外国語大学

出典: フリー百科事典『ウィキペディア(Wikipedia)』
Jump to navigation Jump to search

外国語大学(がいこくごだいがく)は、語学に関する学部のみを設置し、研究・教育を行なう単科大学。 以下、特に断りがない限り日本の教育制度における外国語大学について記述する。

外大と略され、前につく名称(多くの場合は地名)とともに東京外大のように表現される場合が多い。

なお、教育内容については、外国語学部の記事を参照。

日本の外国語大学[編集]

国立大学[編集]

2007年9月までは大阪外国語大学も存在していたが、2007年10月大阪大学と統合し、大阪大学外国語学部となった。これにより、大阪大学は旧帝国大学で唯一、外国語学部を持つことになり、同時にまた、東京外国語大学は国立で唯一の外国語大学となった。

東京外大、旧大阪外大はともに、第二次世界大戦前の官立外国語学校からの歴史を有し、規模が大きく専攻語の数も多い。二葉亭四迷(東京外語)、司馬遼太郎(大阪外語)等、両校とも文化界、政財界に優れた人材を輩出してきた。

公立大学[編集]

神戸市外国語大学は、国内唯一の公立の外国語大学である。

私立大学[編集]

「外国語大学」と称していた大学[編集]

全国外大学長会議[編集]

  • 日本にある外国語大学の学長による会議。
  • 1997年に東京外国語大学の当時の中嶋嶺雄学長の呼びかけにより開催され、それ以来、年に一度のペースで開催されている。

日本以外の外国語大学[編集]

中華人民共和国[編集]

大韓民国[編集]

朝鮮民主主義人民共和国[編集]

台湾[編集]

関連項目[編集]