全国学生相撲選手権大会

出典: フリー百科事典『ウィキペディア(Wikipedia)』
移動先: 案内検索

全国学生相撲選手権大会(ぜんこくがくせいすもうせんしゅけんたいかい)は、相撲大学対抗の個人戦・団体戦の大会である。大学生に広く相撲実践の機会を与え、相撲技能の向上とアマチュアスポーツ精神の高揚をはかる事を目的に、日本学生相撲連盟毎日新聞社日本相撲連盟の共催により開催される。現在は堺市大浜公園相撲場と両国国技館で隔年開催されている。

歴史[編集]

1909(明治42)年、大阪毎日新聞社浜寺公園で学生相撲大会を開いたところ好評だったため、1919(大正8)年、堺市の大浜相撲場で第1回全国学生相撲大会が開催された。大会は、戦争で一時中断されたものの1946(昭和21)年に再開。当初は難波大阪府立体育館を会場に行われたが、1971(昭和46)年に大浜体育館が開館したことで、1974(昭和49)年の第52回大会から再び大浜が会場となった。1981(昭和56)年に3,000人収容の現在の相撲場が完成。1986(昭和61)年から両国国技館との隔年開催となっている。

大会の競技方法[編集]

団体戦と個人戦の2種別のトーナメントが行われる。1日目に個人戦が、2日目に団体戦が行われる。 団体戦はDクラスから総当たり戦を行い、各クラスの優勝チームが上位クラスに参加して総当たり戦を行っていく。最後にAクラス優秀8校による決勝トーナメント方式により優勝校を決定する。個人戦は予選3回戦を行い、2勝者以上の選手によって優秀32選手を選出して、決勝トーナメント方式により優勝者を決定する。

学生横綱[編集]

個人戦の優勝者には、内閣総理大臣杯森口忠造杯、日本相撲連盟から学生横綱の称号が贈られる。学生横綱となった選手は、大相撲において幕下15枚目格の幕下付出の資格を取得できる。

なお2016年7月17日の日本相撲協会理事会以降、学生横綱の称号を得られずとも、個人戦で準々決勝(ベスト8)まで勝ち抜いた選手は、三段目100枚目格の三段目付出の資格を取得できる制度が制定された。

但し、いずれの資格も該当する成績を修めた日から1年以内が期限とされる。

学生横綱のうち大相撲入りした主な者には、1995年度優勝の柳川信行(増健亘志日大)、1997年度及び1998年度優勝の田宮啓司(琴光喜啓司、日大)、2000年度優勝の垣添徹(垣添徹、日体大)、2001年度優勝の成田旭(豪風旭中大)、2010年度優勝の明月院秀政(千代大龍秀政、日体大)などがいる。

歴代団体戦優勝校[編集]

1941年は戦況の悪化により関東大会、関西大会、九州大会に分かれて開催。

開催年 優勝校 準優勝校 会場
1919年(大正8年) 神戸商高
1920年(大正9年) 早大
1921年(大正10年) 早大
1922年(大正11年) 大阪府立医科大学
1923年 慶大
1924 関大
1925 明大
1926 早大
1927 慶大
1928 慶大
1929 明大
1930 早大
1931 関大
1932 明大
1933 東京医専
1934 拓大
1935 拓大
1936 拓大
1937 拓大
1938 拓大
1939 慶大
1940 拓大
1941年 日大関学大・大分高商
1946年(昭和21年) 関学大
1947年(昭和22年) 大阪専門
1948年(昭和23年) 近大
1949年(昭和24年) 近大
1950年(昭和25年) 関学大
1951年(昭和26年) 関学大
1952年(昭和27年) 中大
1953年(昭和28年) 同大
1954年(昭和29年) 中大
1955年(昭和30年) 中大
1956年(昭和31年) 東農大
1957年(昭和32年) 関大
1958年(昭和33年) 中大
1959年(昭和34年) 明大
1960年(昭和35年) 早大
1961年(昭和36年) 日大
1962年(昭和37年) 拓大
1963年(昭和38年) 拓大
1964年(昭和39年) 東農大
1965年(昭和40年) 日大
1966年(昭和41年) 日大
1967年(昭和42年) 東農大
1968年(昭和43年) 日大
1969年(昭和44年) 近大
1970年(昭和45年) 日体大
1971年(昭和46年) 駒大
1972年(昭和47年) 同大
1973年(昭和48年) 日大
1974年(昭和49年) 同大
1975年(昭和50年) 明大
1976年(昭和51年) 近大
1977年(昭和52年) 近大
1978年(昭和53年) 拓大
1979年(昭和54年) 日大
1980年(昭和55年) 日大
1981年(昭和56年) 明大
1982年(昭和57年) 日大
1983年(昭和58年) 日大
1984年(昭和59年) 日大
1985年(昭和60年) 日大
1986年(昭和61年) 日大
1987年(昭和62年) 日大
1988年(昭和63年) 日大
1989年(平成元年) 日体大
1990年(平成2年) 専修大
1991年(平成3年) 日大
1992年(平成4年) 中大
1993年(平成5年) 日大
1994年(平成6年) 日大
1995年(平成7年) 日大
1996年(平成8年) 日大
1997年(平成9年) 日大
1998年(平成10年) 中大
1999年(平成11年) 東農大
2000年(平成12年) 東洋大
2001年(平成13年) 日大 大浜公園相撲場
2002年(平成14年) 東洋大 国技館
2003年(平成15年) 近大 大浜公園相撲場
2004年(平成16年) 日大 国技館
2005年(平成17年) 日大 大浜公園相撲場
2006年(平成18年) 日大 国技館
2007年(平成19年) 日体大 大浜公園相撲場
2008年(平成20年) 日体大 国技館
2009年(平成21年) 日大 大浜公園相撲場
2010年(平成22年) 近大 国技館
2011年(平成23年) 日体大 大浜公園相撲場
2012年(平成24年) 日大 国技館
2013年(平成25年) 東洋大 大浜公園相撲場
2014年(平成26年) 日体大 国技館
2015年(平成27年) 日大 大浜公園相撲場
2016年(平成28年) 東洋大 近大 国技館
2017年(平成29年) 大浜公園相撲場

テレビ中継[編集]

個人戦の決勝トーナメント2回戦以降がNHK教育テレビで中継されている。原則として生中継だが、2010年は全日本テニス選手権と日程が重複したため1週間後の録画放送となった。

関連項目[編集]