東谷穎人

出典: フリー百科事典『ウィキペディア(Wikipedia)』
ナビゲーションに移動 検索に移動

東谷 穎人(ひがしたに ひでひと、1939年12月17日[1] - )は、日本のスペイン文学者。神戸市外国語大学名誉教授・元学長。文学博士。専門はスペイン近現代文学[2]。テレビのスペイン語講座の講師を長く務めた。

略歴[編集]

「大学の寮に聖堂があり、指導司祭もいた」とカトリック雑誌のインタビューで語っている。
  • 1967年スペイン・ナバラ大学文学部博士課程修了。文学博士
  • 1978年より12年間NHKテレビ「スペイン語講座」の講師も務めた。
  • 1997年、スペイン語からの優れた翻訳業績を対象とした会田由翻訳賞を受賞。
  • 2006年神戸市外大定年退任、姫路獨協大学外国語学部教授。
  • 2011年、同退職。

著書[編集]

共編[編集]

翻訳[編集]

  • ホセ・ガルシア・ロペス『スペイン文学史』有本紀明共訳 白水社,1976
  • 『スペイン現代小説選』編 芸林書房 1986
  • クラリン『ラ・レヘンタ』白水社 1988
  • 『スペイン幻想小説傑作集』編 1992 白水Uブックス
  • ルイス・ランデーロ『たそがれ世代の危険な愉しみ』白水社 1994
  • 『笑いの騎士団 スペイン・ユーモア文学傑作選』編訳 1996 白水Uブックス
  • 世阿弥『風姿花伝』スペイン語訳、Trotta, c1999
  • バルタサール・グラシアン『処世の智恵 賢く生きるための300の箴言』白水社,2011
  • バルタサール・グラシアン『人生の旅人たち エル・クリティコン』白水社 2016

脚注[編集]

  1. ^ 『読売年鑑 2016年版』(読売新聞東京本社、2016年)p.338
  2. ^ 『処世の智恵』訳者紹介”. e-hon. 2014年3月23日閲覧。

外部リンク[編集]