適塾

出典: フリー百科事典『ウィキペディア(Wikipedia)』
移動先: 案内検索
適塾
適塾説明板

適塾(てきじゅく)は、蘭学者医者として知られる緒方洪庵江戸時代後期に大坂船場に開いた蘭学私塾。正式には適々斎塾(てきてきさいじゅく)という。また、適々塾とも称される。緒方洪庵の号である「適々斎」が名の由来である。幕末から明治維新にかけて活躍した人材を多く輩出し、現在の大阪大学医学部及び慶應義塾大学の源流の1つとされている。

歴史[編集]

適塾建物横にある公園に設置された緒方洪庵の銅像

適塾[編集]

歴代塾頭[編集]

代数 氏 名
初代 緒方洪庵
2代 奥山静寂
3代 久坂玄機久坂玄瑞の兄)
4代 大村益次郎
5代 飯田柔平
6代 伊藤慎蔵
7代 渡辺卯三郎
8代 栗原唯一
9代 松下元芳
10代 福澤諭吉
11代 長與專齋
12代 山口良哉
13代 柏原学而(孝章

特徴[編集]

適塾の開塾二十五年、その間にどのくらいの入門生があったかというと、およそ三千人と伝えられている。緒方洪庵の門弟三千人の中で訳文、執筆の教訓を身をもって守ったものの第一は福沢諭吉である『福沢全集緒言』。適塾では、教える者と学ぶ者が互いに切磋琢磨し合うという制度で学問の研究がなされており、明治以降の学校制度とは異なるものであった。これらは慶應義塾大学の「半学半教」にもよく現れている。福澤諭吉が在塾中腸チフスに罹った時、投薬に迷った緒方洪庵の苦悩は親の実の子に対するものであったというほど、塾生間の信頼関係は緊密であった。

当時の勉強は蔵書の解読で、「ヅーフ」(ヅーフ編オランダ日本語辞典)と呼ばれていた塾に1冊しかない写本の蘭和辞書が置かれている「ヅーフ部屋」には時を空けずに塾生がおしかけ、夜中に灯が消えたことがなかったという。適塾では、月に6回ほど「会読」と呼ばれる翻訳の時間があり、程度に応じて「○」・「●」・「△」の採点制度を導入し、3カ月以上最上席を占めた者が上級に進む。こういった学習法すなわち成績制度の発案や採点制度などは、初期の慶應義塾のあり方に、さまざまな影響を与えたといわれている。塾生の多くは苦学生で、遊びはたまに酒を飲んだり、道頓堀川を散策する程度だった。「緒方の書生は学問上のことについては、ちょいとも怠ったことはない」(『福翁自伝』)というほど、ひたすら勉学に打ち込んだといわれる。後に福沢諭吉は適塾時代を振り返り、「目的なしの勉強」を提唱している。塾生は立身出世を求めたり勉強しながら始終わが身の行く末を案じるのではなく、純粋に学問修行に努め、物事のすべてに通じる理解力と判断力をもつことを養ったと記した[1]

緒方の死後は、福澤諭吉大鳥圭介が中心となって、6月10日と11月10日を恩師の記念日として同窓の友誼を深めるために毎年親睦会を開いていたようである。この親睦会には長与専斎佐野常民など、同門の人物はほとんど参加していた。

閉塾後[編集]

関係者[編集]

1869年(明治2年)、後藤象二郎大阪府知事参与小松清廉の尽力により、東成郡東高津村八丁目寺町(現在の大阪市天王寺区上本町四丁目)の大福寺浪華仮病院および仮医学校が設立される[2]。院長は緒方惟準(洪庵の次男)、主席教授としてオランダ軍医ボードウィンを招き大福寺の施設の提供を受けて、一般の病気治療と医師に対する新治術伝習のために開かれた。半年で鈴木町(現在の大阪市中央区法円坂二丁目)の河内県庁跡(もと大坂代官所。のち南司農局。現在の大阪医療センター付近)に移転した。緒方惟準緒方郁蔵(義弟)、緒方拙斎らがこれに参加。浪華仮病院および仮医学校は、改組・改称を経て現在の大阪大学医学部となっている。緒方家と大阪大学医学部とは深い繋がりがある。

建物等[編集]

適塾の建物等は、現在、大阪大学が管理している。

  • 1901年(明治34年) 「洪庵文庫」が門弟らにより設立される。
  • 1915年大正4年) - 1920年(大正9年) 道路の拡張のため、建物の北側が2mほど軒切りされた。
  • 1940年昭和15年) 建物が大阪府の史跡に指定。
  • 1941年(昭和16年) 建物が国の史跡に指定。
  • 1942年(昭和17年) 建物が緒方家から大阪帝国大学に寄贈
  • 1952年(昭和27年) 適塾記念会創立。
  • 1964年(昭和39年) 建物が国の重要文化財に指定。
  • 1972年(昭和47年) 大阪大学・適塾管理運営委員会が発足。
  • 1976年(昭和51年) - 1980年(昭和55年) 文化庁により建物が解体修理された。
  • 1980年(昭和55年) 一般公開開始。
  • 1981年(昭和56年) 適塾周辺史跡公園化事業により東側隣接地に公園が完成。
  • 1986年(昭和61年) 西側隣接地に公園(公開空地)が完成。
  • 2013年平成25年) - 2014年(平成26年) 建物の耐震改修工事が行われた。この間一般公開は休止されていたが、工事終了後一般公開を再開。

門下生[編集]

門下生の自筆による姓名録が残っており、1844年(弘化元年)から1862年(文久2年)までの636名の姓名・入門年・出身地が記載されている。現在の都道府県で出身地を分けると、山口県が56名で最も多く、洪庵の出身地の岡山県が46名で2番目。その他、大阪府は19名、鹿児島県は7名となっている。また、青森県沖縄県を除いて、北は北海道から南は鹿児島県まで全国から入門している。

主な門下生[編集]


所在地[編集]

大阪府大阪市中央区北浜三丁目3-8

交通[編集]

脚注[編集]

[ヘルプ]
  1. ^ 学問だけでなく人格・思想をも形成した適塾時代
  2. ^ (大阪市)東区史 4 文化篇 (p136)

参考文献[編集]

関連項目[編集]

外部リンク[編集]

座標: 北緯34度41分28.5秒 東経135度30分11.7秒 / 北緯34.691250度 東経135.503250度 / 34.691250; 135.503250 (適塾)