水野久美

出典: フリー百科事典『ウィキペディア(Wikipedia)』
Jump to navigation Jump to search
みずの くみ
水野 久美
本名 五十嵐 麻耶
生年月日 (1937-01-01) 1937年1月1日(81歳)
出生地 日本の旗 新潟県三条市
血液型 A
ジャンル 女優
活動期間 1957年 - 現在
活動内容 映画、テレビドラマ、舞台
配偶者 五十嵐通夫(1973 ‐ 1999年、死別)
著名な家族 水野純一(長男)
事務所 オフィスPSC
主な作品
映画
『気違い部落』(1957年)
怪獣大戦争』(1965年)
テレビドラマ
気になる嫁さん』(1971年 - 1972年)
妻の定年』(1983年)
備考
身長:158cm 体重:48kg

水野 久美(みずの くみ、1937年1月1日 - )は、日本の女優。本名は五十嵐 麻耶。

来歴・人物[編集]

新潟県三条市出身。新潟県立三条東高等学校卒業。高校在学中には演劇部に所属して、発表会では3年連続でヒロイン役を演じたほかに、ティーンエイジャー向け雑誌・ジュニアそれいゆ主催によるミス・ジュニアそれいゆで1位に選出された。実家は、写真館を経営。

1957年松竹映画『気違い部落』でデビュー。ジャイアント馬場とは同郷で上京前からの友人であり、下積み時代に同じアパートに住んでいたことがある。1958年東宝に入社。1959年劇団俳優座養成所を第8期生として卒業。

まだ、海外渡航自由化の前だった1960年、同7月27日から8月2日まで開催されたカラカス東宝映画祭のため、南米ベネズエラを訪れている。続いて、アメリカ・ロサンゼルスで同8月5日に開館した東宝ラブレア劇場の開館式にも出席した。

1963年、東宝を退社してフリーとなる。以降、映画を始め、テレビドラマ、舞台など多数に出演。妖艶な美貌から「和製フランソワーズ・アルヌール」と呼ばれていた[1]

1960年代は、特に妖艶なヴァンプ役として東宝特撮映画に多く出演、熱烈なファンは現在も多く、近年も海外からファンレターが送られてくるという。1998年には『怪獣大戦争』で演じた「X星人」のフィギュアが発売されている。『徹子の部屋』出演時にこのことに触れ、「私、昔火星人演ったことあるんです」などとコメントしていた。

2002年の『フランケンシュタインの怪獣 サンダ対ガイラ』DVD発売時においてオーディオコメンタリーに出演し、「また特撮映画に出演したい」と発言したことから、2002年の『ゴジラ×メカゴジラ』に出演。2004年の『ゴジラ FINAL WARS』においては『怪獣大戦争』と同じ名の波川玲子役で出演した。

私生活では、1964年に俳優の山本學と結婚するが後に離婚。1973年C.A.Lプロデューサー五十嵐通夫と再婚した(1999年に死別)。五十嵐との長男(一人息子)は元俳優(現・司会業)の水野純一。純一とは『ゴジラ×メカゴジラ』に親子で出演している。

2012年、初の自伝『女優 水野久美 怪獣・アクション・メロドラマの妖星』(樋口尚文との共著 / 洋泉社)を刊行、これを記念して銀座シネパトスで「水野久美映画祭」が開催される。

2017年、第72回毎日映画コンクール田中絹代賞を受賞

息子夫婦と同居していて、孫が一人いる。

所属事務所経歴[編集]

高瀬プロダクション(現在は廃業)を経てオフィスPSCに所属。

出演[編集]

映画[編集]

テレビドラマ[編集]

舞台[編集]

バラエティー・教養番組[編集]

他多数

吹き替え[編集]

その他[編集]

脚注[編集]

[ヘルプ]
  1. ^ 切通理作本多猪四郎 無冠の巨匠』洋泉社 2014。本書の402pに『マタンゴ』の劇場パンフレットに水野を「日本のアルヌール」と紹介した文があると記載。

参考文献[編集]

中村深海/著『永遠の東宝映画俳優』水野久美インタビュー くまがい書房、2014年

外部リンク[編集]