東京やなぎ句会

出典: フリー百科事典『ウィキペディア(Wikipedia)』
ナビゲーションに移動 検索に移動

東京やなぎ句会(とうきょう・やなぎ・くかい)は俳句の同好会である。

1969年1月5日東京都新宿区鮨屋「銀八」で結成、メンバーは入船亭扇橋(宗匠、俳号は光石[1])、永六輔(俳号は並木橋)、小沢昭一(俳号は変哲)、江國滋(俳号は滋酔郎)、桂米朝(俳号は八十八)、大西信行(俳号は獏十)、柳家小三治(俳号は土茶)、矢野誠一(俳号は徳三郎)、三田純市(俳号は頓道)、永井啓夫(俳号は余沙)の10人。

同年1月末、やなぎ句会の影響で、雑誌『話の特集』の関係者が「話の特集句会」を開始、永六輔小沢昭一と、書記の女性とは、やなぎ句会と共通していた[2]

のち神吉拓郎(俳号は尊鬼のち拓郎)、加藤武(俳号は阿吽)が加わり12人となった。「やなぎ句会」で開始し、1974年に「東京やなぎ句会」に改称。

細かい会則(規則)があり、欠席の場合は必ず未婚女性を代理で出席させることや、句友の女性に手を出した人は即時除名するなどがある。[3]

彼らは毎月17日に定例句会を開催し、俳句の作品発表会のほか、俳句とは全く関係ない話などで盛り上がりを見せているという。

東京やなぎ句会名義の著書[編集]

外部リンク[編集]

脚注[編集]

  1. ^ 創設メンバーの俳号は江国滋「人間山脈」(芸術生活社)P.273-274
  2. ^ 矢崎泰久『句々快々「話の特集」交友録』(本阿弥書店)P.9
  3. ^ 東京やなぎ句会 四十年の愉しみ(入船亭扇橋)