佐多愛彦

出典: フリー百科事典『ウィキペディア(Wikipedia)』
ナビゲーションに移動 検索に移動
佐多愛彦
佐多愛彦

佐多 愛彦(さた あいひこ、明治4年9月17日1871年10月30日) - 昭和25年(1950年3月4日)は、日本の医学者。府立大阪医科大学(現在の大阪大学医学部)学長。

来歴・人物[編集]

鹿児島県出身。佐多直隆の四男として生まれる。鹿児島医学校を経て、1890年(明治23年)に東京帝国大学選科を卒業[1]。同大学助手、市立富山病院医員を務めた後、1894年(明治27年)に府立大阪医学校教諭となった[1]1897年(明治30年)よりドイツに留学し、1900年(明治33年)に帰国[2]。帰国とともに医学博士の学位を得た[2]

1902年(明治35年)、府立大阪医学校校長・同病院長に就任し、医学校が大阪医科大学に改組されると引き続き学長を務めた[1]。また竹尾結核研究所初代所長、大阪血清薬院初代院長を歴任した[2]

その他、ドイツのハレ自然科学帝国学士院会員、フライブルク大学名誉評議員、日独文化協会会長を務め、1930年(昭和5年)には第8回日本医学会総会会頭を務めた。

エピソード[編集]

『佐多愛彦先生傅』の序文を書いている大久保利武によると1915年の大阪府立大阪医学校の大阪府立大阪医科大学への改組においては、当時、大阪府知事だった大久保と佐多が同郷で協力関係にあったことが大きいとしている。

家族[編集]

佐多家は鹿児島県士族で、知覧島津家第18代当主・島津久峰薩摩藩第5代藩主・島津継豊三男)から分かれた分家である。祖母の従兄弟は元帥陸軍大将川村景明夫人、陸軍中将佐多武彦は兄。参議院議員を務めた佐多忠隆は甥(長兄・直正の次男)。夫人は産婦人科医櫻井郁二郎の娘。四男は伊藤博文桂太郎の孫と、次女は九州大学医学部教授三宅博と結婚している。

脚注[編集]

  1. ^ a b c 『大衆人事録』
  2. ^ a b c 『関西名士写真録』

参考文献[編集]

  • 高梨光司『佐多愛彥先生傳』佐多愛彦先生古稀寿祝賀記念事業会、1940年。
  • 佐多武彦述『回顧六十年』白馬堂、1937年。
  • 『佐多大佐を偲ぶ 海軍攻撃機とともに』佐多大佐回想録刊行会、1978年。
  • 帝国秘密探偵社編『大衆人事録 第3版』帝国秘密探偵社、1930年。
  • 『関西名士写真録』国勢協会、1935年。

外部リンク[編集]