コンテンツにスキップ

小林聡美

出典: フリー百科事典『ウィキペディア(Wikipedia)』
こばやし さとみ
小林 聡美
本名 小林 聡美[要出典]
生年月日 (1965-05-24) 1965年5月24日(59歳)
出身地 日本の旗 日本 東京都葛飾区
身長 156 cm
血液型 AB型
職業 女優エッセイスト
ジャンル テレビドラマ映画舞台ナレーション
活動期間 1979年 -
配偶者 三谷幸喜1995年 - 2011年
公式サイト https://www.kobayashisatomi.com/
主な作品

テレビドラマ

映画

ナレーション

 
受賞
日本アカデミー賞
ブルーリボン賞
その他の賞
報知映画賞
新人賞
第7回(1982年度)『転校生』
ヨコハマ映画祭
最優秀新人賞
1983年『転校生』
助演女優賞
2015年『紙の月』
キネマ旬報ベスト・テン
助演女優賞
2015年『紙の月』
受賞歴参照
テンプレートを表示

小林 聡美こばやし さとみ[1]1965年昭和40年〉5月24日 - )は、日本女優エッセイスト[2]東京都葛飾区出身[3]。身長156センチメートル[4]。血液型はAB型[4]。特技は水泳[4]

来歴・人物[編集]

1979年、中学2年時に『3年B組金八先生』のオーディションに合格し、生徒役でデビュー[5]

1982年大林宣彦監督の『転校生』で主演に抜擢[6]。同作で日本アカデミー賞新人俳優賞を受賞。

1988年、『やっぱり猫が好き』の三女・きみえ役を演じ、個性派女優として一躍人気者になる[6][5]

2003年、『すいか』でテレビドラマ初主演。

2006年に公開されヒットした『かもめ食堂』を皮切りに、『めがね』など、スローライフをテーマとした映画に多く主演した[3][7]

2014年、『紙の月』の演技で第57回ブルーリボン賞助演女優賞など各賞を受賞。

エッセイストとして著述活動も行っており、エッセイを多数出版している[2]

私生活では、『やっぱり猫が好き』の脚本を担当した三谷幸喜1995年10月に結婚[5]。16年間の結婚生活を経て、2011年5月23日に離婚[8]。二人の間に子供はいない[9]

2011年頃より俳句に関心を持ち、自ら句会を立ち上げるなど力を入れている[2]。「東京やなぎ句会」同人。

女優業、執筆業のかたわら、45歳の時に社会人入試に合格し、4年制大学に入学[10]2015年春の卒業後は大学院へ進学、「近世の風俗や落語の歴史的展開を研究したい」としている[11][12]

本人は葛飾区生まれだが、大工である父は岩手県出身、母は秋田県出身[13]で、その縁から東北の祭りにも足を運ぶ[14]

出演作品[編集]

テレビドラマ[編集]

主演は太字

映画[編集]

舞台[編集]

ナレーション[編集]

その他のテレビ番組[編集]

CM[編集]

ネット配信[編集]

  • コートダジュールN゜10 Hulu版(2017年11月28日配信開始、全4話、Hulu)[注釈 3][41]

ラジオ[編集]

  • 小林聡美の東京100発ガール
  • 小林聡美のコマンタレヴー!(JFN
ラジオドラマ
カフェテラスのふたり(NHK-FM放送
  • 星へ行く船(原作:新井素子、1986年4月21日-5月2日) - 森村あゆみ
  • さだまさしの自分症候群(原作:さだまさし、1986年5月19日-5月23日)
  • さだまさしの青春症候群(原作:さだまさし、1986年7月7日-7月10日)
  • ザ・素ちゃんズ・ワールド-"ひでおと素子の愛の交換日記"から(原作:新井素子,吾妻ひでお、1986年10月13日-10月24日) - 新井素子
アドベンチャーロード(NHK-FM放送)
  • もしかして時代劇(原作:宮本昌孝、1989年) - 津田美雪

著書[編集]

  • 『サボテンのおなら』(1994年、扶桑社文庫平野恵理子絵) のち幻冬舎文庫
  • 『ほげらばり Forget about it』(1994年、扶桑社) のち幻冬舎文庫(『ほげらばり メキシコ旅行記』改題)
  • 『凛々乙女』(1995年、世界文化社) のち幻冬舎文庫
  • 『東京100発ガール』(1995年、幻冬舎) のち文庫
  • 『やっぱり猫が好き』(1998年、幻冬舎、もたいまさこ室井滋共著)
  • 『案じるより団子汁』(1996年、幻冬舎) のち文庫
  • 『マダム小林の優雅な生活』(1998年、幻冬舎) のち文庫
  • 『キウィおこぼれ留学記』(2002年、幻冬舎文庫)
  • 『マダムだもの』(2002年、幻冬舎) のち文庫
  • 『ワタシは最高にツイている』(2007年、幻冬舎) のち文庫
  • 『アロハ魂』(2009年、幻冬舎) のち文庫
  • 『散歩』(2013年、幻冬舎) のち文庫
  • 『読まされ図書室』(2014年、宝島社) のち文庫
  • 『ていだん』(2017年、中央公論新社)※ゲスト36人との対談本
  • 『聡乃学習』(2019年、幻冬舎)

受賞歴[編集]

脚注[編集]

注釈[編集]

  1. ^ 映画デビュー作[1]
  2. ^ プールサイド編では水着を着た小林がビートたけしのギャグの1つ、「コマネチ!」を披露している。
  3. ^ WOWOWとの共同製作。WOWOW版は全5話で11月20日 - 12月18日放送。

出典[編集]

  1. ^ a b c ゴジラ大百科 1993, p. 119, 構成・文 岩田雅幸「決定保存版 怪獣映画の名優名鑑」
  2. ^ a b c 2月21日(土)ゲスト:小林聡美”. ザ・インタビュー〜トップランナーの肖像〜. BS朝日 (2015年2月21日). 2015年7月7日時点のオリジナルよりアーカイブ。2016年10月14日閲覧。
  3. ^ a b 山崎伸子 (2011年10月17日). “小林聡美、初共演の原田知世に「時をかけていた頃と変わらない」と笑顔で語る”. ニュースウォーカー (KADOKAWA). https://moviewalker.jp/news/article/25366/ 2016年10月15日閲覧。 
  4. ^ a b c 小林 聡美”. 日本タレント名鑑. VIPタイムズ社. 2016年10月14日閲覧。
  5. ^ a b c “インタビュー<日曜のヒロイン> 第374回 小林聡美”. 日刊スポーツ. (2003年8月10日). https://www.nikkansports.com/ns/entertainment/interview/2003/sun030810.html 2016年10月14日閲覧。 
  6. ^ a b 「破之参 『ゴジラVSモスラ』」『平成ゴジラ大全 1984-1995』編著 白石雅彦、スーパーバイザー 富山省吾双葉社〈双葉社の大全シリーズ〉、2003年1月20日、178 - 180頁。ISBN 4-575-29505-1 
  7. ^ “小泉今日子と瑛太の弟・永山絢斗『かもめ食堂』チームに初参加!小泉、仕切り屋ぶりを暴露される!”. シネマトゥデイ. (2010年10月21日). https://www.cinematoday.jp/news/N0027733 2016年10月15日閲覧。 
  8. ^ “三谷幸喜・小林聡美夫妻が離婚「小さな違いが積み重なった」”. ORICON STYLE (オリコン). (2011年5月23日). https://www.oricon.co.jp/news/87995/full/ 2016年10月14日閲覧。 
  9. ^ 三谷幸喜、小林聡美夫妻が離婚”. サンスポ (2011年5月23日). 2011年8月18日時点のオリジナルよりアーカイブ。2011年5月23日閲覧。
  10. ^ 小林聡美 (2016年4月26日). “SUNDAY LIBRARY 小林 聡美・評『学びの技』『東大教授が教える独学勉強法』”. 毎日新聞. https://mainichi.jp/articles/20160426/org/00m/040/039000c 2016年10月14日閲覧。 
  11. ^ 天野賢一 (2016年4月26日). “小林聡美さん 思い出の北欧のまかない”. NIKKEI STYLE (日本経済新聞社). https://www.nikkei.com/article/DGXKZO87394210Y5A520C1W02001/ 2016年10月14日閲覧。 
  12. ^ 女優・小林聡美さんインタビュー「日々、心がけていること」 [おとなスタイル]”. JOSEISHI.NET. 講談社 (2016年5月22日). 2016年10月14日閲覧。
  13. ^ 日本経済新聞社・日経BP社. “小林聡美さん 思い出の北欧のまかない|旅行・レジャー|NIKKEI STYLE”. NIKKEI STYLE. 2020年11月6日閲覧。
  14. ^ (2ページ目)清水ミチコ×金田一秀穂×小林聡美 そっと、なりきる【後編】|芸能|婦人公論.jp”. 婦人公論.jp. 2020年11月6日閲覧。
  15. ^ “小林聡美「パンとスープとネコ日和」は「ゆとりのある方に見てほしい」”. 映画.com. (2014年1月19日). https://eiga.com/news/20140119/3/ 2022年1月23日閲覧。 
  16. ^ “瑛太主演「家族」がテーマのドラマ今秋放送”. ウォーカープラス. (2015年4月14日). https://thetv.jp/news/detail/57652/ 2015年4月17日閲覧。 
  17. ^ 小林聡美主演、「かもめ食堂」の群ようこが脚本を手がけるドラマが12月に放送”. 映画ナタリー (2015年9月29日). 2015年9月29日閲覧。
  18. ^ “小林聡美&大島優子、新感覚ドラマで共演 9話で9つのキャラクター演じる意欲作”. ORICON NEWS (oricon ME). (2017年8月11日). https://www.oricon.co.jp/news/2095484/full/ 2022年1月22日閲覧。 
  19. ^ “小林聡美&大島優子、新ドラマで9変化!9役への挑戦を語る”. ザテレビジョン (KADOKAWA). (2017年11月15日). https://thetv.jp/news/detail/127914/ 2022年1月22日閲覧。 
  20. ^ 広瀬すず、新ドラマ『anone』でベリーショート披露 共演に瑛太ら決定”. ORICON STYLE (2017年12月4日). 2017年12月4日閲覧。
  21. ^ リリー・フランキーと吉田大八がドラマでタッグ、小林聡美と岡田将生も出演”. 映画ナタリー. 株式会社ナターシャ (2019年2月21日). 2019年2月21日閲覧。
  22. ^ “24時間テレビのドラマ「虹色のチョーク」道枝駿佑の父役は江口洋介、小林聡美も出演”. 映画ナタリー (ナターシャ). (2023年8月4日). https://natalie.mu/eiga/news/535646 2023年8月4日閲覧。 
  23. ^ 「春になったら」濱田岳が奈緒の婚約者役 小林聡美、光石研、筒井真理子も出演”. 映画ナタリー. ナターシャ (2023年12月4日). 2023年12月4日閲覧。
  24. ^ 小泉今日子と小林聡美が幼なじみ役で共演、ドラマ「団地のふたり」9月スタート”. 映画ナタリー. ナターシャ (2024年5月22日). 2024年5月22日閲覧。
  25. ^ 小林聡美が犬の保護活動追うディレクター役で主演、「犬に名前をつける日」”. 映画ナタリー (2015年8月21日). 2015年8月21日閲覧。
  26. ^ 多部未華子主演『あやしい彼女』追加キャスト発表 小林聡美、要潤らが共演”. ORICON STYLE (2015年11月6日). 2015年11月6日閲覧。
  27. ^ 阿部寛、今度は夢追う“ダメ中年”!? 樹木希林と親子役…是枝監督最新作『海よりもまだ深く』”. シネマカフェ (2015年12月25日). 2015年12月25日閲覧。
  28. ^ “大泉洋主演『騙し絵の牙』追加キャスト 宮沢氷魚、池田エライザ、中村倫也ら12人”. ORICON NEWS (oricon ME). (2020年1月15日). https://www.oricon.co.jp/news/2153125/full/ 2020年1月15日閲覧。 
  29. ^ スズさん ~昭和の家事と家族の物語~
  30. ^ “小林聡美主演・松重豊共演、平山秀幸監督の新作映画『ツユクサ』公開決定”. ORICON NEWS. (2021年12月24日). https://www.oricon.co.jp/news/2218928/full/ 2022年1月23日閲覧。 
  31. ^ 安達祐実ら主演「三日月とネコ」に小林聡美、山中崇、石川瑠華が出演 公開日も決定”. 映画ナタリー. ナターシャ (2024年1月29日). 2024年1月29日閲覧。
  32. ^ 綾野剛、吉岡里帆、森崎ウィン、小林聡美、堂本剛主演×荻上直子監督『まる』出演決定”. リアルサウンド映画部. blueprint (2024年6月27日). 2024年6月27日閲覧。
  33. ^ エンタステージ. (2020年9月24日). https://enterstage.jp/news/2020/09/015405.html+2022年1月23日閲覧。 
  34. ^ “小林聡美4年ぶり映画主演「犬に名前をつける日」 福島被災犬取材のディレクター役”. スポーツ報知 (報知新聞社). (2015年8月21日). オリジナルの2015年8月22日時点におけるアーカイブ。. https://web.archive.org/web/20150822032918/http://www.hochi.co.jp/entertainment/20150820-OHT1T50147.html 2015年8月21日閲覧。 
  35. ^ 7月3日 19:04 Facebook TYO GROUP
  36. ^ 「バイシン」『広告批評』第156号、マドラ出版、1992年12月1日、33頁、NDLJP:1853125/18 
  37. ^ 「アド・トレンド / 編集部 ; 島森路子 ; 滝 ; Y ; S」『広告批評』第163号、マドラ出版、1993年7月1日、126頁、NDLJP:1853132/65 
  38. ^ 新垣結衣、「十六茶」元祖CMキャラクター・小林聡美と初共演「湧いてます」」『マイナビニュース』マイナビ、2023年3月7日。2023年6月30日閲覧。オリジナルの2023年3月7日時点におけるアーカイブ。
  39. ^ 小林聡美のCM出演情報”. ORICON STYLE. 2016年11月3日閲覧。
  40. ^ パスコ、小林聡美が出演する「超熟」の新CMシリーズを公開、「リサとガスパールのたっぷりトート!プレゼント」も開催」『navicon』2010年2月1日。2022年1月23日閲覧。オリジナルの2022年1月23日時点におけるアーカイブ。
  41. ^ “小林聡美&大島優子、新ドラマで9変化!9役への挑戦を語る”. ザテレビジョン (KADOKAWA). (2017年11月15日). https://thetv.jp/news/detail/127914/ 2022年1月22日閲覧。 
  42. ^ 第6回日本アカデミー賞優秀作品、日本アカデミー賞公式サイト、2015年1月15日閲覧。
  43. ^ 2014年 第88回キネマ旬報ベスト・テン”. KINENOTE. 2015年1月8日閲覧。
  44. ^ 第38回日本アカデミー賞最優秀賞発表!、日本アカデミー賞公式サイト、2015年1月15日閲覧。
  45. ^ “【ブルーリボン賞】小林聡美「夢のよう」”. スポーツ報知 (報知新聞社). (2015年1月23日). オリジナルの2015年1月23日時点におけるアーカイブ。. https://web.archive.org/web/20150123030359/http://www.hochi.co.jp/entertainment/20150123-OHT1T50008.html 2015年1月23日閲覧。 

参考文献[編集]

  • 『ENCYCLOPEDIA OF GODZILLA ゴジラ大百科 [メカゴジラ編]』監修 田中友幸、責任編集 川北紘一Gakken〈Gakken MOOK〉、1993年12月10日。 

外部リンク[編集]