大空眞弓

出典: フリー百科事典『ウィキペディア(Wikipedia)』
移動先: 案内検索
おおぞら まゆみ
大空 眞弓
大空 眞弓
本名 中田佐智子
生年月日 (1940-03-10) 1940年3月10日(77歳)
出生地 日本の旗 日本東京市赤坂区(現在の東京都港区[1]
血液型 AB型
職業 女優
ジャンル 映画・テレビドラマ・舞台
活動期間 1958年 -
配偶者 勝呂誉(元夫)[1]
主な作品
テレビドラマ
愛と死をみつめて[1]<1964年版>
ありがとう
春日局
受賞
第15回菊田一夫演劇賞

大空 眞弓(おおぞら まゆみ、本名;中田 佐智子1940年3月10日[1] - )は、日本女優東京都港区生まれ。オフィスのいり所属。千代田区立九段小学校、白百合学園中学校・高等学校卒業。東洋音楽短期大学中退。

来歴[編集]

東京市赤坂区生まれ。父親は沖縄県、母親は広島県の出身[2]目黒深川に転居後、1歳半の時、父親が貿易会社に就職したため中国北京に一家で渡る。終戦間際に帰国し母親の郷里・広島に住む。1945年、5歳の夏、同県佐伯郡五日市町原爆に遭遇。爆心地が遠かったため、その時は誰も症状は出なかったが、姉は20代後半に白血病で亡くなっている。終戦後、父親が大分県別府市で家具の製造会社を始めたため転居、その後父親が北京時代の人脈を活かし東京で貿易会社を興したため小学校2年の時、一家で東京に戻り九段に落ち着く[3]。なお、小学校の同級生に岸田森がいる。

東洋音楽短期大学声楽科在学中、母・安重と共に歌舞伎を観に行った帰りに歌舞伎座の前でスカウトされ、大学を中退して1958年に新東宝に入社し、映画『坊ちゃん社員』でデビュー。その後、東京映画に移籍、喜劇『駅前シリーズ』などに出演[1]

1964年、『愛と死をみつめて』が大ヒット。不治の病に冒される主人公・大島みち子役を演じ、お茶の間の人気を不動のものとした[1]。なお、この作品を石井ふく子がプロデュースした関係から、以降、石井が関わる作品にはたびたび出演した。

初舞台は1962年の『黒蜥蜴』。1990年には『人生は、ガタコト列車に乗って……』で第15回菊田一夫演劇賞を受賞。その後も主にテレビドラマ・舞台を中心に活躍を続けている。俳優の勝呂誉と結婚し1児をもうけたが、後に離婚[1]した。

エピソード[編集]

  • 大島みち子役で女優として売れ始めた頃、父親の出身地である沖縄県平良市宮古島)の小学校ピアノがなかったことから、自費で購入し寄贈。話題となった。
  • 1959年(昭和34年)3月2日から6日まで開催された「ベルリン日本映画芸術の日」と3月6日から11日まで開催された「ミュンヘン日本映画見本市」に出席のため、3月1日、山梨稔(新東宝専務)、池広利夫大映営業渉外部長)や芦川いづみ日活)、大川恵子東映)、小山明子松竹)、司葉子東宝)、若尾文子(大映)ら他の映画会社各社代表女優たちと共に新東宝代表女優としてドイツへ出発。
  • サバサバとした性格の持ち主で、元夫の勝呂誉が再婚した際の結婚式にも自ら出席した。新郎側友人としてスピーチも行い、「過去の私と勝呂さんとの結婚は何かの間違いでした。私のことなんか忘れてどうぞお幸せに!」と祝辞を述べて、新郎新婦や出席者の爆笑を誘った。
  • 2003年にゲスト出演した『徹子の部屋』で初めてに罹患していることを公表。毎年9月頃に数日はスケジュールを完全にオフにして、癌検診を受けているという。過去に数回腫瘍が発見されたが、いずれも良性であったため簡単な摘出手術で済んだ、と以前出演した『最終警告!たけしの本当は怖い家庭の医学』で述べている[1]
  • レオナルド・ダ・ヴィンチが描いた「モナ・リザ」の骨格を分析し、そこからモナ・リザの声を作り出すと(日本人だと)大空眞弓の声に似ている、という記事が以前、小学館から発行されていた雑誌「ポプコム」に掲載されたことがある。
  • 石坂浩二は親友でもあり、芸名の名付け親でもある。
  • サザンオールスターズのファンであり、桑田佳祐と親交がある。
  • 元俳優の長男はドラマ『ツインズ教師』(テレビ朝日)などに出演していたこともあったが、その後はフリーター生活をし、生活費は大空が援助していた。2002年に長男が覚醒剤取締法違反で起訴された裁判では弁護側の情状証人として出廷し、以前から覚醒剤使用を知っていたが「親として認めたくなかった」、警察に通報した理由は「自分が通報すれば自首扱いになって罪が軽くなると思った」と述べた。また長男が保釈中に覚醒剤を所持していたことを再度通報したことについては「地方公演中で息子が目の前におらず、息子の命にかかわる事件が起きたらと不安になり、警察に保護をお願いしました」「母としての役目を果たせず、本人につらい思いをさせてしまった」と述べた[4]。その後長男は大空と同居していたが、執行猶予中の2003年10月にみたび覚醒剤を使用し4年半の治療の後に逮捕された。大空は会見で謝罪し「もういっぺん産みなおしたい」と述べる一方で、長男の症状については「何がどうだったか未だに分からない」と述べるなど不可解さを残した[5][6]
  • 歌手の仲宗根美樹は父兄弟の娘であり、いとこの関係に当たる[7]。また、同じ東洋音楽学校出身である。
  • 父の出生名は國場功三であったが、中田家に養子に入ったため、中田匡彦と改名した。

出演[編集]

映画[編集]

テレビドラマ[編集]

舞台[編集]

バラエティ番組[編集]

他多数

ディスコグラフィ[編集]

シングル[編集]

  1. 哀愁のまりも(1958年、NP-1002)
    (c/w 白い小さなあのホテル)※歌唱:高島忠夫
  2. くゎでぃさの木の下で(1971年、AS-1101)
    • 作詞:佐藤信一郎 / 作曲:松井八郎 / 編曲:松井八郎
    (c/w てぃんさぐの花)
  3. 愛してるかい(1979年、GK-287)※共演:若原一郎
    (c/w 愛のハーモニー)※共演:若原一郎

著書[編集]

  • 『私の素肌革命-純金バイオで、しみなし、しわなし、いきいき人生』(海竜社・1987年)
  • 『大空真弓、「多重がん」撃退中!』(宝島社・2005年)

[編集]

  1. ^ a b c d e f g h 別冊宝島2551『日本の女優 100人』p.57.
  2. ^ 徹子の部屋 2010年1月21日放送
  3. ^ 『日本映画俳優全集・女優編』(キネマ旬報、1980年、p.136)
    自著『大空真弓「多重がん」撃退中!』(宝島社、2005年、p.134-141)
    自著『私の素肌革命』(海竜社、1987年、p.86-90)
    佐賀のがばいばあちゃんのプロモーションで大空眞弓さんが来広
  4. ^ zakzak2002年3月29日
  5. ^ zakzak2008年4月11日
  6. ^ zakzak2008年4月14日
  7. ^ 国場家家系図”. 國場家のホームページ. 2014年9月14日閲覧。

関連項目[編集]

外部リンク[編集]