大阪外国語大学

出典: フリー百科事典『ウィキペディア(Wikipedia)』
移動先: 案内検索
大阪外国語大学
Osaka Univ of F S from Saito.JPG
大学設置 1949年
創立 1921年
廃止 2007年
学校種別 国立
設置者 国立大学法人大阪外国語大学
本部所在地 大阪府箕面市粟生間谷東8丁目1-1
キャンパス 本部(大阪府箕面市)
学部 外国語学部
研究科 言語社会研究科
テンプレートを表示

大阪外国語大学(おおさかがいこくごだいがく、英語: Osaka University of Foreign Studies)は、大阪府箕面市粟生間谷東8丁目1-1に本部を置いていた日本国立大学である。1949年に設置され、2007年に廃止。大学の略称は大阪外大(おおさかがいだい)、大外大(おおがいだい・だいがいだい)、阪外(はんがい)、阪外大(はんがいだい)、OUFS。 1921年大阪市で大阪外国語学校として創立、1949年に大阪外国語大学として大阪市天王寺区上本町において設立され、1979年に箕面市へ移転、2007年10月に大阪大学と統合した。

概要[編集]

大阪外国語大学の中心部(2007年)
彩都側から見た大阪外国語大学と大阪モノレール彩都線
彩都から大阪外国語大学へ向かう通路の開通当時(2007年)の様子

外国語教育を行う官立専門学校外国語学校)の旧制大阪外国語学校を前身とする大学である。

日本には2007年平成19年9月30日まで、外国語学部のみを置く国立大学が二校存在したが、大阪外国語大学はその一つであった(もう一つは、同じ旧制専門学校外国語学校を起源とする東京外国語大学)。2007年に大阪大学と統合した結果、現在は大阪大学外国語学部となっている。

多岐にわたる言語・地域文化の専攻があり、他に例の少ない北欧アフリカの言語まで幅広く扱っていること(国内においては、専攻語としてスウェーデン語デンマーク語ハンガリー語スワヒリ語学士レベルで学べる唯一の大学でもあった[要出典])、また地域文化学科ではそのように多岐にわたる地域研究を専門とした点が特徴であった。

同時に、この大学は外国語教育を主体とする人文社会科学国立大学であるというスタンスもとっていた。外国語学部国際文化学科においては、一、二年次には週5時間専攻語を主に学び、その言語教育を基盤にしたうえで、三、四年次では各自の専門分野を主に学ぶという形をとることで、言語、情報、文化、政治・経済、資源・環境などに対する専門性を同時に身につけることを目標としていた。

東京外国語大学とは姉妹関係にあり、運動会所属団体(体育・運動系部活動)による東西外国語大学対抗定期戦が毎年行われていた。

1991年平成3年)には外国人留学生のためのコースを改組した留学生日本語教育センター(現・日本語日本文化教育センター)を大学に併設した。主に(日本国の)国費留学生を受け入れており、特に文部科学省の国費学部留学生(日本の大学学部へ入学するコース)の日本語教育は、旧・大阪外国語大学(現・大阪大学外国語学部)以外では東京外国語大学(留学生日本語教育センター)でしか行われていない。そのほか、国費の研究留学生、日本語日本文化研修生等の日本語教育、交流協定校との交換留学生の日本語教育も行われた。

25の専攻語以外にも、研究外国語科目という形で多くの外国語の授業が開講されており、その数は100を超える。具体的には、広東語満州語アイヌ語ウイグル語ソグド語チベット語カレン語オセアニア諸語中の一トク・ピシン語シャン語モン・クメール語派の諸言語、サンスクリット語パーリ語ネパール語ヘブライ語、西部非バントゥ諸語のハウサ語西部バントゥ諸語リンガラ語チェコ語ポーランド語古代教会スラブ語リトアニア語オランダ語ケルト諸語のウェールズ語カタルーニャ語ルーマニア語ラテン語古典ギリシア語、計画言語エスペラント(語)などがあった。これらの授業のうち、多くのものが毎年、その他は隔年、あるいは数年に一年というような形で、毎週開講されていた。(一部短期集中講義形式あり)

卒業後の主な進路として、外務省などの官庁や商社、石油系、航空系、マスコミ系が挙げられ[1][2]、メーカーでも海外部に配属されることが多いという。また、その他の分野でも、パナソニック元副社長少德敬雄同窓会咲耶会」の会長=2011年から)[3]など、関西を中心とした有力企業の多くに役員クラスを輩出しており、三井住友銀行を含むメガバンクにも役員が多い[要出典]。また、関西大学河田悌一滋賀大学成瀬龍夫神戸市外国語大学東谷穎人など、出身者が近隣の国公私立大学で学長を経験しているほか、司馬遼太郎陳舜臣赤尾兜子など文学界へも人材を輩出している。

国立大学法人大阪大学と統合[編集]

2007年6月12日に成立した改正国立大学法人法の施行に伴い、同年10月1日付で国立大学法人大阪大学と統合した。旧国立大で14組目の統合で、旧帝国大学では2003年平成15年)の九州大学九州芸術工科大学に次ぐ2組目。

大阪外国語大学と大阪大学の統合は、2001年6月、第1次小泉内閣の発表した国立大学の国際競争力の向上を目指す構造改革構想、いわゆる「遠山プラン」が背景にあるとされる。統合について、大阪大学は同年末の段階で「具体的な相手と協議中」と表明[4]。また、同様に「具体的な相手と協議中」と表明した大阪教育大学が、大阪大学や大阪外大との統合を視野に入れ検討中と文部科学省への報告で答えており[5]、国立大学の統合再編の気運が大阪府でも2002年から高まっていた。 2003年の国立大学法人法施行を受け、単位互換制度や地域交流で親交のあった大阪外国語大学と大阪大学が2004年4月、統合再編も視野に検討を始めることを、国立大学法人の年度計画に明記。両大学の連絡協議会を設置し、議論を始めた[6]

そして2006年平成18年)3月23日、両大学の学長が2007年10月の統合・2008年4月の新規学生受入れを目標として、統合推進合意書を締結。記者会見では「大阪外大が培ってきた諸言語の研究や教育を、より発展・推進」(大阪外大の是永駿学長)、「外大の多彩な言語と国際文化教育を取り入れ、他にない教育を展開」(阪大の宮原秀夫総長)と述べた[7]

2007年10月、両大学が統合。旧大阪外国語大学のキャンパスは大阪大学箕面キャンパスとなった。統合に際して、大阪外国語大学外国語学部国際文化学科及び地域文化学科、夜間主コースの新規学生募集を停止の上、新たに大阪大学外国語学部外国語学科となった。また、大学院研究科では、旧大阪外国語大学大学院言語社会研究科は、旧大阪大学大学院言語文化研究科と統合し、大阪大学大学院言語文化研究科(言語社会専攻)となった。

2008年度以降入学の学部生は、新課程外国語学部外国語学科の講義を、1年次に待兼山の豊中キャンパス(豊中市待兼山町)、2年次以降は箕面キャンパスにおいて履修する。

統合後には豊中・吹田(吹田市山田丘)・箕面の各キャンパス間にシャトルバスが設置された。

ちなみに大阪外大正門の「大阪外国語大学」の校名を記したプレートは、2007年9月28日に撤去され、10月1日には大阪大学のプレートが除幕された。

「大阪外国語大学100周年」箕面キャンパス全面移転[編集]

大阪大学となった箕面キャンパスは、大阪外大創立100周年(阪大90周年)となる2021年春、同じ箕面市内の繊維卸商団地のある「船場東」地区(箕面船場、新船場)に全面移転する。

新しい箕面キャンパスは現キャンパスから南西に約4kmの距離で、新設される北大阪急行電鉄(北急)箕面船場駅(箕面市船場東)近くに建設。豊中・吹田キャンパスの中間にある「大阪大学が世界に向かう『ヘッドクオーター(司令部)』となるポテンシャルを持つ場所」(平野俊夫総長)に、都市型キャンパスとして整備される[8]

背景として箕面市が、繊維卸商の数で4割減った繊維団地の活性化として、北急の新駅「箕面船場」前の面積33,400m2の土地区画整理事業を推進。卸商団地組合も1964年昭和39年)設立時から北急の延伸を要望。2008年箕面市長に就任した倉田哲郎が延伸実現を選挙公約に掲げており事業を加速させた。

新キャンパスに合わせ、箕面市も文化拠点を建設。市民ホール(1401席の大ホールと300席の小ホール)、図書館、生涯学習センターで構成される複合施設で、138億円を投入する[9]

また、箕面市と大阪大学、卸商団地組合が連携し、スポーツ科学・ヘルスケアの拠点施設「関西スポーツ科学・ヘルスケア総合センター(仮称)」も整備される[10][11]

駅前の土地区画整理事業地の一部を箕面市が買収し、現キャンパス跡地と交換。再開発地域は図書館や市民施設、アパートなどが作られる。その一角の高層ビル1棟が外国語学部となり、隣の1棟が寮および留学生会館となる。また、「大阪外国語大学記念ホール」(仮称)も設置し、「大阪外国語大学100年史(写真で見る外国語学部100年の歩み)」(仮称)出版やと式典も計画されている[12]

なお、現キャンパス跡地は、土地・建物をいったん箕面市が購入するが売却や[13]、総合運動場などとしての有効活用を検討する[14][15]

沿革[編集]

年表[編集]

  • 1920年大正9年)3月 海運業者林竹三郎の遺志により、妻林蝶子が新設費100万円を寄付、9月に大阪市東区(現天王寺区)上本町8丁目187番地で校舎建設が始まる。
  • 1921年12月 勅令第456号により「大阪外國語学校」の設置が公布され、正式に成立。
  • 1922年4月 大阪外国語学校第1回入学式挙行。
  • 1928年3月 入試科目から数学がなくなる。
  • 1929年4月 大阪外国語学校校旗を制定。
  • 1930年6月 航空研究会発足。
    • 11月 美術部 大阪外語 ローロール第1回展覧会を開催。
  • 1931年3月 中目校長排斥スト。同月、文部省告示第104号をもって第五臨時教員養成所を廃止。
    • 3月 学則(服制)改正により制服が折襟背広から立襟背広となる。この年 職員閲覧室を増築。
  • 1933年3月 金本正二講師(教育学・修身)に対する辞職要求をめぐり紛糾。
  • 1934年4月 独語部、山本茂教官の授業拒否事件。
  • 1937年7月 大阪府河内市(現[東大阪市]])に「花園運動場」新設。
  • 1938年1月 本校最初の防空演習行わる。
    • 2月 蒙古語部11名による和蒙辞典、ぐろりあ書房より出版。
    • 4月 航空研究会、校友会の一部として承認。
    • 6月 花園運動場開設祝賀運動会。同月、烈士之碑除幕式(11柱)。
    • 7月 勤労奉仕始まる。
    • 11月 烈士之碑合祀祭(3柱)。
  • 1939年4月 シナ語部増員、2組編成となる。
    • 11月 烈士之碑合祀祭(2柱)。
  • 1940年4月 亜刺比亜語部設置。
    • 11月 烈士之碑合祀祭(12柱)。
  • 1941年11月 烈士之碑合祀祭(5柱)。
  • 1942年11月 烈士之碑合祀祭(21柱)。この年、西南亜細亜語研究所設置。
  • 1943年4月 青雲寮できる。
    • 11月 烈士之碑合祀祭(19柱)。
  • 1944年4月 勅令第165号により校名を「大阪外事専門学校」に改称。
  • 1945年3月 大阪大空襲により書庫等を除き校舎の大部分消失。
    • 4月 ビルマ科設置。
    • 9月 大阪高等学校・五条小学校を借り授業再開。
    • 11月 林蝶子死去。
  • 1946年2月 大阪府高槻市もと工兵第四連隊跡に移転、授業を行う。
    • 4月 シナ科を中国科、マライ科をインドネシア科と改称。
    • この年 学生自治会の前身「緑風会」誕生
  • 1947年6月 「復興委員会」組織される。秋、父兄会が創立。
  • 1948年7月 父兄会、新生大学移行父兄後援会の結成を決定。
  • 1949年昭和24年)5月 新制「大阪外国語大学」として発足。
    • 4月 タイ科設置。
    • 6月 本学父兄会から木造平屋建て40坪、廊下6坪寄付。
    • 6月 高槻学舎で大学第1回入学式。
  • 1950年3月 大阪学舎、中池の池の南側に木造平家建教室123坪新築(38年取りこわし)。
  • 1951年5月 大阪外事専門学校が廃止。
    • 5月 大阪学舎の本館の一部復興により3年の授業は同学舎で行う。
    • 5月 別科(1年制)開設(中国語・英語・ドイツ語・フランス語・イスパニア語・ロシア語)。
    • 6月 教授会規程制定。
    • 12月 大阪外国語大学学則制定(施工 26.4.1)。同月 同窓会戦後最初の会員名簿発行。
  • 1953年2月 鉄筋コンクリート造り2階建研究室・教室を増築。
  • 1954年4月 留学生別科設置。同月 大阪学舎に鉄筋コンクリート3階の附属図書館が落成。
  • 1956年4月 専攻科設置。別科、2年生となる。
  • 1957年2月 名誉教授称号授与規程制定。
    • 4月 高槻学舎の授業を大阪学舎で行う。
  • 1958年4月 別科、中国語・英語・イスパニア語の3語科募集停止。短期大学部(夜間)中国語・英語・イスパニア語の3語科が併設される。
  • 1959年4月 別科、ドイツ語・フランス語・ロシア語の3語科募集停止。短期大学部(夜間)ドイツ語・フランス語・ロシア語の3語科設置。
  • 1961年2月 鉄筋コンクリート造り5階建て研究室・教室を増築
    • 4月 ペルシア語学科設置。
  • 1962年2月 語学実習(L.L.)装置を設置。
    • 4月 蒙古語学科をモンゴル語学科と改称。
  • 1963年3月 花園運動場に寄宿舎竣工。
    • 4月 朝鮮語学科設置。同月 大阪外国語大学父兄会を同後援会と改組。
  • 1964年2月 鉄筋コンクリート造5階建て研究室・事務室を増築。
    • 4月 イタリア語学科設置。
  • 1965年3月 花園運動場に留学生寄宿舎竣工。
    • 4月 短期大学部、学生募集停止。外国語学部第二部(夜間学部)中国語・英語・ドイツ・語フランス語・イスパニア語・ロシア語の6語学科設置。
  • 1969年4月 大学院外国語学研究科(修士課程)設置。
  • 1979年9月 箕面市粟生間谷に移転。(上本町の跡地は後に大阪国際交流センターとなる。)
  • 1993年4月 学科改組により、大講座制昼夜開講制を導入。
  • 1998年4月 大学院言語社会研究科(博士課程設置)。
  • 2004年4月 国立大学法人大阪外国語大学となる。
  • 2005年11月1日 箕面市と包括協定を締結。
  • 2007年平成19年10月1日 国立大学法人大阪大学と統合し、大阪大学外国語学部となる。
  • 2021年春、箕面キャンパスが箕面市船場東の北大阪急行電鉄新駅箕面船場駅(仮称)近くに全面移転(予定)。

歴代校長・学長[編集]

大阪外国語大学歌[編集]

教育および研究組織[編集]

組織[編集]

学部[編集]

専攻語[編集]

大学院[編集]

  • 言語社会研究科
    • 地域言語社会専攻<博士前期課程>
      • 東アジアコース
      • 東南アジア・オセアニアコース
      • アジア・アフリカコース
      • ロシア・東欧コース
      • 中・北欧コース
      • 南欧コース
      • アメリカコース
      • 通訳翻訳学専修コース
      • 日本語・日本文化特別コース
    • 国際言語社会専攻<博士前期課程>
      • 国際コース
      • 日本コース
    • 言語社会専攻<博士後期課程>
      • 言語社会専攻

附属機関[編集]

  • 日本語日本文化教育センター(旧:留学生日本語教育センター)

教育[編集]

  • 公開講座

学生生活[編集]

間谷祭[編集]

大阪外大公認の学園祭。11月上旬に3日間にわたり開催された。外国語劇、模擬店、展示、学生によるコンサートなどが催される。中でも外国語劇は、外大ならではの目玉イベント。各国語科の有志が日夜練習に励み、その成果を公にする場でもある。 また、2005年度には「笑い飯」「ザ・プラン9」「ケンドーコバヤシ」が来場、公演した。

なお、大阪大学との統合後に開かれ、最後の間谷祭となった2007年度には、大阪大学との統合にともなう規模の縮小という観点から2日間に短縮され、10月27日・28日に開かれた。2008年度以降は実行委員会も解散済みであり開催される予定もないが、外国語劇のみ独立した形で「語劇祭」として2008年から開催されている。

夏まつり[編集]

7月上旬に開催。 多くの模擬店が出店し、民族料理などを販売する他、各サークルによるパフォーマンスや展示も、校舎内外を問わず活発に行われる。最大の見所は盆踊り。学生・留学生・地域住民がグラウンドに集い、「外大音頭」を延々と踊った。ただし、間谷祭で催される語劇については、夏まつりでは催されない。

2007年度の夏まつりは大阪外大最後の夏まつりと題して開催され、2008年には非公式行事として開催された。その後夏まつり実行委員会は大阪大学公認団体となり、夏まつりはその後も毎年開催されている。

なお、よく「夏祭り」とする表記が見受けられるが、正式には「夏まつり」である。

スポーツ[編集]

  • 東外大戦(東西外国語大学対抗戦) - 10月。体育会系部活ごとに行われる。毎年主催校を交代して行う。2007年度は大阪主催。大阪大学との統合に伴い、2007年10月18日の第59回大会をもって「東京外国語大学・大阪外国語大学定期競技大会」は幕を閉じた(なお、この59回大会は僅差で大阪側が勝利を収めた。)。なお、各部活間の非公式の交流の継続を求める声は強く、部によっては2008年度以降の交流戦の継続を協議しているところもある。
  • 全学駅伝大会 - 12月

大学関係者と組織[編集]

大学関係者組織[編集]

  • 咲耶会(大阪外国語大学同窓会。2007年大阪大学との統合後は大阪外国語大学および、大阪大学外国語学部の同窓会として継続している。本部は阪大箕面キャンパス内にある)

大学関係者、著名人一覧[編集]

脚注[編集]

  1. ^ 英語専攻|外国語学部|大阪大学
  2. ^ ロシア語専攻|外国語学部|大阪大学
  3. ^ 「咲耶会」会長挨拶  少德敬雄(大E11・昭和38年卒/元・パナソニック株式会社副社長)
  4. ^ 産経新聞朝刊2002年1月6日 国立大の統合加速 「合意」「検討」7割 本紙アンケート
  5. ^ 産経新聞朝刊2002年1月25日 「国立大 36校で統合協議 群大など4校連携も 文科省検討状況調査」
  6. ^ 大阪大・大阪外大統合の歴史分析~固有の組織文化はどのように維持されるのか~ 大阪大学 経済学部 関口ゼミナール - PDF
  7. ^ 産経新聞朝刊2006年3月24日「阪大と大阪外大 来年10月統合で合意 国際教育、より多彩に」
  8. ^ 産経新聞朝刊2015年6月18日「阪大、箕面キャンパス移転へ 北大阪急行延伸の新駅前に」
  9. ^ 産経ニュース2018年3月16日「北大阪急行延伸 新駅前に大阪・箕面市が文化拠点施設…ホールや図書館、生涯学習センター
  10. ^ 産経新聞朝刊2014年12月1日「知と技のコラボ」箕面船場 夢広がる新駅
  11. ^ 産経新聞朝刊2015年6月18日「阪大、箕面キャンパス移転へ 北大阪急行延伸の新駅前に」
  12. ^ 「咲耶会」名誉会長挨拶  外国語学部長 大内一(大S28 / 院S13)
  13. ^ 産経新聞朝刊2016年8月30日「新市長の抱負」箕面市・倉田哲郎氏 50年先見据え整備推進
  14. ^ 大阪大学箕面キャンパスの移転について・大阪大学HP
  15. ^ 阪大の外国語学部、移転へ 21年春、新設駅前に・朝日新聞デジタル
  16. ^ 『官報』第2809号、大正10年12月12日。
  17. ^ 大阪外語露語部初代教授・松永信成のこと - 埼玉大学教授の沢田和彦
  18. ^ 大阪音楽大学研究紀要第四十四号「永井幸次作品目録」藤本 葉子 - PDF

参考文献[編集]

  • 大阪外国語大学70年史編集委員会編、『大阪外国語大学70年史』、1992年、大阪外国語大学70年史刊行会、箕面

関連項目[編集]

外部リンク[編集]