そうだ 京都、行こう。

出典: フリー百科事典『ウィキペディア(Wikipedia)』

そうだ 京都、行こう。(そうだ きょうと、いこう)は、東海旅客鉄道(JR東海)が1993年から実施しているキャンペーンである。首都圏中京圏から京都へ観光客を誘致するため、映像やキャッチコピーを駆使して京都の風景を紹介している[1]

なお、本記事では、2016年から開始された新シリーズ「そうだ 京都は、今だ。(そうだ きょうとは、いまだ)」についても述べる。

概要[編集]

2020年の庭園探訪企画に合わせ東京駅八重洲中央口に石庭が設けられた

本キャンペーンは、1993年平安遷都1200年記念事業に合わせる形で開始された[1]

取り上げる場所は主に京都市内であるが、時折京都市外の京都府の各市町村も取り上げている。紅葉など、季節ごとの京都の魅力を紹介しており[2]、本キャンペーンで取り上げられた寺社に観光客が多くつめかけるなど、その影響力は大きい[3]

開始当時のクリエイティブ・ディレクター佐々木宏であり、以後10年に渡って本キャンペーンの広告の制作を手掛けた[4]。また、開始当初から、キャンペーンで使用されるキャッチコピーは太田恵美、キャンペーンで取り上げる観光地の撮影は高崎勝二がそれぞれ担当している。

テレビCM[編集]

本キャンペーンのテレビCMでは、長塚京三によるナレーションが流れる中[5]、京都の観光地を撮影した映像が流れる。また、CMのBGMには「私のお気に入り」が使用されており[5]、CMの雰囲気に合わせて曲調が変えられている[6]

本キャンペーンのクリエイティブ・ディレクターを務めた佐々木によると、クライアントから「京都だから絵葉書でいい」と言われたことを受けて、CMにタレントを出演させず、「世界一の絵葉書」を作るという発想に至ったという[7]

当初は他のJR東海のCMと同様にサウンドロゴがあり、京都駅を通る新幹線が映し出されていたが(当初は300系、1999年からは700系)、2002年以降の制作分ではカットされている。また、2010年以降の制作分では画面右下または左下に「映像はCM上の演出を施しています。」の注釈が表示されている(春の放送分はそれに加えて「桜の開花情報はJR東海のHPで。」も表示される)。

2016年10月現在、24年間で77カ所・93本のテレビCMが撮影・放送された。[8]

2018年10月、25年間ナレーションを務めた長塚京三の卒業が発表された[9]。CMは今後も継続され、2019年春の放送分より、二代目ナレーターに柄本佑が就任する[10]。同時に、フォントがリニューアルされ、「そうだ・京都、・行こう」の三行表示から、「そうだ・京都、行こう」の二行表示に改められた。

2020年以降はコロナ禍で暫くテレビCMは作られていなかったが(代わりにYouTubeにWeb動画を掲載)、2022年夏に復活した。この際初めて建仁寺が撮影に使われた。

作品一覧[編集]

1990年代
季節 場所 備考
1993 清水寺 第一回作品
三千院
地蔵院
龍安寺
三十三間堂
天龍寺
伏見稲荷大社
1994 仁和寺
平安神宮
比叡山
祇園
高雄
嵯峨野
北山
金閣寺
銀閣寺
1995 上賀茂神社
醍醐寺(桜)
醍醐寺(美術)
上賀茂 小川
嵐山川下り
嵐山渡月橋
青蓮院
等持院
南禅寺
東寺
1996 高台寺
大覚寺
妙心寺
廣隆寺
正伝寺
高桐院
永観堂
1997 哲学の道
詩仙堂
相国寺
東福寺
知恩院
1998 二条城
黄梅院
鞍馬山
泉涌寺
八坂神社
1999 善峯寺 CM最後のサウンドロゴを700系に変更。
宝泉院
法然院
大仙院
2000年代
季節 場所 備考
2000 毘沙門堂
萬福寺
東福寺・光明院
2001 醍醐寺
2002 天龍寺
真如堂
2003 平等院
2004 神護寺
清水寺
2005 善峯寺
2006 祇園円山公園
曼殊院
2007 上賀茂神社
嵯峨野嵐山
嵯峨野大覚寺
2008 南禅寺
比叡山延暦寺
大原の里
大原三千院
2009 醍醐寺
泉涌寺
光明寺
2010年代
季節 場所 備考
2010 仁和寺
清水寺
金戒光明寺 
2011 東寺
本願寺界隈 東本願寺西本願寺
毘沙門堂
2012 龍安寺
伏見稲荷大社
二尊院
2013 妙心寺 退蔵院
石清水八幡宮
南禅寺 天授庵
2014 十輪寺
萬福寺
源光庵
2015 京都の桜 これまでの春の制作分の総集編。
初夏の京都 これまでの夏の制作分の総集編。
下鴨神社
京都の紅葉 これまでの秋の制作分の総集編。
2016 京都御所
天龍寺
2017 二条城
東寺
2018 勸修寺
一休寺 25周年記念作品。このCMのみそうだ(SINCE 1993) KYOTO 行こう。と表示。
2019 賀茂川 本作品よりナレーションを柄本佑に交代。
祇王寺常寂光寺
真如堂金戒光明寺
2020年代
季節 場所 備考
2020 大徳寺
2022 建仁寺

KYOTO・CLUB[編集]

KYOTO・CLUB会員証

キャンペーンが始まった1993年から10年間、会員制の「KYOTO・CLUB」が運営されていた。入会すると提携先で提示することで割引サービスが受けられる会員証と年間パスポートが送付されたほか、東海道新幹線と京都市内のホテルを組み合わせた特典ツアーの斡旋などが行われた。

そうだ 京都は、今だ。[編集]

本キャンペーンの新シリーズとして、2016年から「そうだ 京都は、今だ。」が開始された。このシリーズでは、京都の文化や芸術に焦点を当て[2]、期間限定で公開される文化財について、ポスターなどを駆使して紹介する[11]。また、テレビCMも制作されており、小林聡美がナレーションを務め、編曲は川井憲次が担当している[12]

受賞歴[編集]

  • 2009年 - 京都創造者賞(もてなし・環境部門)[1]

関連書籍[編集]

関連項目[編集]

出典[編集]

[脚注の使い方]
  1. ^ a b c これまでの受賞者・授賞式 2009”. 京都ブランド推進連絡協議会オフィシャルサイト. 2016年6月11日閲覧。
  2. ^ a b 「そうだ京都、行こう。」の新シリーズ「そうだ京都は、今だ。」開始”. 乗りものニュース (2016年6月26日). 2016年8月7日閲覧。
  3. ^ 巨人の存在感 ホテルの枠超え企画探る”. 京都新聞 (2006年11月24日). 2016年8月7日閲覧。
  4. ^ 佐々木宏 -2- 面白い広告”. SHARE SMILE公式サイト. J-WAVE (2009年11月10日). 2016年6月11日閲覧。
  5. ^ a b 「そうだ京都、行こう。」2015年春バージョンの“特別版CM”が放送決定”. ORICON STYLE. オリコン (2015年2月2日). 2016年6月11日閲覧。
  6. ^ 聞くと京都に行きたくなる…あのCM曲のヒミツ”. zakzak. 産業経済新聞社 (2006年11月21日). 2016年6月11日閲覧。
  7. ^ 「人を変える、あなたが変わる」一流のプロの言葉【3】”. PRESIDENT Online. プレジデント社 (2013年12月23日). 2016年6月11日閲覧。
  8. ^ 2016年10月13日放送 東海テレビみんなのニュースOne」特集コーナー
  9. ^ 長塚京三さん「そうだ 京都、行こう。」最初で最後の生ナレ披露 25周年展で”. シブヤ経済新聞. みんなの経済新聞ネットワーク本部 (2018年10月9日). 2018年10月13日閲覧。
  10. ^ 「そうだ 京都、行こう。」新ナレーターに柄本佑 初代・長塚京三が激励”. シネマトゥデイ. Yahoo!ニュース (2019年1月25日). 2019年1月25日閲覧。
  11. ^ 「そうだ 京都は、今だ。」 JR東海が新キャンペーン”. 朝日新聞デジタル. 朝日新聞社 (2016年7月13日). 2016年8月7日閲覧。
  12. ^ TYO GROUPFacebook、2016年7月3日 19:04の投稿

外部リンク[編集]