法然院

出典: フリー百科事典『ウィキペディア(Wikipedia)』
移動先: 案内検索
法然院
法然院
所在地 京都府京都市左京区鹿ケ谷御所ノ段町30
位置 北緯35度1分26.3秒 東経135度47分50.7秒 / 北緯35.023972度 東経135.797417度 / 35.023972; 135.797417座標: 北緯35度1分26.3秒 東経135度47分50.7秒 / 北緯35.023972度 東経135.797417度 / 35.023972; 135.797417
山号 善気山
宗旨 浄土宗
宗派 単立
寺格 単立寺院
本尊 阿弥陀如来
創建年 鎌倉時代初期
開基 法然
中興年 江戸時代初期
中興 萬無・忍澂
正式名 善気山法然院萬無教寺
別称 本山獅子谷法然院
文化財 方丈障壁画(国の重要文化財)
公式HP 法然院のホームページ
地図
法然院の位置(京都市内)
法然院
法人番号 1130005001830
テンプレートを表示

法然院(ほうねんいん)は、京都市左京区鹿ヶ谷にある浄土宗系の寺院である。元は浄土宗内の独立した一本山であったが、昭和28年(1953年)に浄土宗より独立し、単立宗教法人となる。正式名は、「善気山法然院萬無教寺」と号するが、院号の「法然院」で名が通っている。別称には「本山獅子谷法然院」がある[1]

歴史[編集]

寺の起こりは、鎌倉時代に、法然が弟子たちと共に六時礼讃行を修した草庵に由来するという。

江戸時代になり、延宝8年(1680年)に、知恩院の第38世である萬無が、法然ゆかりの地に念仏道場を建てることを発願し、門弟の忍澂と共に再興したのが当寺であるとされる。

現貫主は31世の梶田真章(1984年就任)。

境内[編集]

寺は、鄙びた趣きをもつ、茅葺で数奇屋造りの山門と、内藤湖南河上肇谷崎潤一郎九鬼周造福田平八郎などの著名な学者、文人、画家の墓が数多く存在する。哲学の道近くという立地も関係して、春秋の観光シーズンには、大勢の参拝者がある。

本堂の本尊は阿弥陀如来坐像であり、法然上人立像なども安置されている。また、方丈にある狩野光信筆の襖絵は重要文化財に指定されている。また境内には、名水として有名な「善気水」が湧き出している[2]

文化財[編集]

重要文化財[編集]

  • 障壁画
    • 金地著色桐に竹図(方丈上の間)床間貼付3面、襖4面
    • 金地著色若松図(方丈上の間)違棚壁貼付3面
    • 金地著色槇に海棠図(方丈次の間)襖4面
    • 附:金地著色松図 二曲屏風一双

所在地・アクセス[編集]

  • 京都市左京区鹿ケ谷御所ノ段町30
  • 京都市営バス急行100系統、法然院町バス停下車徒歩6分。5系統・17系統・203系統・204系統、浄土寺バス停下車徒歩10分。32系統、南田町バス停下車徒歩3分。

境内の拝観は無料であり、6:00から16:00の拝観時間には、自由に境内を参観できる。

通常は本堂等の建物内は非公開である。建物内の有料一般公開が年2回行われる。春の一般公開が4月1日から7日まで、秋の一般公開が11月1日から7日である。その間は大学の古美術部などの学生ガイドが常駐する。陶器や民芸品などの展示即売会などが行われることもあり、その際は庫裏の建物内に無料で入ることができる他、講堂は現在は貸しギャラリーとなっており、小規模な写真展や絵画展などの各種展覧会が入場無料で開催されることがある。

脚注[編集]

[ヘルプ]
  1. ^ 本山獅子谷法然院 - ゆうちょ銀行の振替口座の加入者名は、「本山獅子谷法然院」である。
  2. ^ 小野芳朗『水の環境史「京の名水」はなぜ失われたか』(PHP新書) PHP研究所、2001年 p.207 ISBN 9784569616186

参考文献[編集]

  • 珂然『獅谷白蓮社忍澂和尚行業記』(『浄土宗全書』18巻1頁以下)
  • 珂然(桝田英伸訳)『師、威厳あって温厚なり-法然院の忍澂上人のはなし』(2010、風濤社)ISBN978-4-89219-2

関連項目[編集]

外部リンク[編集]