この記事は半保護されています。(半保護の方針による半保護)

矢田亜希子

出典: フリー百科事典『ウィキペディア(Wikipedia)』
移動先: 案内検索
やだ あきこ
矢田 亜希子
生年月日 1978年12月23日(37歳)
出生地 日本の旗 日本神奈川県川崎市
身長 163cm
血液型 O型
職業 女優
ジャンル テレビドラマ映画CM
活動期間 1995年 - 2006年
2009年 -
配偶者 押尾学(2006年 - 2009年)
事務所 トヨタオフィス
主な作品
テレビドラマ
リング〜最終章〜
らせん
やまとなでしこ
恋を何年休んでますか
僕の生きる道
白い巨塔 (2003年のテレビドラマ)
ホットマン
トップキャスター
映画
クロスファイア

矢田 亜希子(やだ あきこ、本名同じ、1978年12月23日 - )は、日本女優トヨタオフィス所属。

経歴

1978年昭和53年)、神奈川県川崎市高津区に生まれる。日出女子学園高校卒業。中学2年生の時、母親と原宿で買い物をしていたところをスカウトされて芸能界に入る。1995年平成7年)、ドラマ『愛していると言ってくれ』(TBS)で、豊川悦司演じる主人公の画家・榊晃次の妹(栞)役でデビューした。

その後も数々の作品に出演し、2000年(平成12年)には、映画『クロスファイア』で主役を務めた。2002年(平成14年)には、ドラマ 『マイリトルシェフ』 (TBS) で、初めて連続ドラマの主演を務めた。さらに、ヒットドラマ『白い巨塔』(フジテレビ)やテレビCM『よーく考えよう…』(アフラック)、『ジョージア』に出演する。また、2000年代の半ば辺りにはタレント好感度ランキングでも上位に来ることが多かった。

2005年4月から放送されたテレビドラマ 『夢で逢いましょう』(TBS)で共演した押尾学と翌2006年11月13日に結婚、翌々2007年11月19日に第1子(長男)が誕生した。その一方で矢田の仕事は減少傾向となり、2006年4月から放送されたドラマ『トップキャスター』(フジテレビ、2006年4月 - 6月)への出演を最後に、目立った芸能活動はなくなった。また、アフラックのCM契約も同年7月28日を以って終了した。

2009年1月12日、3年ぶりに『ヴォイス〜命なき者の声〜』(フジテレビ)への出演で、約3年ぶりに表舞台に復帰した。しかし同年8月、押尾学事件によって押尾が逮捕。その直後には押尾との離婚が発表された。直接の理由はこの事件とされたが、2人は既にこの半年前から別居状態にあったという[1]。離婚後、矢田はしばらく休養していたが、2010年(平成22年)5月29日放送の『刑事・鳴沢了〜史上最悪の24時間〜』(フジテレビ)で女優復帰した。また、同年放送の『逃亡弁護士』(関西テレビ)にも出演した。この年には、会見で押尾のことを謝罪もした[2]

2012年3月8日フジテレビ系『森田一義アワー 笑っていいとも!』のコーナー「テレフォンショッキング」で、矢田は「友達ではないのですが、私の大好きな大竹しのぶさん」と紹介。また大竹しのぶに「初めまして、矢田亜希子と申します」「いつかご縁があったら、よろしくお願いします」という挨拶をした[3]。(建前ではあったが)それまでゲストが翌日・翌週のお友達を紹介するというのがお約束だった。その後、2012年4月9日放送分から、ゲストを番組が指名して日替わりにスタジオへ迎えるシステムへと変更された。このことは、一部では矢田の件が原因ではと追究する記事が掲載された[4][5]

出演作品

テレビドラマ

映画

舞台

  • 彼女の言うことには。(2012年)

劇場アニメ

ゲーム

CM

  • ローソン(1996年)
  • UHA味覚糖「ピピンC」(1997年)
  • ライオン「free&freeストレートアクアフォーム」(1997年)
    • 「free&free パールグロス」キラ髪篇(1997年)
    • 「free&free エアニュアンス」(1998年)
    • 「free&free パウダーinワックス」(1998年)
    • 「free&free リメイクシリーズ」(1999年)
    • 「free&free パーマアクアフォーム」くしゅくしゅ篇(1999年)
    • 「free&free ウォータリーワックス」(1999年)
  • ジャパンエナジーJOMO」(1999年 - 2000年)
  • 森永製菓ハイチュウ」(2000年)
  • アサヒ化成「旬果搾り・今だけ旬果プレゼント篇」(2002年)
  • アメリカンファミリー生命保険会社「EVER」(2002年 - 2006年)
    • 「EVER誕生・海辺篇」(2002年)
    • 「保険料が上がらない・街角篇」(2002年)
    • 「ちゃんと選ぶ・橋の上篇」(2002年)
    • 「ぜったいヤダ篇」(2002年)
    • 「夫婦・保育士篇」(2003年)
    • 「赤ちゃん・保育士篇」(2003年)
    • 「思い出せない篇」(2003年)
  • 花王ソフィーナ「RAYCIOUS」(2003年 - 2006年)
  • JAL(2003年 - 2006年)
    • 「バースデー割引」 (2003年)
  • 日本コカ・コーラ
  • Canon「レーザープリンターSatera」(2004年 - 2006年)
  • 健康コーポレーション どろあわわ (2016年4月 - )

書籍

写真集

脚注

  1. ^ “矢田亜希子 押尾学容疑者との離婚発表”. デイリースポーツonline. (2009年8月8日). オリジナル2009年8月10日時点によるアーカイブ。. http://web.archive.org/web/20090810040738/http://www.daily.co.jp/gossip/2009/08/08/0002209927.shtml 
  2. ^ “矢田亜希子「彼のこと信じるしかなかった」胸中激白”. zakzak (産経デジタル). (2010年3月18日). http://www.zakzak.co.jp/entertainment/ent-news/news/20100318/enn1003181206001-n2.htm 2016年3月31日閲覧。 
  3. ^ この矢田の挨拶に対して、大竹は一瞬沈黙していた。
  4. ^ タモリもやる気ゼロ……『笑っていいとも!』テレフォンコーナー改新の断末魔、エキサイトニュース、2015年1月3日閲覧。
  5. ^ 「笑っていいとも!」名物企画変更の陰に矢田亜希子の“放言”(2012年4月19日)、『週刊文春』2012年4月26日号。

関連項目

外部リンク