東京やなぎ句会

出典: フリー百科事典『ウィキペディア(Wikipedia)』
ナビゲーションに移動 検索に移動

東京やなぎ句会(とうきょう・やなぎ・くかい)は1969年に結成された句会俳句の同好会)である。

メンバー[編集]

創設メンバー[編集]

(創設メンバーの俳号は[1]

のちに参加したメンバー[編集]

概要[編集]

1969年1月5日東京都新宿区鮨屋「銀八」で「やなぎ句会」の名で結成。

同年1月末、やなぎ句会の影響で、雑誌『話の特集』の関係者が「話の特集句会」を開始。永、小沢と、書記の女性は、やなぎ句会と共通していた[2]

のち神吉、加藤が加わり12人となった。1974年に「東京やなぎ句会」に改称。

細かい会則(規則)があり、欠席の場合は必ず未婚女性を代理で出席させることや、句友の女性に手を出した人は即時除名するなどがある[3]

毎月17日に定例句会を開催し、俳句の作品発表のほか、俳句とは全く関係ない話などで盛り上がるという。

同人の多くが亡くなり、残るのが矢野と小三治のみになってしまったため、山下(1997年より書記)、小林、倉野、梅花を加入させて、句会を続けている[4]

東京やなぎ句会名義の著書[編集]

  • 佐渡新発見 東京やなぎ句会(著) 三一書房(三一新書) 1993
  • 友あり駄句あり三十年―恥多き男づきあい春重ね 入船亭扇橋, 柳家小三治, 江國滋, 大西信行, 三田純市, 桂米朝, 永井啓夫, 矢野誠一, 永六輔, 神吉拓郎, 小沢昭一, 加藤武(著) 東京やなぎ句会(編集) 日本経済新聞社 1999
  • 五・七・五―句宴四十年 東京やなぎ句会(編集) 岩波書店 2009
  • 楽し句も、苦し句もあり、五・七・五――五百回、四十二年 東京やなぎ句会(編集) 岩波書店 2011
  • 友ありてこそ、五・七・五 東京やなぎ句会(編集) 岩波書店 2013

外部リンク[編集]

脚注[編集]

  1. ^ 江国滋「人間山脈」(芸術生活社)P.273-274
  2. ^ 矢崎泰久『句々快々「話の特集」交友録』(本阿弥書店)P.9
  3. ^ 東京やなぎ句会 四十年の愉しみ(入船亭扇橋)
  4. ^ 矢野誠一『別冊太陽 柳家小三治 「すべて東京やなぎ句会でつくられた 十二人の熱気あふれる才人たち」』平凡社、2018年10月25日、88-91頁。ISBN 9784582945874