伊藤沙莉

出典: フリー百科事典『ウィキペディア(Wikipedia)』
ナビゲーションに移動 検索に移動
いとう さいり
伊藤 沙莉
生年月日 (1994-05-04) 1994年5月4日(25歳)
出身地 日本の旗 日本 千葉県
身長 151 cm[1]
血液型 A型
職業 女優
ジャンル 映画テレビドラマ舞台
活動期間 2003年[1] -
活動内容 2003年:ドラマデビュー
著名な家族 伊藤俊介(オズワルド)(兄)
事務所 アルファエージェンシー
公式サイト 公式プロフィール
主な作品
テレビドラマ
女王の教室
トランジットガールズ
ひよっこ
この世界の片隅に
獣になれない私たち
映画
幕が上がる
パンとバスと2度目のハツコイ
blank13
榎田貿易堂
寝ても覚めても
テンプレートを表示

伊藤 沙莉(いとう さいり、1994年5月4日 - )は、日本女優、元子役千葉県出身[1]アルファエージェンシー所属。

略歴[編集]

2003年にドラマ『14ヶ月〜妻が子供に還っていく〜』で芸能界デビュー[1]。当時わずか9歳で演技未経験ながら、身体が少女に若返ってしまった女性研究員という難役をこなし、話題を集めた。2005年にはドラマ『みんな昔は子供だった』『女王の教室』に出演。以降活躍の場を広げ、2015年には本広克行監督による青春映画『幕が上がる』に出演。

人物[編集]

趣味はカラオケ(ドラマ『女王の教室』劇中では「キューティーハニー」(倖田來未)と「DO THE MOTION」(BoA)をカラオケで歌っている)。特技はダンスで、2003年にはALL Japan Dance Contestの東京予選、およびサンリオダンスコンテストのキッズ部門でそれぞれ優勝するなどの記録を持つ。

「GTO」で共演した松岡茉優[2][3]、同じく共演した吉岡里帆[4]とは親しい友人関係。映画および舞台『幕が上がる』で共演したももいろクローバーZのメンバー・玉井詩織と一緒に食事に行くなどプライベートで交流があり、玉井のSNSで「ももクロの隠れメンバー茶色担当ちゃいり」と紹介された[5]

無類のタバスコ好きで、何にでもかける。また、常に持ち歩いている。

家族[編集]

実兄はよしもとクリエイティブ・エージェンシー所属のお笑いコンビオズワルド」のツッコミ・伊藤俊介[6][7]で、同居している。

出演[編集]

テレビドラマ[編集]

ウェブドラマ[編集]

DVD[編集]

映画[編集]

吹き替え[編集]

ドキュメンタリー[編集]

  • ETV特集「反骨の考古学者 ROKUJI」(2019年7月6日、NHK Eテレ) - 森本ミツギ 役(ドラマ部分)[20]

バラエティ[編集]

 情報番組[編集]

PV[編集]

CM[編集]

舞台[編集]

ラジオ[編集]

太字は放送中。※はインターネット配信

  • 伊藤沙莉のsaireek channel(2018年 - 、JFN PARK※)[24]

その他[編集]

作品[編集]

楽曲参加[編集]

受賞歴[編集]

脚注[編集]

[ヘルプ]
  1. ^ a b c d 日本タレント名鑑(VIPタイムズ社)
  2. ^ a b 松岡茉優、本人役でドラマ主演 山田孝之の『北区赤羽』に続くフェイクドキュメンタリー”. ORCON STYLE. 2016年2月14日閲覧。
  3. ^ 伊藤, 沙莉 (2017年10月27日). 「女優は辞められない仕事」伊藤沙莉のデトックスは“親友・松岡茉優” 「テレビっ子」伊藤沙莉インタビュー#3. インタビュアー:てれびのスキマ. p. 2. 文春オンライン文藝春秋).. http://bunshun.jp/articles/-/4710?page=2 2018年9月9日閲覧。 
  4. ^ SaiRi_iToのツイート(762299153896513536)
  5. ^ “ももクロ“茶色”担当は伊藤沙莉!? 玉井詩織が“ちゃいり”とランチデートへ「最高のコラボ」と反響続々”. ザテレビジョン (KADOKAWA). (2018年11月12日). https://thetv.jp/news/detail/169118/ 2018年12月7日閲覧。 
  6. ^ 原田美紗 (2018年5月30日). “「妹は朝ドラ女優」......若手芸人・オズワルド伊藤が告白”. トレンドニュース (GYAO). https://trendnews.yahoo.co.jp/archives/559499/ 2018年9月9日閲覧。 
  7. ^ 中山雄一朗 (2018年11月21日). “「けもなれ」伊藤沙莉、兄は芸人だった! 2ショットがそっくり”. シネマトゥデイ. https://www.cinematoday.jp/news/N0105104 2018年11月23日閲覧。 
  8. ^ 史上初!女性の同性愛描く!伊藤沙莉&佐久間由衣、連ドラ初主演”. livedoorニュース (2015年10月22日). 2015年10月22日閲覧。
  9. ^ 出演者(TBSテレビ:日曜劇場『この世界の片隅に』)”. TBS. 2018年6月27日閲覧。
  10. ^ “ドラマ「恋のツキ」追加キャストに伊藤沙莉や藤井美菜ら7名、コメントも”. コミックナタリー. (2018年7月21日). https://natalie.mu/comic/news/291830 2018年7月21日閲覧。 
  11. ^ 伊藤沙莉×千葉雄大×岡山天音、NHK『ちょいドラ』出演決定”. クランクイン! (2018年12月7日). 2018年12月8日閲覧。
  12. ^ オリガミの魔女と博士の四角い時間2019年6月25日閲覧 https://www4.nhk.or.jp/origami/x/2019-06-14/31/22465/2383456/
  13. ^ 伊藤沙莉×中川大志共演、ネット小説「私のあだ名はブタっち。」が実写映画化” (2016年3月14日). 2016年3月14日閲覧。
  14. ^ “主演キャスト14人、異色の映画プロジェクト『全員、片想い』発表 広瀬アリス、斎藤工、知英ら参加”. ORICON STYLE. (2016年4月27日). http://www.oricon.co.jp/news/2070823/full/ 2016年4月27日閲覧。 
  15. ^ 映画「KABUKI DROP」”. 劇団EXILE松組. 2016年10月20日閲覧。
  16. ^ “伊藤沙莉と須賀健太が「下衆の愛」監督の新作で共演、地方でもがく少年少女の物語”. 映画ナタリー. (2016年4月18日). http://natalie.mu/eiga/news/183995 2016年4月19日閲覧。 
  17. ^ 第27回 ゆうばり国際ファンタスティック映画祭(2017年)出品作品。 シネマート新宿のみ、2月3日より先行公開。
  18. ^ “渋川清彦×飯塚健監督作「榎田貿易堂」に森岡龍、滝藤賢一、余貴美子ら出演!”. 映画.com. (2016年8月25日). http://eiga.com/news/20160825/5/ 2016年8月25日閲覧。 
  19. ^ 「ペット2」伊藤沙莉が新キャラの吹替「ギャップ女子の極みです」、内藤剛志も参加”. 映画ナタリー (2019年6月6日). 2019年6月6日閲覧。
  20. ^ もっとNHKドキュメンタリー”. 2019年7月8日閲覧。
  21. ^ “「1UP」でおなじみの上田一が、住友生命「Vitality」に登場する新CM第2弾!!” (プレスリリース), 住友生命, (2018年10月25日), http://sp.sumitomolife.co.jp/about/newsrelease/pdf/2018/181025.pdf 2018年12月8日閲覧。 
  22. ^ “新たなキャラクターでさらにパワーアップ!「いい部屋ネット」新シリーズTVCM4月3日(水)より放送開始” (プレスリリース), 大東建託, (2019年4月1日), https://www.kentaku.co.jp/corporate/pr/info/2019/aqehc4000000avhi-att/e-heya_0401.pdf 2019年8月11日閲覧。 
  23. ^ 本広克行×平田オリザの舞台「転校生」、女子高生役21人が決定!”. 映画.com (2015年7月6日). 2015年7月7日閲覧。
  24. ^ アルファエージェンシー (2018年8月31日). “ラジオ番組『伊藤沙莉のsaireek channel』が、9/1(土)より配信開始となります。…”. Twitter. 2019年2月6日閲覧。
  25. ^ “伊藤沙莉、映画『獣道』主題歌で歌手デビュー ラップ挑戦に驚き”. ORICON NEWS (oricon ME). (2017年6月29日). https://www.oricon.co.jp/news/2093281/full/ 2018年9月9日閲覧。 
  26. ^ “餓鬼レンジャーと伊藤沙莉が“餓鬼連合”結成、族車と踊るMV公開”. BARKS (ジャパンミュージックネットワーク). (2017年6月29日). https://www.barks.jp/news/?id=1000143936 2018年9月9日閲覧。 
  27. ^ 第10回TAMA映画賞”. 第28回映画祭TAMA CINEMA FORUM. TAMA CINEMA FORUM (2018年). 2018年10月5日閲覧。
  28. ^ 第40回ヨコハマ映画祭 2018年日本映画個人賞”. ヨコハマ映画祭. 2018年12月7日閲覧。

外部リンク[編集]