樋口可南子

出典: フリー百科事典『ウィキペディア(Wikipedia)』
移動先: 案内検索
この項目に含まれる文字は、オペレーティングシステムブラウザなどの環境により表示が異なります。
ひぐち かなこ
樋口 可南子
本名 糸井 可南子
生年月日 1958年12月13日(57歳)
出生地 日本の旗 日本新潟県加茂市
身長 165cm
血液型 B型
職業 女優
ジャンル 映画テレビドラマ
活動期間 1978年 -
配偶者 糸井重里
主な作品
テレビドラマ
ロマンス
ディロン〜運命の犬』シリーズ
篤姫
おひさま

映画
戒厳令の夜

ベッドタイムアイズ
四万十川
女殺油地獄
阿弥陀堂だより

CM
ソフトバンクモバイル白戸家シリーズ)

樋口 可南子(ひぐち かなこ、1958年12月13日 - )は、日本女優。戸籍名は糸井 可南子(いとい かなこ)、旧姓は樋口。

新潟県加茂市出身。ユマニテ所属。新潟県立加茂高等学校女子美術大学(中退)。夫は糸井重里

来歴・人物[編集]

1978年、女子美術大学1年在学時に、銀座のあんみつ屋でアルバイトをしているところをスカウトされたという設定で、20歳の時に『ポーラテレビ小説こおろぎ橋』で主演デビューする。その後、大学を中退する。

1980年に『戒厳令の夜』で映画に初出演し、ゴールデン・アロー賞の新人賞を受賞した。その後、1983年には谷崎潤一郎原作の映画『卍』でのレズビアン役、1987年山田詠美原作の映画『ベッドタイムアイズ』での大胆な濡れ場シーンなどで話題をさらった。テレビドラマでも山田太一脚本のフジテレビ『早春スケッチブック』やNHKの連続テレビ小説ロマンス』に出演した。

1991年には篠山紀信撮影の写真集『Water Fruit 不測の事態』がベストセラーになる。この写真集が事実上、日本でヘアヌードを解禁させるきっかけとなった。

1993年糸井重里と結婚した。

2000年代は『阿弥陀堂だより』『明日の記憶』などに出演し、再び注目を集めた。

2007年よりソフトバンクモバイルのCM(「白戸家」シリーズ)で母親役を務めている。

愛犬はブイヨン[1]

おもな出演作[編集]

映画[編集]

テレビドラマ[編集]

NHK

日本テレビ

TBS

フジテレビ

関西テレビ

  • 女優競演サスペンス
    • 「タフガイが死んだ日」(1987年)
    • 女と男」(1987年)

テレビ朝日

朝日放送

テレビ東京

ラジオドラマ[編集]

CM[編集]

PV[編集]

写真集[編集]

  • 贅沢な時間〈撮影・篠山紀信 写楽館シリーズ3〉(1981年)
    • 1986年には「激写文庫」、2006年には「小学館アーカイヴスベスト・ライブラリー 名作写真館」にて復刻。
  • water fruit 篠山紀信+樋口可南子 accidents 1 不測の事態(1991年)

受賞歴[編集]

エピソード[編集]

  • 中学生時代は計算尺のクラブに所属し、中学3年生時に計算の速さを競う大会で優勝した[3]

脚注[編集]

  1. ^ 樋口可南子さんとブイヨンの日々。ほぼ日刊イトイ新聞 2009年9月11日閲覧
  2. ^ “樋口可南子、ブリュッセル国際映画祭で最優秀女優賞を受賞”. ORICON STYLE (株式会社oricon ME). (2015年11月25日). http://www.oricon.co.jp/news/2062868/full/ 2015年11月25日閲覧。 
  3. ^ NHK総合『あさイチ』2011年6月10日放送

外部リンク[編集]