そうだ 京都、行こう。

出典: フリー百科事典『ウィキペディア(Wikipedia)』
移動先: 案内検索

そうだ 京都、行こう。(そうだ きょうと、いこう)は、東海旅客鉄道(JR東海)が1993年から実施しているキャンペーンである。首都圏中京圏から京都へ観光客を誘致するため、映像やキャッチコピーを駆使して京都の風景を紹介している[1]

なお、本記事では、2016年から開始された新シリーズ「そうだ 京都は、今だ。(そうだ きょうとは、いまだ)」についても述べる。

概要[編集]

本キャンペーンは、1993年、平安建都1200年記念事業に合わせる形で開始された[1]紅葉など、季節ごとの京都の魅力を紹介しており[2]、本キャンペーンで取り上げられた寺社に観光客が多くつめかけるなど、その影響力は大きい[3]

開始当時のクリエイティブ・ディレクター佐々木宏であり、以後10年に渡って本キャンペーンの広告の制作を手掛けた[4]。また、開始当初から、キャンペーンで使用されるキャッチコピーは太田恵美、キャンペーンで取り上げる観光地の撮影は高崎勝二がそれぞれ担当している。

テレビCM[編集]

本キャンペーンのテレビCMでは、長塚京三によるナレーションが流れる中[5]、京都の観光地を撮影した映像が流れる。また、CMのBGMには「私のお気に入り」が使用されており[5]、CMの雰囲気に合わせて曲調が変えられている[6]

本キャンペーンのクリエイティブ・ディレクターを務めた佐々木によると、クライアントから「京都だから絵葉書でいい」と言われたことを受けて、CMにタレントを出演させず、「世界一の絵葉書」を作るという発想に至ったという[7]

2016年10月現在、24年間で77カ所・93本のテレビCMが撮影・放送された。[8]

そうだ 京都は、今だ。[編集]

本キャンペーンの新シリーズとして、2016年から「そうだ 京都は、今だ。」が開始された。このシリーズでは、京都の文化や芸術に焦点を当て[2]、期間限定で公開される文化財について、ポスターなどを駆使して紹介する[9]。また、テレビCMも制作されており、小林聡美がナレーションを務め、編曲は川井憲次が担当している[10]

受賞歴[編集]

  • 2009年 - 京都創造者賞(もてなし・環境部門)[1]

関連書籍[編集]

関連項目[編集]

出典[編集]

[ヘルプ]
  1. ^ a b c これまでの受賞者・授賞式 2009”. 京都ブランド推進連絡協議会オフィシャルサイト. 2016年6月11日閲覧。
  2. ^ a b 「そうだ京都、行こう。」の新シリーズ「そうだ京都は、今だ。」開始”. 乗りものニュース (2016年6月26日). 2016年8月7日閲覧。
  3. ^ 巨人の存在感 ホテルの枠超え企画探る”. 京都新聞 (2006年11月24日). 2016年8月7日閲覧。
  4. ^ 佐々木宏 -2- 面白い広告”. SHARE SMILE公式サイト. J-WAVE (2009年11月10日). 2016年6月11日閲覧。
  5. ^ a b 「そうだ京都、行こう。」2015年春バージョンの“特別版CM”が放送決定”. ORICON STYLE. オリコン (2015年2月2日). 2016年6月11日閲覧。
  6. ^ 聞くと京都に行きたくなる…あのCM曲のヒミツ”. zakzak. 産業経済新聞社 (2006年11月21日). 2016年6月11日閲覧。
  7. ^ 「人を変える、あなたが変わる」一流のプロの言葉【3】”. PRESIDENT Online. プレジデント社 (2013年12月23日). 2016年6月11日閲覧。
  8. ^ 2016年10月13日放送 東海テレビ「みんなのニュースOne」特集コーナー
  9. ^ 「そうだ 京都は、今だ。」 JR東海が新キャンペーン”. 朝日新聞デジタル. 朝日新聞社 (2016年7月13日). 2016年8月7日閲覧。
  10. ^ TYO GROUPFacebook、2016年7月3日 19:04の投稿

外部リンク[編集]