南野陽子

半保護されたページ
出典: フリー百科事典『ウィキペディア(Wikipedia)』

みなみの ようこ
南野 陽子
南野 陽子
2023年1月、外務省にて
生年月日 (1967-06-23) 1967年6月23日(56歳)
出生地 日本の旗 日本兵庫県
身長 161.8 cm
血液型 B型
職業 女優歌手アイドル
ジャンル テレビドラマ映画舞台アイドル歌謡J-POP
活動期間 1984年 -
配偶者 一般男性(2011年3月 - 2023年11月)
事務所 エスワン・カンパニー
サザンフィールド(個人事務所)→
ケイダッシュ
サザンフィールド
公式サイト 南野陽子オフィシャルHP
 
受賞
日本アカデミー賞
第11回 新人俳優賞『スケバン刑事
第16回 優秀主演女優賞『寒椿[1]『私を抱いて、そしてキスして』
その他の賞

第42回毎日映画コンクール スポニチグランプリ新人賞(1987年)[2]
ゴールデン・アロー賞 グラフ賞(1987年)[2]

エランドール賞 新人賞(1988年)[2]
テンプレートを表示

南野 陽子(みなみの ようこ、1967年6月23日[2][3] - )は、日本女優[4]歌手。愛称はナンノ[注 1][注 2]兵庫県伊丹市出身[2]。1999年から2022年末までケイダッシュ所属[6]。現在の所属は個人事務所サザンフィールド

略歴

歌手デビューまで

兵庫県伊丹市出身。尼崎市立塚口小学校伊丹市立伊丹小学校を経て神戸市私立松蔭女子学院へ入学[7]。同校在学中、友人と大阪の公開番組を観覧したときスカウトされる[注 3]。両親から猛反対を受けるが、「私の人生なんだから、私が決める」と芸能界入りを決意[8][9]。衣替えしていたのを見た母親は娘が家出すると勘違いし学校に相談。教師が「南野が歌手になるらしい」と他の生徒に発表して級友からお別れのカードを贈られるなどあとにひけない状況になったため、やむなく上京したという[10]

高校2年生の夏に上京し、CBSソニーのオーディションを受ける。堀越高等学校に3学期から編入した。1984年秋、ドラマ『名門私立女子高校』(日本テレビ系)で芸能界デビュー[1]

18歳の誕生日である1985年6月23日に「純だね、陽子」「可憐だね、陽子」のキャッチフレーズのもと、CBSソニーから「恥ずかしすぎて」で歌手デビュー[1][11]。この時講談社週刊少年マガジン[12]で表紙を、「DELUXEマガジン[13]でいきなり36ページの巻頭ページを飾る。

1985年8月:日生劇場「リトルウィミン-若草物語」で舞台デビュー。

スケバン刑事シリーズでブレイク

1985年11月:フジテレビ系ドラマ『スケバン刑事II 少女鉄仮面伝説』で主人公の2代目・麻宮サキ役を演じる。アイドルが孤独と戦いながらハードアクションに挑むという過去に例を見ない設定は、小さい子供からハイティーンまで熱烈なファン層を生み[14][15]、一躍トップアイドルの座を獲得[1][16]。「おまんら、許さんぜよ!」の決め台詞も流行した[17]。1986年3月発売の写真集『陽子をひとりじめ……』は、それまで最高に売れたと言われる薬師丸ひろ子の記録を抜き[18]、女性アイドルの写真集の発行部数でトップとなる。出演ドラマ・CMもヒットし、「10代の女神」と称されるなど当時のティーンエイジャー層に絶対的な人気を誇った[19]

デビュー時からニッポン放送でラジオ番組「南野陽子 落書きだらけのクロッキー・ブック」でパーソナリティを務め、1986年10月2日からニッポン放送の『南野陽子 ナンノこれしきっ!』開始。1990年6月24日に終了。当時ニッポン放送で2番目にハガキの多かった番組の3倍のハガキが届く[20]伝説の番組となった。アイドル番組史上最も人気のあったラジオ番組のひとつとされ[21]、ドラマや歌番組では伝わらない素顔や魅力を、ラジオが最大限に引き出すことを証明した[1][22]

トップアイドル時代

1987年:2月、映画『スケバン刑事』主演。主題歌の『楽園のDoor』で初のオリコンチャート第1位を獲得[1]。ドラマ、映画、レコード、写真集とヒット作を連発し、「カリスマアイドル」[23]「ナンバーワン・アイドル」[24]と称される活躍を示す。

1987年にリリースされた『楽園のDoor』『話しかけたかった』『パンドラの恋人』『秋のIndication』の4作全てで週間チャート1位を獲得し、この年の日本レコードセールス大賞アーティスト別年間シングルセールスで1位を獲得[25]

その後も『はいからさんが通る』『吐息でネット。』『あなたを愛したい』『秋からも、そばにいて』などヒット曲を連発[1]

8曲連続オリコン1位を記録(間をおいて「フィルムの向こう側」で1位を獲得。計9曲)[注 4]。1987年2月から1990年2月までの3年間で、1位を最も多く獲得した歌手となった[26]

曲と同名映画『はいからさんが通る』では、主演・南野の衣装が評判を呼び、卒業式成人式女子大正ロマン風にを履くスタイルが広まった[27][28][29][注 5]

1988年NHK大河ドラマ武田信玄』に出演。1人2役を演じる。初回視聴率42.5%と歴代大河ドラマ初回視聴率の最高記録を塗り替え、"ナンノ現象"と呼ばれた[30]。この頃ハードスケジュールから腎盂腎炎を発症し13日間入院[31]。仕事は続けていたため病院からテレビ局に通い、当時のヒット曲『吐息でネット。』を歌った[32]カネボウ化粧品の春のキャンペーンガールに起用され、CMソングとなった同曲は、自身最大のセールスを記録する代表曲となる。3月リリースのベスト・アルバムNANNO Singles』はオリコンアルバムチャートで2週連続1位、4月のマンスリーチャートでもアルバム・LPカセットCDの四部門全てでトップと四冠を達成する[33]

またフジカラーONKYOグリコ富士通JR西日本などCF出演クライアント数11社、関連商品数15件と、多数の企業のイメージキャラクターに起用されCMに出演[34]

この年のフジテレビ系ドラマ『熱っぽいの!』『追いかけたいの!』の二作品に主演し、コミカルで愛らしいキャラクターを演じた[35]。当時の『ザテレビジョン』誌上のランキング人気投票では人気タレントやトップアイドルの名前が並ぶ中、俳優部門・歌手部門の両方で1位を獲得している[36][注 6]。全投票合計数でも、1987年から1990年まで4年連続で、女性タレントでトップであった[37]

ブロマイド年間売上成績でも第1位を獲得[1]。また同年グレナダが発行する『世界のスター切手』にティナ・ターナーマドンナエルトン・ジョンブルース・スプリングスティーンと共に、日本のスターとして切手の題材となる[38]

1989年:7月リリースのスタジオ・アルバムGAUCHE』がオリコンアルバムチャート1位を獲得[39]。8月、日本テレビ系列『24時間テレビ』のチャリティー・パーソナリティを務める[注 7]カンボジアを取材し学校や病院、孤児院を訪問。現地の子供たちと交流した様子をリポート。同国への小児病院建設のための募金を呼び掛けた[40]。また、自身の楽曲「思いのままに」が番組のメイン・テーマ曲として使われた。12月、フジテレビ系ドラマ『あいつがトラブル』主演。

同年、当時の所属事務所エスワン・カンパニーから独立、個人事務所サザンフィールド設立、歌手活動はビーイングと業務提携した。

80年代後半に最も活躍した女性アイドル4人(南野、中山美穂浅香唯工藤静香)は当時アイドル四天王と呼ばれていた[41][21][42][注 8]

別冊宝島の調査によると、1980年代のシングル総売上は年間ベスト50位以内に限っても232.2万枚と当時の女性アイドル中6位。年間ベスト50位以内ランクイン曲数も10曲と当時の女性アイドルでは中森明菜松田聖子に次ぐ3位[注 9]であった[43]

女優として

90年代以降は主に女優業を中心に活動。舞台を含め250作以上の作品に出演している。

1990年ウィーン・オーパンバルデビュタントとして、社交界デビュー[44]

1992年:歌手活動休止。女優業に専念。映画『寒椿』、映画『私を抱いてそしてキスして』主演。日本アカデミー賞主演女優賞を受賞。

1995年3月:帝国劇場で公演された舞台『ゆずり葉の井戸』に出演。以後、舞台出演は年1本ペースで女優として活動の幅を広げる。

1999年ケイダッシュへ移籍する。

2005年:歌手デビュー20周年で、ソニー・ミュージックエンタテインメントより6月22日全アルバムを収納したCD-BOX『南野陽子 ナンノ・ボックス』9月28日『ナンノ・DVDボックス』、ポニーキャニオンより7月27日「はいからさんが通る/吐息でネット」をセルフカバー・マキシシングルとして発売。

2006年:芸能生活20周年企画として、自身のドラマ・歌手・映画・舞台の各シーンを再現したフィギュア「NANNO FIGURE」を発売。同年12月、第2弾としてグラビア編も登場。

2006年10月2日ニッポン放送のラジオ番組『南野陽子 今日はナンノ日っ!』がスタート。十数年のブランクを経てラジオ番組のパーソナリティを5年間にわたり務めた。

2007年4月4日フジテレビ系『森田一義アワー 笑っていいとも!』の水曜日レギュラーとなった。

2008年4月3日:笑っていいとも木曜日レギュラーへ移動し、2009年10月1日まで2年6か月間出演した。
9歳から住んでいた兵庫県伊丹市から、同市をPRする「伊丹大使」の委嘱を受けた[45][46][47]

2008年12月:テレビショッピング専門チャンネルQVCにて、女優の普段着をコンセプトにした本人企画・デザインのブランド「Actress Princess」を立ち上げる。

2010年4月:NHKEテレ「芸能百花繚乱」進行役就任。2013年4月からは、番組リニューアルにより「にっぽんの芸能」全体の司会進行をNHKアナウンサーの古谷敏郎と共に務める。[48]

2010年11月:『ナンノ・アニバーサリー25th』、2011年2月『ReFined-Songs Collection 〜NANNO 25th Anniversary』リリース。

2011年3月:知人を介して焼肉店で知り合っていた4歳年下の会社経営者の男性[注 10]と結婚。報告会見で自身も晩婚と認めていたことと代表作がスケバンであったことから「スケバン(晩)婚」とギャグを行った[49]

2012年6月13日:森口博子西村知美とのユニットを結成。(「Blooming Girls」として「Knock!! Knock!! Knock!!」でCD発売。)

2013年8月:公式ファンクラブ「Nanno Club」会報100号(通巻101号)で9月30日付でファンクラブ活動終了を発表。9月2日Facebook南野陽子公式ページ「Nanno Club part3」開設。

2015年12月9日: 歌手デビュー30周年記念盤として、『ゴールデン☆アイドル 南野陽子 30th Anniversary』をリリース[50]

2016年2月:約25年振りとなるソロコンサート「~南野陽子デビュー30周年記念コンサート~NANNO 30th ANNIVERSARY」を大阪・東京で、計6公演開催[51][52]。同年6月26日:デビュー30周年記念コンサートの追加公演「〜南野陽子デビュー30周年記念コンサート〜NANNO 31st ANNIVERSARY〜シンデレラ城への長い道のり〜」を舞浜アンフィシアターにて開催。

2018年:NHK大河ドラマ西郷どん』に出演。

2020年:TBS『半沢直樹』に出演。

2023年:カンボジア親善大使に任命される[53]

2023年11月27日:夫と離婚したことを発表[54][55]。南野は「お互いに今向き合うべきことから目を背けることなく、今後の人生を歩んでいきたいと思います」とコメントしている[55]

人物

人柄

  • アイドル時代、ロケ先などで缶飲料はそのまま口を付けては飲まずに、缶にストローを刺して飲む独特のスタイルで知られた[56][57]
  • 小学6年生当時の自身の将来の夢は、イラストレーター中国語通訳社長秘書。高校生時代にスカウトされるまで、芸能界への興味はあまり無かったという[58]
  • 仕事などから帰宅してすぐに、必ず5分は、自宅の清掃を行うという[59]。これは、オンとオフを切り替えるための儀式のようなものであるという[59]
  • 美肌女優の評判がある南野[59] ではあるが、仕事時のメイクの9割以上は自分でこなしているという[59]
  • 南野の愛称は「ナンノ」であるが、実はそれこそが一族本来の名字の読みだったことがNHKのファミリーヒストリー(2023年6月2日放送)で判明した[60]

親族・交友関係

  • 南野の父方の先祖は明治の頃、兵庫県前坂村(現・西脇市黒田庄町前坂)で農業馬喰を生業としていた[60][61]。南野は2011年に母を亡くし[62]、兵庫県の実家に、一人残された父は気分が沈みがちになったため、心配した南野は東京の自宅に父を呼び寄せ、一緒に生活をしていたが、2022年に父も亡くなった[63]
  • 本田美奈子.とは芸能界で最大の親友であり、CMで共演した。また、岡田有希子とも仲が良かった。二名とも南野の堀越高等学校在校時のクラスメートである。堀越高校のクラスメートには他に倉沢淳美桑田靖子柴田くに子セブンティーンクラブ)、田中久美長山洋子松尾久美子松本友里宮崎萬純などが居る[64]
  • 松本典子が南野のコンサート[65]を観に行った際に関係者の紹介で楽屋へ訪問したところ、南野の方から「電話番号おしえてください」と声をかけられ、同じレコード会社で考えも似ているところがあることから交友が深まったという[66]。松本はその後南野のラジオ番組に出演しその際のエピソードを披露している[67]。また南野が病気で倒れた際は、南野に代わり『ナンノこれしきっ!』の代理パーソナリティを務めた[68]

逸話

マガジンガール
上京して堀越学園に転校したが、売れっ子は学校に来れないが南野は毎日通っていたため、「南野、仕事無いのか?」と心配される程だった。そのため学校のアイドル友達に仕事の種類や請け方を聞いて、自らテレビ局や雑誌社へ売り込みに回っていた[69]。マスコミ関係者に会うたび「お仕事ください」と言っていたという[70]。そのような中、『週刊少年マガジン』兄弟誌の『DELUXEマガジン』で4ページの特集記事が決まる[71]。喜んで撮影に出かけたが、高校生ながら完璧にメイクされた不自然な自分の顔に違和感があり、化粧室で黙ってメイクを落とした。雑誌に掲載されたその時の写真は酷い出来になっていた。リベンジのため再度編集部を訪問して自分の思いや要望を伝えたところ、今度は『マガジンガール』[注 11]として20ページの特集が決まった[69]。南野は「ビートたけしさんより先に講談社へ乗り込んだ」と語っている[72]。カメラテストの際、カメラマンの野村誠一が表情の乏しさを指摘していたことから反省し、菊池桃子斉藤由貴川島なお美などのトップアイドルや女優の写真を見て表情の研究をして撮影に臨んだ。その甲斐もあり、20ページの予定が36ページの特集となった[69]。こうしたマガジンガールとしての活躍が業界関係者に注目され、『スケバン刑事』への起用に繋がっていく[73]
スケバン刑事
スケバン刑事II』でアクションをこなし、土佐弁訛りを交えた決まり文句「鉄仮面に顔を奪われ十と七とせ、生まれの証しさえ立たんこのあてぇが何の因果かマッポの手先。二代目スケバン刑事(デカ)麻宮サキ。おまんら許さんぜよ!」は子供達の「ごっこ遊び」に反映され、若者の間でも流行した。しかし運動が極度に苦手で、アクションシーンの撮影に苦労する。例えば腕立て伏せができなかったため、ワイヤーで腰を上から吊ってもらったり、リンゴの中身をくり抜いて握りつぶしたりなどが挙げられる[74]。助監督の武田秀雄は、「(南野が)初めてでんぐり返しをできるようになった時は、スタッフ全員で拍手したんですよ」と語っている[75]
劇場版スケバン刑事では撮影前に監督の田中秀夫に「何でも自分でやらせて下さい」と直訴し、体調の問題で2カットだけスタントマンを使った以外は南野本人が全てこなしたが、それでも吹き替えを使ったことに関しては非常に悔しがったという[76]。殺陣師の岡田勝は、テレビシリーズの撮影前に大野剣友会の道場で特訓した際は、前転も腕立て伏せもできなかった頃の南野とは別人のように成長したと語り、南野や初代仮面ライダー藤岡弘のようなガッツや根性のある役者は必ず成功すると語っている[77]
劇場版での麻宮サキヘリコプターに乗った敵との戦闘・爆破シーンの撮影は昭和の特撮テレビ番組で恒例の採石場(寄居,大英鉱業)で行われた。「アクション映画には弾着や爆発はつきものだから、と割り切ってやりましたけど、はっきりいってあんなこわいものはありませんね。坂上忍さんのように50発も火薬を体につけられなかっただけ、しあわせでした」と撮影時の苦労を振り返った[78]
ナンノこれしき
1987年ニッポン放送のイメージキャラクターに選ばれ、デーモン小暮と歌う「まかせてチョンマゲニッポン放送」のジングルがこの年使用された。自身のラジオ番組『南野陽子 ナンノこれしきっ!』はそれまで聴取率の低かった日曜深夜という時間帯ながら、ハガキやプレゼントの量はトップを独走する人気番組となった[79]
  • 『ナンノこれしきっ!』で南野のモーニングコールが録音された「ナンノで起きろカセット」のプレゼント企画をしたところ、それまで最大だったチェッカーズの10万枚を上回る、ニッポン放送史上最大の15万通のハガキの応募が集まった[80]。また、上記の企画で集まった大量の応募ハガキを、雑誌のカメラマンが「上に投げてみて」とリクエストしたところ、南野は「リスナーが書いてくれた大切なハガキを投げるなんて、できません」とはっきり断った。番組ディレクターの松島宏は、南野を「ファンの気持ちをとても大切にする人」であると語っている[81]
  • 「好きなヒーロー、テレビ番組は『超人バロム1』」と公言し、『ナンノこれしきっ!』内でもしばしば話題に取り上げていた[82]。また、TBSで放送されていた『テレビ探偵団』において、子供の頃好きだった番組は「北斗と南が2人で変身するまでの『ウルトラマンA』」と答え、「2人で変身してこそエース」と発言している。
歌番組
  • 新曲を発売する度に歌番組で着用する衣装を自らデザインしていたが、先輩の中森明菜からは大きな影響を受けていたという[83]。衣装の自作は自分の個性を出すためであると同時に、ファンが真似て着てもいいようにと、派手にならず価格も安くあげていたという[84][注 12]。振付は多忙でレッスンを受ける時間が無かったため、移動中の車の中で自ら考案していた。当時は毎日が紅白歌合戦のようだったと述懐している[85]。『ザ・ベストテン』のプロデューサー・山田修爾は、年一回、年末に『ザ・ベストテンスペシャル』をやる時、ランスルーで自分の出番が終わっても最後まで3~4時間、ずっとMC席に座って他の歌手の歌を聞いていたのが南野と中森だったと語っている[86]
  • 夜の9時を過ぎるとテレビが消されてしまう家庭で育ったので[87]、『ザ・ベストテン』に自身が出演するようになった際は(第10位からカウントダウン形式で発表される中で)早く出ないと小さな子が見られなくなるのでランクは低い方が良いと番組内で語っていた[88]。『話しかけたかった』で初めて2位になった際は「よい子のみなさん、遅くまで起きてくれてどうもありがとう。」と番組を見ている子供達へ向けてメッセージを送った[89]
  • 日本テレビ系『歌のトップテン』に出演した際、南野をモデルにした作品を文化祭に出展したことがきっかけで、番組にゲストとして呼ばれた男子高校生と握手する時、衣装の長い右手袋をわざわざ取って、直に握手したというエピソードが残っている。1988年11月放送。
コマーシャル
アイドル時代、オーディオメーカーのONKYOのCMキャラクターに起用されていた。当時はミニコンポがよく売れた時代で、高校の合格祝いにミニコンポを買ってもらう人が多く、その際に“南野陽子のオンキヨー”といった指名買いが非常に多かったという[90]。南野がCM出演していたミニコンポ「ラディアン」はよく売れたといい[91]、当時のONKYOの営業担当者は「右手にパンフレット、左手には南野陽子さんのテレホンカードの束を持って商談に臨んだ記憶があります。バイヤーからは、商談に来なくていいからテレホンカードだけ持ってきてくれと言われたこともありました。」と語っている[92]
アイドル時代
  • デビューした時、「3年間は男の子と口をきかない」と決めて、それを守った。アイドルだから変なことで噂になってはいけないと思い、他の役者とも挨拶や打ち合わせ以外では話さなかった。ストイックにファンの人が嫌がることはしないと決めていたという。歌番組で他のアイドルが男子からちょっかいを出されていても、話しかけるなオーラを出していた南野には一度も無かった[93]
  • 『スケバン刑事II』に出演していた頃にフジテレビ局内でとんねるず石橋貴明が彼女とすれ違った時、あまりの綺麗さに衝撃を受けたらしい。1988年の正月特番『ナンノこれしき とんねるず』で石橋は「前から応援していた本当の(南野)ファン」と語った[94]。その後TBS時間ですよ』、フジテレビとんねるずのみなさんのおかげです』などで多く共演を果している。
  • 歌のトップテン』の司会者だった徳光和夫は当時を振り返り、「テレビ局のスタッフも南野さんのあまりの綺麗さにざわついた」と語っている[95]
タレントとして
  • GLAYTAKURO氣志團綾小路翔がタクシーを止めたところ、乗車拒否された。そのタクシーが少し走った先で止まり客を乗せていたため、誰だと思い見てみるとその乗客は南野であった。また、中森明菜が後年、当時活躍していた女性アイドルでもし喧嘩したら負けそうなアイドルは誰か尋ねられた際、中森は南野の名前を挙げたという[96]
  • 2007年笑っていいとも!』レギュラー出演が決まった際の会見では、「活躍は出来ないと思います」と語った[97]。しかし、2008年5月 - 9月まで放送されたクイズコーナー「ザ・共通10」での正答率は高く、正解回数は1位だった。また最速正解記録も持っており、わずか6秒で正解していたことが「ザ・共通10ファイナル(最終回)」にて発表された。年末恒例の『笑っていいとも!特大号』の「ものまね歌合戦」コーナーにも出演、2007年はにしおかすみこを、2008年は鳥居みゆきをそれぞれ披露した。

ディスコグラフィ

※最高位はオリコン調べ

シングル

No. タイトル 発売日 最高位 備 考
1 恥ずかしすぎて 1985年6月23日 57位 デビュー曲
2 さよならのめまい 1985年11月21日 15位
3 悲しみモニュメント 1986年3月21日 6位
4 風のマドリガル 1986年7月21日 5位
5 接近 (アプローチ) 1986年10月1日 6位
6 楽園のDoor 1987年1月10日 1位
7 話しかけたかった 1987年4月1日
8 パンドラの恋人 1987年7月1日
9 秋のIndication 1987年9月23日
10 はいからさんが通る 1987年12月2日
11 吐息でネット。 1988年2月26日
12 あなたを愛したい 1988年6月18日
13 秋からも、そばにいて 1988年10月8日
14 涙はどこへいったの 1989年2月15日 2位
15 トラブル・メーカー/瞳のなかの未来 1989年6月21日 両A面シングル
16 フィルムの向こう側 1989年11月29日 1位
17 ダブルゲーム 1990年6月1日 3位
18 へんなの!!/思い出を思い出さないように 1990年7月1日 11位
19 耳をすましてごらん 1990年8月1日 7位 本田路津子のカバー
20 KISSしてロンリネス 1990年11月21日 9位
21 夏のおバカさん 1991年6月8日 17位
22 はいからさんが通る/吐息でネット 2005年7月27日 74位 既に発売されているシングルのセルフカバー
23 空を見上げて/大切な人 2022年6月23日 『Four Seasons NANNO Selection』(2021年12月発売)にボーナストラックとして収録された16年ぶりの新曲「空を見上げて」「大切な人」の2曲を7インチ・アナログ盤でエントリー。

アルバム

オリジナル・アルバム

No. タイトル 発売日 最高位 備 考
1 ジェラート 1986年4月21日 LP 2位
CT 3位
CD 2位
2 VIRGINAL 1986年11月1日 LP 2位
CT 6位
CD 2位
3 BLOOM 1987年5月2日 LP 2位
CT 2位
CD 2位
4 GARLAND 1987年11月1日 LP 1位
CT 1位
CD 1位
5 GLOBAL 1988年7月15日 総合3位 CD初回限定盤は「なんの相性診断げえむ」を含む2枚組
6 SNOWFLAKES 1988年12月14日 総合2位
7 GAUCHE 1989年7月12日 LP 2位
CT 5位
CD 1位
CD初回生産分には52頁写真集付
8 Dear Christmas 1989年12月1日 総合5位
9 Gather 1990年6月23日 総合7位
10 夏のおバカさん 1991年7月1日 総合13位 全曲本人作曲、栗林誠一郎がコーラスで参加

ベスト・アルバム/CD-BOX

No. タイトル 発売日 最高位 備考
1 NANNO Singles 1988年
3月21日
LP 1位
CT 1位
CD 1位
2 YOKO'S FAVORITES 1988年
7月21日
総合7位 シングルB面4曲とおしゃべりを収録したミニ・アルバム
3 NANNO SONGLESS 1990年
7月15日
Instrumental集。マイケル・ランドウジェフ・ポーカロTOTO)らロサンゼルスのセッションマンが参加。
4 NANNO Singles II 1991年
1月1日
総合9位
5 Diamond Smile 1992年
3月25日
総合51位 未発表曲「Misty Eyes」収録
6 Pearl Tears 総合52位 未発表曲「これっきりにしよう」収録
7 Affairs of Yesterday 1992年
6月21日
総合79位 南野本人による選曲
8 Dear My Best 1992年
11月21日
2枚組
9 GOLDEN J-POP/THE BEST 南野陽子 1998年
8月21日
2枚組
10 2000 BEST 南野陽子 2000年
6月21日
11 DREAM PRICE 1000 南野陽子/楽園のDoor 2002年
10月9日
12 GOLDEN☆BEST 南野陽子
ナンノ・シングルス3+マイ・フェイバリット
2003年
7月16日
2枚組
13 NANNO BOX 2005年
6月22日
新曲を含めた全楽曲のCD10枚とDVD1枚
14 ナンノ・サウンドトラックス+ソングレス 2006年
6月21日
主演映画のサウンドトラック、『NANNO SONGLESS』に「なんの相性診断げえむ」を加えた6枚組
15 ナンノ・アニバーサリー25th 2010年
11月11日
既発表曲の新バージョンと新曲1曲を収録
16 ReFined-Songs Collection〜NANNO 25th Anniversary 2011年
2月9日
95位 「ナンノ・アニバーサリー25th」の収録曲11曲
(内1曲は再レコーディング)
に新バージョン5曲+1曲を追加収録した全17曲
17 ゴールデン☆アイドル 南野陽子 30th Anniversary 2015年
12月9日
38位 デビュー30周年記念盤・CD5枚組
完全生産限定盤
18 Four Seasons NANNO Selection 2021年
12月8日
2枚組

サウンドトラック

No. タイトル 発売日
1 スケバン刑事II 少女鉄仮面伝説 オリジナル・サウンドトラック 1986年5月21日
2 スケバン刑事 オリジナル・サウンドトラック 1987年3月5日
3 はいからさんが通る オリジナル・サウンドトラック 1987年12月21日
4 菩提樹リンデンバウム オリジナル・サウンドトラック 1988年8月13日
5 幕末2001 OriginalSoundtrack 2001年10月23日

映像作品・DVD-BOX

No. タイトル 発売日 備考
1 ときめき、ください。 1986年6月21日 ミュージック・ビデオ集
2 ファースト・コンサート 1986年11月1日 ライブ・ビデオ
3 NANNO CLUB 1987年7月22日 ビデオ・マガジン
4 サマー・コンサート 1987年11月21日 ライブ・ビデオ
5 FROM サマー・コンサート 1987年11月21日
6 COLORFUL AVE. 1988年8月1日 ミュージック・ビデオ集
7 ETE DU CINEMA YOKO MINAMINO SUMMER CONCERT '88 1988年12月21日 ライブ・ビデオ
8 思いのままに YOKO MINAMINO SUMMER CONCERT '89 1989年11月22日
9 JUST SWEET LOVE 1989年11月24日 江崎グリコ制作・非売品
10 へんなの!! 1990年9月21日 ビデオシングルディスク
11 ABEND 1990年11月21日 ライブ・ビデオ
12 時の流れに 1991年11月21日
13 Dear My Best 1992年11月21日 ミュージック・ビデオ集
14 NANNO DVD BOX 2005年9月28日 全映像作品+未発売、未公開映像を収納したDVD12枚組
15 NANNO 30th&31st Anniversary 2017年2月22日 2016年に行われた30周年記念コンサートの模様(メインは舞浜での追加公演)


タイアップ一覧

曲名 タイアップ
さよならのめまい フジテレビスケバン刑事II 少女鉄仮面伝説』挿入歌
接近(アプローチ) フジテレビ『時をかける少女』主題歌
悲しみモニュメント フジテレビ『スケバン刑事II 少女鉄仮面伝説』主題歌
風のマドリガル フジテレビ『スケバン刑事II 少女鉄仮面伝説』主題歌
楽園のDoor 映画『スケバン刑事』主題歌
私の中のヴァージニア ONKYO「ラディアン」CMソング(ラジオ)
雪の花片 ONKYO「ラディアン」CMソング
昼休みの憂鬱 富士通パソコンFM77AV40EX」CMソング
秋のIndication グリコ「セシルチョコレート」CMソング
ひとつ前の赤い糸 ONKYO「ラディアン」CMソング
はいからさんが通る 映画『はいからさんが通る』主題歌
富士フイルム「フジカラー」CMソング
雨のむこうがわ ONKYO「ラディアン」CMソング
吐息でネット。 カネボウ「フィットネット口紅」「春のバザール」CMソング
秋からも、そばにいて グリコ「アーモンドチョコレート」「ポッキー」CMソング
カリブへ行きたい 富士通パソコン「FM77AV40EX」CMソング
あなたを愛したい 映画『菩提樹 リンデンバウム』主題歌
JR西日本「WENS」CMソング
JUST SWEET LOVE グリコ「セシルチョコレート」CMソング
リフトの下で逢いましょう JR西日本「スキートレインJRシュプール号」CMソング
涙はどこへいったの JR西日本「WENS」CMソング
トラブル・メーカー JR西日本「リゾート列車」CMソング
瞳のなかの未来 NHK青いブリンク』 オープニングテーマ曲
マニキュアがかわく間に ONKYO「ラディアン」CMソング
サマー・フレグランス JR西日本企業CMソング
耳をすましてごらん 日本テレビ24時間テレビ 「愛は地球を救う」』(1990年)スペシャルドラマ『いつか見た青い空』主題歌
思いのままに(New Version) 日本テレビ『24時間テレビ 「愛は地球を救う」』(1990年)メッセージソング
KISSしてロンリネス 浅田飴「クール、ニッキ、バッション」CMソング
Lonely Blue 名鉄「メディアカード」CMソング

出演

テレビ

ドラマ

その他の番組

アイドル時代の多数の歌番組のほか現在も各種バラエティなどにゲスト出演しており、司会の経験もある。

映画

ほか

舞台

ラジオ

レギュラー

コマーシャル

書籍

単行本

写真集

  • 陽子をひとりじめ……(1986年4月、講談社) - 撮影:野村誠一
  • スケバン刑事II写真集(1986年9月、白泉社) - 撮影:大松龍
  • 映画「スケバン刑事」写真集 愛のセーラー服戦士(1987年、バンダイビジュアル
  • 生のまま天使風来(1988年11月、ワニブックス) - 撮影:野村誠一
  • Yoko Minamino-my dear (TYO tiny pictures)(1991年1月、CBSソニー出版) - 撮影:野村誠一ほか
  • 南野陽子 Great-ALL SELECTION(1991年4月、講談社) - 撮影:沢渡朔ほか
  • FLOWERS(2004年10月、集英社) - 撮影:山内順仁

連載

  • 夕刊フジ「あしたは、満月!」
  • 月刊『CIRCUS』(KKベストセラーズ)「賢者の贈り物」(2007年3月 - 2009年8月)
  • 月刊『からだにいいこと』(祥伝社)「月下美人対談」(2007年4月 - 2008年4月)

脚注

注釈

  1. ^ 「みなみのって珍しいし、呼びにくいから昔っからナンノって呼ばれているの。」とのこと[5]
  2. ^ 南野の愛称は「ナンノ」であるが、実はそれこそが一族本来の名字の読みだったことがNHKのファミリーヒストリー(2023年6月2日放送)で判明した。
  3. ^ 1986年の雑誌BOMBでは雑誌のCMタレント募集の広告に応募したのがきっかけとなり芸能事務所からスカウトされた、とされている。他に「宮内淳が審査員を務めるオーディションに友人と応募した際にスカウトされた(『BOMB!』 1985年12月号 p106)」「あるタレントオーディションで見出され、予選の段階でスカウトされた(『FOCUS』 1987年1月30日号 p10)」とする記述もある。
  4. ^ 1989年8月21日に『恥ずかしすぎて』から『はいからさんが通る』までシングル10タイトルをCDシングルとして再発。うち9タイトルがオリコンシングルチャートに同時ランクインしている。
  5. ^ 女子大生が卒業式に袴を履く風習自体は1970年代末頃には既に広まっていたが、着物は色無地に紺袴、足元は足袋草履という保守的なスタイルが一般的であった。頭にリボン矢絣柄やカラフルな色の着物・袴、足元はブーツという和洋折衷の「はいからさん」スタイルが卒業式の衣装として定着するのは本作の公開以後である。
  6. ^ 19歳以下の部。20~29歳の部でも女性タレントでは俳優部門・歌手部門両方でトップとなっている。
  7. ^ 翌1990年もパーソナリティとなり二年連続となる。
  8. ^ 当時の週刊少年マガジン誌上における【アイドル人気調査】では、3回の調査の結果、若干の順位の変動はあったものの、この4名が常にトップから4位までをキープしていたとされる。『BIG4徹底比較研究 陽子、唯、美穂、静香 人気の秘密!!』「DELUXEマガジンORE」 1989年2月号p37
  9. ^ 小泉今日子、中山美穂も同じく10曲で3位。
  10. ^ 2023年11月21日、業務上横領容疑で逮捕。「社福法人で横領 元理事長ら逮捕」『読売新聞』2023年11月22日13版社会30面
  11. ^ ミスマガジン』とは異なる。
  12. ^ バブル景気絶頂期に入るとトップアイドルの衣装も豪華絢爛なものが多くなり、『秋からも、そばにいて』では一着150万円の衣装が8パターン作られたとされる。
  13. ^ 斉藤由貴の出演が予定されていたが[99]、2017年9月21日に出演辞退が発表され[100]、10月18日に南野の起用が明らかにされた[101]
  14. ^ 関西ローカル

出典

  1. ^ a b c d e f g h 80年代アイドルcollection 2017, p. 33.
  2. ^ a b c d e 『芸能・タレント人名事典』日外アソシエーツ、1990年4月20日、581頁。ISBN 4-8169-0918-4 
  3. ^ a b 『DJ名鑑 1987』三才ブックス、1987年2月15日、148頁。NDLJP:12276264/75 
  4. ^ 南野陽子”. 日本タレント名鑑. VIPタイムズ社. 2023年11月14日閲覧。
  5. ^ NANNO CLUB(公式ファンクラブ)創刊0号1985年発行
  6. ^ "南野陽子、芸能事務所「ケイダッシュ」昨年いっぱいで退社 今年から個人事務所で活動". スポーツ報知. 報知新聞社. 2023年1月19日. 2023年1月19日閲覧
  7. ^ 「なんのの巻頭ダイ特集でごじゃる!」『BOMB』1986年2月号、学習研究社、31頁。 
  8. ^ 南野陽子、上京後の生活費は月1万円で120円のパンで2日過ごす”. SmartFLASH (2020年1月17日). 2023年9月6日閲覧。
  9. ^ 【二十歳のころ 南野陽子(2)】月給3万円極貧生活…お腹すいても我慢(1ページ目)”. サンスポ (2017年6月14日). 2023年9月6日閲覧。
  10. ^ 南野陽子「芸能界を辞めたい」、デビューした日から現在も悩み続ける。”. ナリナリドットコム. 2023年9月6日閲覧。
  11. ^ ザ・スタア50年 1995, p. 158-160.
  12. ^ 1985年20号
  13. ^ 1985年4月号
  14. ^ テレビドラマ全史 1994, p. 436.
  15. ^ 1980年代全ドラマクロニクル 2009, p. 31.
  16. ^ 「アッという間にこの人気!南野陽子に◎」『BOMB』1985年12月号、学習研究社、104頁。 
  17. ^ BOMBアイドル30年読本 2010, p. 060.
  18. ^ 「『ナンノシンドローム』はなぜ起きた!!」『DELUXEマガジンORE』1988年2月号、講談社、40頁。 
  19. ^ 「決定!ザ・ベスト1!」『ザテレビジョン』1987年1月16日号、角川書店、148-149頁。 
  20. ^ 「アイドルDJ春の新番組 全員ん~集合っ!」『DUNK』1987年6月号、集英社、92頁。 
  21. ^ a b BOMBアイドル30年読本 2010, p. 071.
  22. ^ 「自信もって断言しちゃうけど "アイドルDJ"なら私が一番なんだからっ!」『DUNK』1988年6月号、集英社、108頁。 
  23. ^ 「人気絶頂アイドル、南野陽子クン(19)のカリスマ性」『FLASH』1987年2月17日号、光文社、26-27頁。 
  24. ^ 現代風俗史年表 2001, p. 394.
  25. ^ 「年間チャート1987」『ORICON WEEKLY』1988年1月4日、11日合併号、オリジナルコンフィデンス、17頁。 
  26. ^ 「続・続 1位は続くよどこまでも ~1位400曲目までの軌跡~」『ORICON WEEKLY』1990年3月5日号、オリジナルコンフィデンス、22頁。 
  27. ^ 「はかまに編み上げブーツ 明治・大正の和洋折衷 卒業式気分にピタリ?」 『読売新聞』朝刊 1994年3月15日
  28. ^ 「[青春パフォーマンス]明治、大正もブレンド? 女子大生の卒業袴の着付け」 『読売新聞』夕刊 1994年3月22日
  29. ^ 「はかま姿のハイカラさん 女子学生が卒業式控え着付けに殺到」 『読売新聞』夕刊 1995年3月15日
  30. ^ 「―映画は邦画系トップ、レコードは5曲連続1位、そして大河ドラマ初出演は最高視聴率。国民アイドル街道まっしぐらの南野陽子 "ナンノ現象"春一番」『週刊ポスト』1988年1月29日号、小学館、20-22頁。 
  31. ^ 「春の女神・南野、湯気の中に咲く花一輪 病気も克服!「時間ですよ」で全快宣言」『ザテレビジョン』1988年4月1日号、角川書店、52-53頁。 
  32. ^ ザ・ベストテン 1988年3月10日放送回
  33. ^ 「MONTHLY CHART CLUB(4月度) 今月の動き 驚異のパラ銀、南野四冠!」『ORICON WEEKLY』1988年5月30日号、オリジナルコンフィデンス、34頁。 
  34. ^ 「DATA!DATA!NANNO '85.6.23~'88.6.23」『BOMB』1988年8月号、学習研究社、34-35頁。 
  35. ^ 1980年代全ドラマクロニクル 2009, p. 28-29.
  36. ^ 「決定!ザ・ベスト1!」『ザテレビジョン』1988年12月2日号、角川書店、182-183頁。 
  37. ^ 別冊ザテレビジョン 1992, p. 130-136.
  38. ^ DELUXEマガジンORE』1989年3月号、講談社、66頁。 
  39. ^ 「南野奪"首"、靖幸4、スタレビ5 ZIGGY CDのみでベスト10へ」『ORICON WEEKLY』1989年7月31日号、オリジナルコンフィデンス、18頁。 
  40. ^ 「南野陽子 カンボジア発見旅行」『ザテレビジョン』1989年9月1日号、角川書店、58-59頁。 
  41. ^ 「特集 続・1位は続くよどこまでも 連続首位獲得記録―アーティスト編」『ORICON WEEKLY』1989年11月6日号、オリジナルコンフィデンス、22頁。 
  42. ^ 80年代アイドルcollection 2017, p. 3.
  43. ^ 80年代アイドルcollection 2017, p. 39.
  44. ^ 「ドレス30着に靴10足が旅の「お供」です 「春のウィーン」南野陽子がオシャレに弾む」『FRIDAY』1990年3月23日号、講談社、34-35頁。 
  45. ^ 南野陽子さん”. 伊丹大使について. 伊丹市都市活力部. 2013年12月17日時点のオリジナルよりアーカイブ。2013年8月15日閲覧。
  46. ^ 伊丹大使”. 伊丹市. 2022年8月1日閲覧。
  47. ^ 伊丹大使 南野陽子さんからのメッセージ”. 伊丹市. 2022年8月1日閲覧。
  48. ^ 芸能百花繚乱 にっぽんの芸能第二部”. NHK. 2013年4月7日時点のオリジナルよりアーカイブ。2013年2月2日閲覧。
  49. ^ 南野陽子離婚発表「お互いに今向き合うべき事から目を背けることなく、今後の人生を」21日夫逮捕”. 日刊スポーツ (2023年11月27日). 2023年11月27日閲覧。
  50. ^ 【2015年12月9日発売】『ゴールデン☆アイドル 南野陽子 30th Anniversary』リリース記念企画! 南野陽子の “えっ、ナンノ話?” - OTONANO
  51. ^ ナンノ曲聴けるかな?デビュー30周年25年ぶりライブ”. スポーツ報知 (2015年9月25日). 2015年9月25日閲覧。
  52. ^ デビュー30周年を迎えコンサート 「アイドル出身」も武器に”. 毎日新聞 (2016年1月20日). 2016年3月5日閲覧。
  53. ^ “南野陽子さん「とっても光栄」、カンボジア親善大使に任命”. 産経ニュース (産経デジタル). (2023年1月18日). https://www.sankei.com/article/20230118-R5UOWMO4LRJANOI4EM25SABKEQ/ 2023年1月18日閲覧。 
  54. ^ "【速報】「私事ですが、離婚いたしました」南野陽子さんが離婚を発表". FNNプライムオンライン. Fuji News Network, Inc. 2023年11月27日. 2023年11月27日閲覧
  55. ^ a b 南野陽子さん離婚 業務上横領容疑で逮捕の夫と”. 産経ニュース (2023年11月27日). 2023年11月27日閲覧。
  56. ^ 「DUNK空巣取材班 本番中の楽屋に、こっそり侵入!」『DUNK』1987年5月号、集英社、108頁。 
  57. ^ 「現場追跡ルポ 女優・南野陽子を追っかけ お芝居って、大スキ!」『BOMB』1988年6月号、学習研究社、202頁。 
  58. ^ 昭和40年男(クレタパブリッシング)2023年10月号 p.104 - 107 南野陽子インタビュー
  59. ^ a b c d 朝日新聞大阪版 2011年4月14日付分 16面
  60. ^ a b 南野陽子「知らなかったです」 先祖は“ナンノ”だった 改名のいきさつと自身の運命に納得”. スポニチアネックス (2023年6月2日). 2023年11月28日閲覧。
  61. ^ ファミリーヒストリー 南野陽子〜先祖の姓はナンノ!笑顔と根性の原点〜”. TVでた蔵. ワイヤーアクション (2023年6月2日). 2023年11月28日閲覧。
  62. ^ “南野陽子の母急逝 夫看病中に突然倒れる”. nikkansports.com (日刊スポーツNEWS). (2011年11月18日). https://www.nikkansports.com/entertainment/news/p-et-tp0-20111118-865024.html 2023年11月27日閲覧。 
  63. ^ 南野陽子さん 父をみつめた介護と“1時間半”の距離”. ハートネット. NHK (2023年10月23日). 2023年11月27日閲覧。
  64. ^ 「堀越学園・北海道修学旅行驚異の実態レポート 女子高生にさせといて」『DUNK』1985年8月号、集英社、48-49頁。 
  65. ^ 渋谷公会堂、1987年3月15日
  66. ^ DELUXEマガジンORE』1987年7月号、講談社、41頁。 
  67. ^ 南野陽子 ナンノこれしきっ! 1987年5月3日放送回
  68. ^ 南野陽子 ナンノこれしきっ! 1988年2月14日放送回
  69. ^ a b c 「南野陽子・全告白「10年目の反論」」『週刊プレイボーイ』1994年11月1日号、集英社、75頁。 
  70. ^ 「18の頃は「お仕事ください」って泣いてたの 「22歳」南野陽子の「バースデイ」グラフィティ」『FRIDAY』1989年8月25・9月1日号、講談社、36-37頁。 
  71. ^ 平凡Special1985 2020, p. 29.
  72. ^ 南野陽子「実はビートたけしさんより先に講談社に乗り込んでます」”. FRIDAY DIGITAL. 講談社 (2022年7月28日). 2023年10月26日閲覧。
  73. ^ スケバン刑事研究 1987, p. 136-137.
  74. ^ 「スケバン刑事ⅡMEMORIAL 麻宮サキともお別れ。忘れられない記憶たち」『BOMB』1986年11月号、学習研究社、32-33頁。 
  75. ^ 「人気番組まるごと探検隊 第3回「スケバン刑事Ⅱ」」『アクションカメラ』1986年6月号、ワニマガジン社、87頁。 
  76. ^ スケバン刑事研究 1987, p. 130-131.
  77. ^ スケバン刑事研究 1987, p. 149.
  78. ^ 映画版スケバン刑事 1987, p. 55.
  79. ^ 「アイドルDJ全員集合っ!秋の新番組 人気番組 テッテイ・ガイド」『DUNK』1987年12月号、集英社、93頁。 
  80. ^ 「『ナンノこれしきっ!』NEWS "モーニングテープ"になんと15万通!」『DELUXEマガジンORE』1987年3月号、講談社、134頁。 
  81. ^ 「南野陽子360°大解剖 最新情報もいっぱい!陽子に100歩も大接近」『DELUXEマガジンORE』1987年4月号、講談社、142-143頁。 
  82. ^ 「ナンノこれしきっ! オモシロトークはこれだ!」『DELUXEマガジンORE』1987年2月号、講談社、151頁。 
  83. ^ 南野陽子、衣装へのこだわりは「間違いなく中森明菜さんの影響」ソウルメイト・本田美奈子.の“爆睡事件”も懐古”. fumufumu news (2023年9月10日). 2023年9月13日閲覧。
  84. ^ DELUXEマガジンORE』1987年9月号、講談社、75頁。 
  85. ^ 平凡Special1985 2020, p. 31.
  86. ^ 山田 2012, p. 208.
  87. ^ 南野陽子が語る『ザ・ベストテン』と『スケバン刑事』の“裏話”がアツい「土佐弁は高知のみなさんに謝りたい」”. fumufumu news (2023年9月3日). 2023年9月17日閲覧。
  88. ^ ザ・ベストテン 1987年4月16日放送回
  89. ^ ザ・ベストテン 1987年4月23日放送回
  90. ^ オンキヨー、インテグラ、パイオニアのAVセンター5モデルが再登場。南野陽子さんも登壇し、Premium Audio Company, LLCの新製品発表会が盛大に開催された”. Stereo Sound ONLINE (2022年8月3日). 2023年9月30日閲覧。
  91. ^ 南野陽子 懐かしすぎる「オンキヨー」お宝CM&グッズに触れ「10代の私がいました」”. よろず~ニュース (2022年8月3日). 2023年9月30日閲覧。
  92. ^ ハイエンドオーディオの事業戦略発表会に南野陽子さんが登壇! 80年代に出演していたオンキヨーCMの思い出を語る”. BCN+R (2022年8月5日). 2023年9月30日閲覧。
  93. ^ 「南野陽子・全告白「10年目の反論」」『週刊プレイボーイ』1994年11月1日号、集英社、77頁。 
  94. ^ ザテレビジョン』1988年1月8日号、角川書店、41頁。 
  95. ^ 80年代トップアイドル!南野陽子さん”. 徳光和夫 とくモリ!歌謡サタデー. ニッポン放送 (2022年7月16日). 2023年9月12日閲覧。
  96. ^ 南野陽子、GLAYと気志團を無視したタクシーを難なく止める”. MusicVoice (2016年8月30日). 2023年9月15日閲覧。
  97. ^ 笑っていいとも!増刊号』フジテレビ 2007年4月8日放送
  98. ^ a b c d e 別冊宝島2611『80年代アイドルcollection』p.73.
  99. ^ 2018(平成30)年 大河ドラマ「西郷どん」出演者発表!”. NHKドラマトピックス. NHK (2017年4月12日). 2017年10月18日閲覧。
  100. ^ 大河ドラマ「西郷どん」出演者変更について”. NHKドラマトピックス. NHK (2017年9月21日). 2017年10月18日閲覧。
  101. ^ “『西郷どん』斉藤由貴の代役に南野陽子 30年ぶりの大河出演”. ORICON NEWS (oricon ME). (2017年10月18日). https://www.oricon.co.jp/news/2099190/full/ 2017年10月18日閲覧。 
  102. ^ 円熟味あふれる南野陽子の演技が魅力「付き人女優・安野すみれ 楽屋裏事件ファイル」”. ホミニス (2022年5月8日). 2022年7月16日閲覧。
  103. ^ “南野陽子、初の大臣役で元総理の息子・小泉孝太郎とドラマ初共演”. テレビドガッチ (プレゼントキャスト). (2017年8月29日). https://plus.tver.jp/news/46917/detail/ 2017年8月29日閲覧。 
  104. ^ 『半沢直樹』新キャストに賀来賢人&今田美桜ら 新たな“半沢包囲網”も明らかに”. ORICON NEWS (2020年3月20日). 2020年3月20日閲覧。
  105. ^ “科捜研の女:今夜、最終回2時間SP放送 ゲストに南野陽子、長谷川初範、ハリウッドザコシショウ マリコから重大発表もに”. まんたんウェブ (MANTAN). (2020年12月17日). https://mantan-web.jp/article/20201217dog00m200031000c.html 2020年12月17日閲覧。 
  106. ^ 南野陽子、“美しきコンフィデンスマン”役に起用 『チームネメシス』最後の新メンバー”. ORICON NEWS (2021年5月10日). 2021年6月13日閲覧。
  107. ^ “仮面ライダーガッチャード:新ライダー母役で南野陽子「今来たか!」 アクションは膝との相談?「やりたい気持ちある」”. まんたんウェブ (MANTAN). (2023年8月9日). https://mantan-web.jp/article/20230807dog00m200069000c.html 2023年8月9日閲覧。 
  108. ^ プレミアムカフェ 宿坊 ココロとカラダ満つる旅(2007年)”. NHK (2021年5月19日). 2021年5月21日時点のオリジナルよりアーカイブ。2021年5月21日閲覧。
  109. ^ “映画「ネメシス」に勝地涼、中村蒼、大島優子、上田竜也らドラマキャスト集結”. 映画ナタリー (ナターシャ). (2022年10月26日). https://natalie.mu/eiga/news/498923 2022年10月26日閲覧。 
  110. ^ “山内惠介、南野陽子のセーラー服姿に「ナンノこれしきっ!」と大絶賛”. スポーツ報知 (報知新聞社). (2018年4月5日). https://hochi.news/articles/20180405-OHT1T50127.html 2018年4月5日閲覧。 
  111. ^ “兵庫県立芸術文化センター、新企画「100年の詩物語」始動、第1回の竹中郁をモチーフにした朗読劇『アネト』には南野陽子が出演”. SPICE (株式会社イープラス). (2022年8月4日). https://spice.eplus.jp/articles/306313 2022年10月5日閲覧。 
  112. ^ 今年も放送決定!『南野陽子 今日はナンノ日っ!』”. ニッポン放送 ラジオAM1242+FM93 (2022年4月22日). 2022年7月19日閲覧。
  113. ^ 「CF撮影余話」『近代企業リサーチ 2月10日』第560号、中小企業経営管理センター事業部、1988年2月10日、79頁、NDLJP:2652061/40 

参考文献

外部リンク