ハウサ語

出典: フリー百科事典『ウィキペディア(Wikipedia)』
Jump to navigation Jump to search
ハウサ語
هَوُسَ
話される国 ナイジェリアの旗 ナイジェリア
ニジェールの旗 ニジェール
ベナンの旗 ベナン
ブルキナファソの旗 ブルキナファソ
カメルーンの旗 カメルーン
 ガーナ
スーダンの旗 スーダン
トーゴの旗 トーゴ
地域 西アフリカ
話者数 2400万人(第一言語)
1500万人(第二言語)
言語系統
アフロ・アジア語族
  • チャド語派
    • 西チャド諸語
      • 西チャド諸語A
        • 西チャド諸語A.1
          • ハウサ語
表記体系 ラテン文字アラビア文字
公的地位
公用語 ナイジェリア北部諸州
言語コード
ISO 639-1 ha
ISO 639-2 hau
ISO 639-3 hau
テンプレートを表示
Hausa language niger.png
Afro asiatic peoples nigeria.png

ハウサ語(ハウサご)は、ハウサ人言語。主にナイジェリア北部からニジェール南部にかけて用いられる。さらにナイジェリア各地や周辺諸国の共通語として2,000万人以上の話者を抱える。アフロ・アジア語族チャド諸語に属する。

音韻[編集]

声調[編集]

ハウサ語は声調言語であり、 五つの母音 a, e, i, o, u それぞれに低位トーン、高位トーン、下降曲線トーンがある。

トーンを表すためにアクセント記号が使われている。

  • à è ì ò ù (低位トーン)
  • á é í ó ú (高位トーン)
  • â ê î ô û (下降トーン)

表記[編集]

ラテン文字系[編集]

現代のハウサ語にはボーコー (boko) と呼ばれる表記法があり、これが公式な正書法とされている。 イギリス植民地統治により1930年代に導入され、ラテン文字を基にしている。

A a B b Ɓ ɓ C c D d Ɗ ɗ E e F f G g H h I i J j K k Ƙ ƙ L l
/a/ /b/ /ɓ/ /tʃ/ /d/ /ɗ/ /e/ /ɸ/ /ɡ/ /h/ /i/ /(d)ʒ/ /k/ /kʼ/ /l/
M m N n O o R r S s Sh sh T t Ts ts U u W w Y y (Ƴ ƴ) Z z ʼ
/m/ /n/ /o/ /r/, /ɽ/ /s/ /ʃ/ /t/ /(t)sʼ/ /u/ /w/ /j/ /ʔʲ/ /z/ /ʔ/

これらの文字のうち ƴニジェールでしか使わない(ナイジェリアでは ʼy と書く)。

声調、母音の長短、および /r//ɽ/ の区別(全話者が区別するわけではない)は、表記には表れない。そのため、例えば /daɡa/ (…から)と /daːɡaː/ (戦い)はどちらも daga と綴る。

アラビア文字系[編集]

ハウサ語でアジャミ (ajami) と呼ばれるアラビア文字系の表記法もある。17世紀初頭より使われてきたが、標準が定まっておらず、音価と文字との対応は人により揺れがある。

下表では、母音はアラビア文字の t との組み合わせで例示している。

ボーコー
(Latin)
音韻
(IPA)
アジャミ
(Arabic)
備考
a /a/ تَ
/aː/ تَا
b /b/ ب
ɓ /ɓ/ ب = b
ٻ アラビア語では使わない
c /tʃ/ ث
d /d/ د
ɗ /ɗ/ د = d
ط = ts
e /e/ تٜ アラビア語では使わない
/eː/ تٰٜ アラビア語では使わない
f /ɸ/ ف
g /ɡ/ غ
h /h/ ه
i /i/ تِ
/iː/ تِى
j /(d)ʒ/ ج
k /k/ ك
ƙ /kʼ/ ك = k
ق
l /l/ ل
m /m/ م
n /n/ ن
o /o/ تُ = u
/oː/ تُو
r /r, ɽ/ ر
s /s/ س
sh /ʃ/ ش
t /t/ ت
ts /(t)sʼ/ ط = ɗ
ڟ アラビア語では使わない
u /u/ تُ = o
/uː/ تُو
w /w/ و
y /j/ ي
z /z/ ز
ذ
ʼ /ʔ/ ع

その他[編集]

ハウサ語の表記法にはこれまでに提唱されたもの、あるいは「発見」されたと称するものなどが上記以外に少なくとも三通りあるが、いずれも広く普及するには至っていない模様である。

  • 古代文字に由来すると推定され、ニジェール北部のマラディ州で使われているというハウサ語アルファベット[1]。これらの主張には重大な疑いが向けられている。
  • 著述・出版業グループ Raina Kama が 1980年代に始めたとされる書法[2]
  • 1970年代 (?) に提唱された "Tafi" と呼ばれる書法[3]

典拠・脚注[編集]

外部リンク[編集]