)QUANTUM

〒105-0023 東京都港区芝浦1-13-10 第三東運ビル9F 未来のビジネスを連続的に生み出すスタートアップスタジオ

  • (株)wondertrunk & co.

〒150-0001 東京都渋谷区神宮前1-20-13 ディアテックビル3F 広告会社、PR会社、旅行会社のノウハウを併せ持つ、インバウンド領域専門会社

  • (株)ディー・ブレーン

〒107-0062 東京都港区南青山3-1-31 NBF南青山ビル10F ディスプレイ、インテリアおよび建設に関わる調査・企画、プロデュース、デザイン・設計、施工・管理(商業施設・文化施設・アミューズメント施設・サービス施設・新業態施設、その他)

  • (株)ジェーピーディーエイチ

〒107-0062 東京都港区南青山3-1-31 NBF南青山ビル4F ディスプレイ、インテリアおよび建設に関わる調査・企画、プロデュース、デザイン・設計、施工・管理(商業施設・文化施設・アミューズメント施設・サービス施設・新業態施設、その他)

  • (株)ホログラム

〒107-0062 東京都港区南青山3-1-31 NBF南青山ビル802 商業施設、店舗(物販、アパレル、飲食、サービス、環境等)、オフィス、建築リノベーション等の内外装デザイン、設計、設計監理、ディスプレイ及サイン計画、ブランディング等の企画、デザインディレクション、コーディネート

  • (株)スパイスボックス

〒106-0032 東京都港区六本木1-4-5 アークヒルズサウスタワー 17F WeWork内 デジタル領域のマーケティング・広告コミュニケーション業務

  • (株)クラフター

〒107-6101 東京都港区赤坂5-2-20 赤坂パークビル アニメーションコンテンツを活用したコミュニケーションコンサルティング及び制作業務

  • (株)SEEDATA

〒107-0052 東京都港区赤坂2-14-27 国際新赤坂ビル東館18F 先進的な生活者群(トライブ)に関するリサーチデータを活用したイノベーション創出支援業務

  • (株)中央アド新社

〒103-0027 東京都中央区日本橋1-2-5 栄太楼ビル9F 広告業務

  • (株)エッジ・インターナショナル

〒107-0052 東京都港区赤坂7-1-1 青山安田ビル2F IR領域を中心とする企業報告支援サービス業務

  • インキュデータ(株)

〒104-0061 東京都中央区銀座6-10-1 WeWork GINZA SIX データビジネスソリューションの開発・提供

  • iichi(株)

〒248-0012  神奈川県鎌倉市御成町5-42 日本の手仕事品、クラフト、アートなどの生活者間マーケットプレイス運営事業

  • (株)ブレインズワーク・アソシエイツ

〒150-0036 東京都渋谷区南平台町15-8 ウッディ南平台ビル 都市開発、地域開発、商業施設の開発に関する企画・立案業務

  • STORIES 合同会社

〒107-0052 東京都港区赤坂2-14-27 国際新赤坂ビル東館16F ハリウッドにおける日本原作の映画・テレビ番組の企画・プロデュース事業および国内外映画クリエイターによる広告事業

海外支社/子会社/営業所[編集]

  • Hakuhodo France S.A.S.(博報堂フランス)
  • Agence 154 S. A.(パリ)
    • TBWA\G1 S.A.S.(パリ)
  • Hakuhodo Deutschland GmbH.(博報堂ドイツ)
  • Head Office (Düsseldorf) / Frankfurt Office / Hamburg Office / Munich Office
  • HDD GmbH
  • Im Wehrhahn-Center Wehrhahn 33, 40211 Dusseldorf, GERMANY
  • Damm Agentur für Marketing und Kommunikation GmbH
  • Tequila Hakuhodo Ltd(博報堂ロンドン)
  • Group Nexus/H Ltd.
  • Multimedia House, Hill St.
  • Nexus/H UK Ltd. (Tunbridge Wells)
  • Media by Design (Tunbridge Wells)
  • Mustoes Ltd.
  • HLL (London)
  • Hakuhodo Inc., China Representative Office(中国駐在員事務所)
  • Shanghai Hakuhodo Advertising Co., Ltd.(上海博報堂)
  • Beijing Hakuhodo(北京博報堂)
  • Guangzhou Hakuhodo(広州博報堂)
  • Shanghai Advertising Ltd.(上海広告)
  • Branch Office : Beijing(北京)
  • Guangdong GDAD-Hakuhodo Advertising Co., Ltd.(広東省広博報堂広告)
  • Guangdong GDAD Delphys Hakuhodo Advertising Co., Ltd.(広東省広代思博報堂広告)
  • Beijing Delphys Hakuhodo Advertising Co., Ltd.(北京代思博報堂広告)
  • TBWA\HAKUHODO China (広州天博広告)
  • Hakuhodo Hong Kong Ltd.(博報堂香港)
  • Hakuhodo Inc., Asian Market Design Office (China)(博報堂グローバルMDセンター・アジアオフィス(中国))
  • Hakuho Communications Inc.(博報廣告)
  • Taiwan Hakuhodo Media Inc.(台湾博報堂媒体)
  • Hakuhodo Percept Pvt. Ltd.(博報堂パーセプト)Head Office (New Delhi)
  • Hakuhodo Percept Pvt. Ltd. Branch Office : New Delhi, Mumbai, Bangalore, Chennai
  • H&H Communications Pvt. Ltd. (New Delhi)
  • Percept/H Pvt. Ltd.(パーセプトH)Head Office (Mumbai)
  • Branch Office : New Delhi, Lucknow, Chennai, Bangalore,Pune, Baroda, Indore
  • Imageads Services Pvt. Ltd. (Mumbai)
  • AMO Communication Pvt. Ltd. (Mumbai)
  • Percept Swift Advertising Pvt. Ltd. (Indore)
  • P.T. Hakuhodo Indonesia(博報堂インドネシア)
  • Hakuhodo Cheil Inc.(博報堂チェイル【博報堂韓国】)
  • comON21 Co., Ltd.
  • Hakuhodo Malaysia Sdn. Bhd.(博報堂マレーシア)
  • People'n Rich-H Sdn. Bhd.
  • Hakuhodo Singapore Pte. Ltd.(博報堂シンガポール)
  • Thai Hakuhodo Co., Ltd.(タイ博報堂)
  • Hakuhodo(Bangkok)Co., Ltd.(博報堂バンコク)
  • Media Intelligence Co., Ltd.
  • Foresight Research Co., Ltd.
  • Delphys Hakuhodo(Thailand)Co., Ltd.
  • Hakuhodo & Saigon AdvertisingBS「 Co., Ltd.(博報堂SAC)
  • Inpress Advertising FZ-LLC
  • Percept Gulf FZ-LLC (subsidiary of Percept/H Pvt. Ltd.)
  • Mendelsohn | Zien Advertising LLC
  • MJW Hakuhodo Pty. Ltd. Head Office (豪州博報堂)(Sydney)
  • MJW Hakuhodo Pty. Ltd. Branch Office: Melbourne
  • Mountain Studios Pty. Ltd. (Sydney)
  • MJW Advertising Brisbane Pty. Ltd. (Brisbane)

博報堂出身の著名人[編集]

博報堂出身のクリエイター[編集]

  • 大貫卓也(アートディレクター)
  • 鈴木聡(脚本家・演出家/コピーライター)
  • 佐藤可士和(アートディレクター)
  • 前田知巳(コピーライター)
  • 箭内道彦(クリエイティブディレクター/風とロック 代表)
  • 佐野研二郎(アートディレクター)
  • 森本千絵 (グラフィックデザイナー/アートディレクター)

脚注[編集]

[脚注の使い方]
  1. ^ a b c d e f 株式会社博報堂 第141期決算公告
  2. ^ 築80年 解体中の旧本館 博報堂が復元を検討 中日新聞(CHUNICHI Web) 2010年4月7日
  3. ^ 住友商事ニュースリリース[1]
  4. ^ 電通広告賞受賞歴
  5. ^ 博報堂カンヌ広告祭2011年受賞数
  6. ^ 石川 三郎. 裏から見た広告業界. ISBN 4753916553 
  7. ^ 広告1100万通を低料金発送 博報堂、ウイルコに委託 西日本新聞 2008年11月8日
  8. ^ 大阪地方検察庁による当社子会社執行役員に対する郵便法違反による起訴処分と、今後の対応につきまして」博報堂広報室 2009年5月6日
  9. ^ 博報堂雇い止め訴訟 元嘱託社員の女性が勝訴 福岡地裁 毎日新聞 2020年3月17日

関連項目[編集]

外部リンク[編集]