梶田真章

出典: フリー百科事典『ウィキペディア(Wikipedia)』
移動先: 案内検索

梶田 真章(かじた しんしょう、1956年9月18日[1] - )は法然院貫主。京都府出身。父は法然院第30代貫主で神戸大学教授を務めた哲学者橋本峰雄

大阪外国語大学ドイツ語学科卒業後、法然院執事となる。1984年に先代の往生に伴い、法然院の第31代の貫主となる。

芸術家の発表の場やシンポジウムの会場として寺を開放するなど、現代における寺の可能性を追求している。一方では環境問題に強い関心を持ち、多くの市民団体に参加する他、FMラジオのトーク番組「京都三条ボンズカフェ」でパーソナリティーをつとめるなど行動する僧侶としても有名。裏千家現家元(16代)坐忘斎千宗室とは京都教育大学附属高等学校で同期。

著書[編集]

脚注[編集]

  1. ^ 『読売年鑑 2016年版』(読売新聞東京本社、2016年)p.256