中目覚

出典: フリー百科事典『ウィキペディア(Wikipedia)』
ナビゲーションに移動 検索に移動
中目覚

中目 覚(なかのめ あきら(またはさとる)、明治7年(1874年) - 昭和34年(1959年)3月27日[1])は、日本地理学者言語学者教育行政官エスペランティスト

経歴[編集]

仙台藩一家 十七家の一つ中目氏の一族として宮城県仙台市に生まれる。9歳で宮城師範学校付属小学校に入学し、14歳で退学、宮城県尋常中学校に入学する。翌年同校を退学し、第二高等中学校に入学する。23歳で同校を卒業し、帝国大学文科大学独逸文学科に入学する[2]

1899年(明治32年)、東京帝国大学の独文学科を卒業後、第四高等学校(後の金沢大学)でドイツ語教授をしていたが、1903年(明治36年)、30歳の時に創立された広島高等師範学校(後の広島大学)でドイツ語と地理学を三ヶ月ほど教えたのち、3年間オーストリアハンガリーへの留学を文部省から命じられる。1904年(明治37年)にウィーン到着。ウィーン大学でペンクとその後継者のビュリュクネル(1862-1927)に師事する。[2]

第四紀氷河地形気候学のほか地誌学を修得するとともに、長期の調査旅行にも出かけた。1904年に東アルプスの氷河地形巡検とスイスを巡る調査旅行、翌年にはライン川に沿ってブリュッセルに至る旅行などをした。それらの日記は『アルプス山とライン河』として1920年にまとめられた。[2]

1907年に広島高等師範学校に地理教育の課程を創設。また同年、英国王立地理学会エドワード・ガントレットとともに、初めて秋芳洞の学術調査を行った。その後、旧制松山高校京都帝国大学などで地理学を講じた。また、戦時中には華北日本語教育研究所長を務め大陸での日本語普及を行った。その後大阪外国語学校(後の大阪外国語大学)の学校長を務め、地理学、言語学、小樽市手宮洞窟の古代文字の解読など様々な分野に足跡を残した。

エスペランティストとして[編集]

1905年のブリュッセル滞在中に書店でエスペラントの書籍を見つけて独習[3]。広島高等師範学校時代に同僚の大野直枝らと広島エスペラント倶楽部を設立[4]

親族[編集]

女婿に山本空外(幹夫)広島大学名誉教授がいる[5]。同じく女婿にフランス語学者の目黒三郎。フランス語学者で東洋英和女学院大学教授の目黒士門は孫。マーケティング・流通研究者で専修大学教授の目黒良門は曾孫。

主な著書[編集]

  • 『樺太の土人』
  • 『改訂新編地理通論』三省堂書店 1914
  • 『改訂新編日本地理教科書』三省堂書店 1914
  • 『東亜旅行談』広島高等師範学校地理歴史学会 1916
  • 『バルカン旅行談』1916
  • オロッコ文典』三省堂 1917
  • 『樺太の話』三省堂 1917
  • 『地理の教科書』編 三省堂 1917
  • ニクブン文典』三省堂 1917
  • 『バルカン旅行談附録』三省堂 1917
  • 『土人教化論』岩波書店 1918
  • 『小樽の古代文字』地理歴史学会 1919
  • 『獨逸書翰』編 三島開文堂 1924
  • 『ニクブン文典 独訳 亜細亜研究』大阪東洋学会 1927
  • 『アジアに於ける重なる言語』松本重彦共著 天理教道友社 1927
  • 『オロツコ文典 独訳 亜細亜研究 大阪東洋学会 1928
  • 『外来新語辞典』博多成象堂 1932
  • 『新満洲の旅』河本芳治郎 (印刷) 1932
  • 『呂宋紀行』編 大阪地理学会 1934
  • 支倉六右衛門』白嶺会 1957

脚注[編集]

  1. ^ 『朝日新聞』(東京本社発行)1959年3月28日朝刊、11頁。
  2. ^ a b c 岡田俊裕著 『 日本地理学人物事典[ 近代編1 ] 』 原書房 2011年 230ページ
  3. ^ La Revuo Orienta誌1936年6月号
  4. ^ 「日本エスペラント運動史料」日本エスペラント運動50周年紀年行事委員会
  5. ^ 山本空外略歴

参考文献[編集]

関連文献[編集]

  • 石田寛「エリート教授 中目覚」『広島大学史紀要』 2, pp.43-76、2000年 NAID 110000036531

関連項目[編集]