待兼山

出典: フリー百科事典『ウィキペディア(Wikipedia)』
移動先: 案内検索
待兼山
Handai-zaka.jpg
待兼山を西から登る阪大坂
標高 77.3 m
所在地 日本の旗 日本 大阪府豊中市箕面市
位置 北緯34度48分26.5秒
東経135度27分2.7秒
座標: 北緯34度48分26.5秒 東経135度27分2.7秒
山系 千里丘陵
待兼山の位置
Project.svg プロジェクト 山
テンプレートを表示

待兼山(まちかねやま)は、大阪府豊中市池田市箕面市にまたがる千里丘陵。標高77.3m[1]。「待兼山町」として豊中市の地名にもなっており、その面積の大半を大阪大学豊中キャンパスが占め、その周りは閑静な高級住宅街となっている。

概要[編集]

古くは歌枕ともなった由緒ある山。『枕草子』の「山は」の項や[2]、『古今和歌六帖』『詞花和歌集』『新古今和歌集』『夫木和歌抄[注釈 1]』などにも登場する[3][4]

津の国の 待兼山の 呼子鳥 鳴けど今来(いまく)と いふ人もなし - 古今和歌六帖
こぬ人を 待ちかね山の 呼子鳥 おなじ心に あはれとぞ聞く 肥後[注釈 2]詞花和歌集
夜をかさね 待ちかね山の 時鳥 雲井のよそに 一声ぞ聞く 周防内侍新古今和歌集
夜もすがら 待兼山に 啼く鹿は 朧気にやは 声をたつらん 源俊頼夫木和歌抄

かつては褐鉄鉱の一種である高師小僧「待兼山石」を産出した。山頂付近には、大正天皇行幸を記念した石碑が立っている。

1926年大正15年)、山上に旧制浪速高等学校が設立され、現在もその後身の大阪大学石橋団地(通称豊中キャンパス)が立地する。そのため「待兼山」は阪大の代名詞となっている[注釈 3]

また1964年昭和39年)、学内工事現場から出土した先史時代(新生代第四紀)のワニマチカネワニ化石でも有名[4][5]。日本で発見されたワニ類化石第1号であり、完全に近い骨格であることが評価され2014年(平成26年)、国の登録記念物として登録された[6][7]

大阪大学と中国自動車道をはさんで南東に位置する正安寺は、「待兼山」を山号とする。読みは「たいけんざん」[8]

[編集]

待兼山山頂(地図)南側の緩やかな斜面には阪大坂があり谷底に中山池(地図)がある。かつては、近世以降に造成されたと思われる上山池、中山池、下山池の3つの池があった。下山池は豊中キャンパス外に存在し宅地開発で埋め立てられた。キャンパス内の上山池も埋め立てられ、残るのは中山池のみである[9]。豊中キャンパス東口の国際交流会館前には乳母谷池(地図)がある[10]基礎工学国際棟シグマホール西側に待兼池(地図)がある[10][11]

文化財[編集]

大阪大学豊中キャンパス内の「イ号館」(元・旧制浪速高等学校高等科本館)
  • 待兼山古墳出土品 - 1938年(昭和13年)、国指定重要美術品に指定。豊中キャンパスの北方にかつて存在していた待兼山古墳は、4世紀築造の前方後円墳。現在は宅地となっているが、待兼山丘陵北縁の尾根上[注釈 4]に、前方部を南に向けて立地していたと考えられている[13]
  • 待兼山遺跡 - 豊中キャンパス一帯は待兼山遺跡として国の遺跡台帳に登録されている[12]1983年(昭和58年)、理学部ラジオアイソトープセンター建設工事の際に弥生時代の集落跡が見つかった[14]1998年(平成10年)に確認された待兼山5号墳は2005年(平成17年)の調査で5世紀後半築造と推定される直径15mの円墳と判明し[15]人物埴輪、馬形埴輪などの一部が出土した[16][17]。待兼山5号墳は現在駐輪場となっていて、地表に古墳周溝範囲をタイルで標示し、解説板を設置している[18][10]
  • 大阪大学会館 - イ号館と呼ばれていた。1928年(昭和3年)に旧制浪速高等学校の校舎として建てられ、学制改革により大阪大学に移管。以降、旧教養部の建物として使われた。2004年(平成16年)、国の登録有形文化財建造物に指定[19]
  • 待兼山修学館 - 1931年(昭和6年)に大阪大学医学部の前身である、大阪医科大学の附属病院石橋分院として建てられ、近年は、医療技術短期大学部本館として使われていた。豊中キャンパスでは大阪大学会館に次いで2番目に古い建物。2008年(平成10年)に国の登録有形文化財に指定[1]。現在は大阪大学総合学術博物館待兼山修学館展示場として使用[20]。修学館の後方に標高77.3mの待兼山がある[1]

関連項目[編集]

交通アクセス[編集]

脚注[編集]

[ヘルプ]

注釈[編集]

  1. ^ ふぼくわかしょう。(「夫木」は日本国の意の「扶桑」の偏旁)私撰類題和歌集。36巻。藤原長清撰。1310年延慶3年)頃成立。(以下略) - 岩波書店広辞苑』第三版より。
  2. ^ ひご。平安後期の歌人。肥後守藤原定成の女(むすめ)。初め京極関白師実家に、のち二条太皇太后宮令子内親王に仕えた。(以下略) - 三省堂大辞林』より。
  3. ^ 大阪大学構内には「待兼山会館」など「待兼山」を名称に冠した大学施設がいくつか存在し、また同大文学部が発行する研究紀要誌のタイトルは『待兼山論叢』である。
  4. ^ 豊中キャンパスグラウンド北西のプール付近[12][10]

出典[編集]

  1. ^ a b c 待兼山修学館 - 大阪大学総合学術博物館
  2. ^ Wikisource reference 清少納言. 枕草子/第十段. - ウィキソース. 
  3. ^ 待兼山”. 大阪大学総合学術博物館. 2017年9月30日閲覧。
  4. ^ a b 豊中PRパンフレット(p.6とp.7)(PDF:2,347KB) (PDF)
  5. ^ 平成26年7月の広報とよなかで紹介した内容はこちら(PDF:6,454KB) (PDF)
  6. ^ 大阪大学 マチカネワニ化石が国の登録記念物に”. 2017年9月30日閲覧。
  7. ^ 大阪大学総合学術博物館 マチカネワニ化石が国の登録記念物へ!!”. 大阪大学総合学術博物館. 2017年9月30日閲覧。
  8. ^ 歴史 - 正安寺
  9. ^ 大阪大学旧医療技術短期大学跡地試掘調査報告 全国遺跡報告総覧 奈良文化財研究所 13/77 (PDF)
  10. ^ a b c d 大阪大学 豊中キャンパス バリアフリーマップ - Osaka University (PDF)
  11. ^ 阪大・理学研究科News ツイッター - 2016年7月20日
  12. ^ a b 待兼山遺跡の概要 - 大阪大学大学院文学研究科・文学部
  13. ^ 待兼山古墳出土品 - 豊中市
  14. ^ 待兼山遺跡IV - 全国遺跡報告総覧 奈良文化財研究所 10/127 (PDF)
  15. ^ 待兼山遺跡IV - 全国遺跡報告総覧 奈良文化財研究所 16/127,17/127 (PDF)
  16. ^ 待兼山遺跡IV - 全国遺跡報告総覧 奈良文化財研究所 27/127 - 66/127 (PDF)
  17. ^ “待兼山5号墳から出土した馬と馬を引く人の埴輪(大阪・豊中市)”. 時事通信社. (2007年7月7日). https://www.jiji.com/jc/d2?p=old00201-5106527&d=004soc 2017年10月2日閲覧。 
  18. ^ 待兼山遺跡IV - 全国遺跡報告総覧 奈良文化財研究所 4/127 (PDF)
  19. ^ 大阪大学会館
  20. ^ 総合学術博物館について - 大阪大学総合学術博物館

外部リンク[編集]