年間最多勝

出典: フリー百科事典『ウィキペディア(Wikipedia)』
移動先: 案内検索

年間最多勝」(ねんかんさいたしょう)とは、大相撲本場所において、その1年間に幕内で最も多く勝星を挙げた力士に対して贈られる賞である。

概要[編集]

1957年昭和32年)に11月場所が本場所に加わり、年5場所制になったことから、「その年の最多勝力士は誰か」という興味が新たに生まれた。このことから、11月場所が開催される福岡県に本社を持つ西日本新聞社によって賞が設立され、同場所の千秋楽にその表彰が行われている。翌1958年(昭和33年)からは7月場所も本場所に加わって、同年から現在に至るまで年6場所制が定着となる。但し、2011年平成23年)は大相撲八百長問題の余波を受けて3月場所が中止されたため、年5場所での表彰となった。

勝星数以外の要素は一切考慮されないため、圧倒的な実力があっても休場の場所があると最多勝争いでは大きく不利になり、受賞を逃すことがある。

なお、報知新聞社の制定する「報知年間最優秀力士賞」は全く別の表彰である(「報知年間最優秀力士賞」は勝星数のみならず、優勝回数や相撲内容等を総合的に審査して受賞者を決定する)。

年間最多勝力士一覧[編集]

幕内最高優勝 優勝同点
力士名 受賞回数 1月場所 3月場所 5月場所 7月場所 9月場所 11月場所 備考
1957年 栃錦清隆 59 16 0 初受賞 11勝4敗 11勝4敗 12勝3敗 - 13勝2敗 12勝3敗 7月場所は開催前。この年のみ5場所で争う。
1958年 若乃花幹士 75 14 0 初受賞 13勝2敗 12勝3敗 11勝4敗 13勝2敗 14勝1敗 12勝2敗1分 1分あり。
1959年 栃錦清隆 77 13 0 2年ぶり2度目 10勝5敗 14勝1敗 14勝1敗 15勝 12勝3敗 12勝3敗
1960年 大鵬幸喜 66 24 0 初受賞 12勝3敗 7勝8敗 11勝4敗 11勝4敗 12勝3敗 13勝2敗
1961年 大鵬幸喜 71 19 0 2年連続2度目 10勝5敗 12勝3敗 11勝4敗 13勝2敗 12勝3敗 13勝2敗
1962年 大鵬幸喜 77 13 0 3年連続3度目 13勝2敗 13勝2敗 11勝4敗 14勝1敗 13勝2敗 13勝2敗
1963年 大鵬幸喜 81 9 0 4年連続4度目 14勝1敗 14勝1敗 15勝 12勝3敗 14勝1敗 12勝3敗
1964年 大鵬幸喜 69 11 10 5年連続5度目 15勝 15勝 10勝5敗 1勝4敗10休 14勝1敗 14勝1敗
1965年 佐田の山晋松 74 16 0 初受賞 13勝2敗 12勝3敗 14勝1敗 12勝3敗 12勝3敗 11勝4敗
1966年 柏戸剛 71 19 0 初受賞 14勝1敗 10勝5敗 12勝3敗 12勝3敗 13勝2敗 10勝5敗
1967年 大鵬幸喜 70 6 14 3年ぶり6度目 15勝 13勝2敗 14勝1敗 2勝1敗12休 15勝 11勝2敗2休 同点受賞。
柏戸剛 70 20 0 2年連続2度目 12勝3敗 11勝4敗 13勝2敗 14勝1敗 9勝6敗 11勝4敗
1968年 玉乃島正夫 69 21 0 初受賞 12勝3敗 12勝3敗 13勝2敗 10勝5敗 10勝5敗 12勝3敗
1969年 北の富士勝昭 63 27 0 初受賞 11勝4敗 9勝6敗 9勝6敗 9勝6敗 12勝3敗 13勝2敗
1970年 北の富士勝昭 75 15 0 2年連続2度目 13勝2敗 13勝2敗 14勝1敗 13勝2敗 11勝4敗 11勝4敗 同点受賞。
玉の海正洋 75 15 0 2年ぶり2度目 13勝2敗 13勝2敗 12勝3敗 9勝6敗 14勝1敗 14勝1敗
1971年 北の富士勝昭 73 17 0 3年連続3度目 11勝4敗 11勝4敗 15勝 8勝7敗 15勝 13勝2敗
1972年 輪島大士 63 27 0 初受賞 10勝5敗 9勝6敗 12勝3敗 8勝7敗 13勝2敗 11勝4敗
1973年 輪島大士 77 12 1 2年連続2度目 11勝4敗 13勝2敗 15勝 11勝4敗 15勝 12勝2敗1休
1974年 北の湖敏満 73 17 0 初受賞 14勝1敗 10勝5敗 13勝2敗 13勝2敗 11勝4敗 12勝3敗
1975年 北の湖敏満 71 19 0 2年連続2度目 12勝3敗 13勝2敗 13勝2敗 9勝6敗 12勝3敗 12勝3敗
1976年 輪島大士 77 13 0 3年ぶり3度目 12勝3敗 13勝2敗 13勝2敗 14勝1敗 12勝3敗 13勝2敗
1977年 北の湖敏満 80 10 0 2年ぶり3度目 12勝3敗 15勝 12勝3敗 13勝2敗 15勝 13勝2敗
1978年 北の湖敏満 82 8 0 2年連続4度目 15勝 13勝2敗 14勝1敗 15勝 14勝1敗 11勝4敗
1979年 北の湖敏満 77 13 0 3年連続5度目 14勝1敗 15勝 13勝2敗 12勝3敗 13勝2敗 10勝5敗
1980年 北の湖敏満 77 13 0 4年連続6度目 12勝3敗 13勝2敗 14勝1敗 15勝 11勝4敗 12勝3敗
1981年 北の湖敏満 69 15 6 5年連続7度目 14勝1敗 13勝2敗 14勝1敗 13勝2敗 10勝5敗 5勝4敗6休
1982年 千代の富士貢 74 16 0 初受賞 12勝3敗 13勝2敗 13勝2敗 12勝3敗 10勝5敗 14勝1敗
1983年 隆の里俊英 78 12 0 初受賞 11勝4敗 12勝3敗 13勝2敗 14勝1敗 15勝 13勝2敗
1984年 若嶋津六夫 71 19 0 初受賞 11勝4敗 14勝1敗 9勝6敗 15勝 11勝4敗 11勝4敗
1985年 千代の富士貢 80 10 0 3年ぶり2度目 15勝 11勝4敗 14勝1敗 11勝4敗 15勝 14勝1敗
1986年 千代の富士貢 68 10 12 2年連続3度目 13勝2敗 1勝2敗12休 13勝2敗 14勝1敗 14勝1敗 13勝2敗
1987年 北勝海信芳 74 16 0 初受賞 11勝4敗 12勝3敗 13勝2敗 11勝4敗 14勝1敗 13勝2敗
1988年 旭富士正也 73 17 0 初受賞 14勝1敗 12勝3敗 12勝3敗 11勝4敗 12勝3敗 12勝3敗
1989年 北勝海信芳 72 18 0 2年ぶり2度目 14勝1敗 11勝4敗 13勝2敗 12勝3敗 11勝4敗 11勝4敗
1990年 旭富士正也 70 20 0 2年ぶり2度目 9勝6敗 8勝7敗 14勝1敗 14勝1敗 13勝2敗 12勝3敗
1991年 霧島一博 62 28 0 初受賞 14勝1敗 5勝10敗 11勝4敗 10勝5敗 12勝3敗 10勝5敗
1992年 貴花田光司 60 30 0 初受賞 14勝1敗 5勝10敗 9勝6敗 8勝7敗 14勝1敗 10勝5敗
1993年 曙太郎 76 14 0 初受賞 13勝2敗 10勝5敗 13勝2敗 13勝2敗 14勝1敗 13勝2敗
1994年 貴乃花光司 80 10 0 2年ぶり2度目 14勝1敗 11勝4敗 14勝1敗 11勝4敗 15勝 15勝
1995年 貴乃花光司 80 10 0 2年連続3度目 13勝2敗 13勝2敗 14勝1敗 13勝2敗 15勝 12勝3敗
1996年 貴乃花光司 70 5 15 3年連続4度目 14勝1敗 14勝1敗 14勝1敗 15勝 13勝2敗 15休
1997年 貴乃花光司 78 12 0 4年連続5度目 13勝2敗 12勝3敗 13勝2敗 13勝2敗 13勝2敗 14勝1敗
1998年 若乃花勝 67 23 0 初受賞 10勝5敗 14勝1敗 12勝3敗 10勝5敗 12勝3敗 9勝6敗
1999年 武蔵丸光洋 70 20 0 初受賞 8勝7敗 13勝2敗 13勝2敗 12勝3敗 12勝3敗 12勝3敗
2000年 曙太郎 76 14 0 7年ぶり2度目 11勝4敗 12勝3敗 13勝2敗 13勝2敗 13勝2敗 14勝1敗
2001年 武蔵丸光洋 73 17 0 2年ぶり2度目 14勝1敗 12勝3敗 13勝2敗 12勝3敗 9勝6敗 13勝2敗
2002年 朝青龍明徳 66 24 0 初受賞 8勝7敗 11勝4敗 11勝4敗 12勝3敗 10勝5敗 14勝1敗
2003年 朝青龍明徳 67 18 5 2年連続2度目 14勝1敗 10勝5敗 13勝2敗 5勝5敗5休 13勝2敗 12勝3敗
2004年 朝青龍明徳 78 12 0 3年連続3度目 15勝 15勝 13勝2敗 13勝2敗 9勝6敗 13勝2敗
2005年 朝青龍明徳 84 6 0 4年連続4度目 15勝 14勝1敗 15勝 13勝2敗 13勝2敗 14勝1敗
2006年 朝青龍明徳 67 11 12 5年連続5度目 11勝4敗 13勝2敗 1勝2敗12休 14勝1敗 13勝2敗 15勝
2007年 白鵬翔 74 16 0 初受賞 10勝5敗 13勝2敗 15勝 11勝4敗 13勝2敗 12勝3敗
2008年 白鵬翔 79 11 0 2年連続2度目 14勝1敗 12勝3敗 11勝4敗 15勝 14勝1敗 13勝2敗
2009年 白鵬翔 86 4 0 3年連続3度目 14勝1敗 15勝 14勝1敗 14勝1敗 14勝1敗 15勝
2010年 白鵬翔 86 4 0 4年連続4度目 12勝3敗 15勝 15勝 15勝 15勝 14勝1敗
2011年 白鵬翔 66 9 0 5年連続5度目 14勝1敗 - 13勝2敗 12勝3敗 13勝2敗 14勝1敗 3月場所は中止。この年のみ5場所で争う。
2012年 白鵬翔 76 14 0 6年連続6度目 12勝3敗 13勝2敗 10勝5敗 14勝1敗 13勝2敗 14勝1敗
2013年 白鵬翔 82 8 0 7年連続7度目 12勝3敗 15勝 15勝 13勝2敗 14勝1敗 13勝2敗
2014年 白鵬翔 81 9 0 8年連続8度目 14勝1敗 12勝3敗 14勝1敗 13勝2敗 14勝1敗 14勝1敗
2015年 白鵬翔 66 12 12 9年連続9度目 15勝 14勝1敗 11勝4敗 14勝1敗 3敗12休 12勝3敗
2016年 稀勢の里寛 69 21 0 初受賞 9勝6敗 13勝2敗 13勝2敗 12勝3敗 10勝5敗 12勝3敗 優勝・同点なしの受賞ははじめて
  • 最高位が大関の力士で年間最多勝獲得者は、若嶋津(1984年)と霧島(1991年)の二人。最高位関脇以下で年間最多勝を受賞した力士はいないが、その1年を通じて関脇以下の地位で最多勝獲得者は、大鵬(1960年、九州場所後大関昇進)と貴花田(1992年)がいる。

記録等[編集]

年間最多勝回数[編集]

順位 力士名 回数 年度
1位 9回 白鵬翔 2007,2008,2009,2010,2011,2012,2013,2014,2015
2位 7回 北の湖敏満 1974,1975,1977,1978,1979,1980,1981
3位 6回 大鵬幸喜 1960,1961,1962,1963,1964,1967
4位 5回 貴乃花光司 1992,1994,1995,1996,1997
朝青龍明徳 2002,2003,2004,2005,2006
6位 3回 北の富士勝昭 1969,1970,1971
輪島大士 1972,1973,1976
千代の富士貢 1982,1985,1986
9位 2回 栃錦清隆 1957,1959
柏戸剛 1966,1967
玉の海正洋 1968,1970
北勝海信芳 1987,1989
旭富士正也 1988,1990
曙太郎 1993,2000
武蔵丸光洋 1999,2001
16位 1回 若乃花幹士(初代) 1958
佐田の山晋松 1965
隆の里俊英 1983
若嶋津六夫 1984
霧島一博 1991
若乃花勝 1998
稀勢の里寛 2016

連続年間最多勝[編集]

順位 力士名 回数 年度
1位 9年 白鵬翔 2007-2015
2位 5年 大鵬幸喜 1960-1964
北の湖敏満 1977-1981
朝青龍明徳 2002-2006
5位 4年 貴乃花光司 1994-1997
6位 3年 北の富士勝昭 1969-1970
7位 2年 柏戸剛 1966-1967
輪島大士 1972-1973
北の湖敏満 1974-1975
千代の富士貢 1985-1986

年間80勝以上の力士[編集]

1958年(昭和33年)より年6場所定着以降、大相撲で年間80勝以上を達成した力士は6人で、現在の最多勝利数は白鵬の86勝である。最多達成者も白鵬で、4回(2009年・2010年・2013年・2014年)達成している。その他、北の湖・貴乃花が2度達成している(共に2年連続)。

  年 / 四股名   1月場所 3月場所 5月場所 7月場所 9月場所 11月場所 合計
2009年
白鵬
東横綱
14勝1敗
(優勝同点)
西横綱
15戦全勝
(優勝)
東横綱
14勝1敗
(優勝同点)
東横綱
14勝1敗
(優勝)
東横綱
14勝1敗
(優勝同点)
西横綱
15戦全勝
(優勝)
86勝4敗
2010年
白鵬
東横綱
12勝3敗
東横綱
15戦全勝
(優勝)
東横綱
15戦全勝
(優勝)
東横綱
15戦全勝
(優勝)
東横綱
15戦全勝
(優勝)
東横綱
14勝1敗
(優勝)
86勝4敗
2005年
朝青龍
東横綱
15戦全勝
(優勝)
東横綱
14勝1敗
(優勝)
東横綱
15戦全勝
(優勝)
東横綱
13勝2敗
(優勝)
東横綱
13勝2敗
(優勝)
東横綱
14勝1敗
(優勝)
84勝6敗
1978年
北の湖
西横綱
15戦全勝
(優勝)
東横綱
13勝2敗
(優勝)
東横綱
14勝1敗
(優勝)
東横綱
15戦全勝
(優勝)
東横綱
14勝1敗
(優勝)
東横綱
11勝4敗
82勝8敗
2013年
白鵬
東横綱
12勝3敗
西横綱
15戦全勝
(優勝)
東横綱
15戦全勝
(優勝)
東横綱
13勝2敗
(優勝)
東横綱
14勝1敗
(優勝)
東横綱
13勝2敗
82勝8敗
1963年
大鵬
東横綱
14勝1敗
(優勝)
東横綱
14勝1敗
(優勝)
東横綱
15戦全勝
(優勝)
東横綱
12勝3敗
東横綱
14勝1敗
西横綱
12勝3敗
81勝9敗
2014年
白鵬
西横綱
14勝1敗
(優勝)
東横綱
12勝3敗
東横綱
14勝1敗
(優勝)
東横綱
13勝2敗
(優勝)
東横綱
14勝1敗
(優勝)
東横綱
14勝1敗
(優勝)
81勝9敗
1977年
北の湖
東横綱
12勝3敗
西横綱
15戦全勝
(優勝)
東横綱
12勝3敗
東横綱
13勝2敗
西横綱
15戦全勝
(優勝)
東横綱
13勝2敗
80勝10敗
1985年
千代の富士
東横綱
15戦全勝
(優勝)
東横綱
11勝4敗
東横綱
14勝1敗
(優勝)
東横綱
11勝4敗
東横綱
15戦全勝
(優勝)
東横綱
14勝1敗
(優勝)
80勝10敗
1994年
貴乃花
西大関
14勝1敗
(優勝)
東大関
11勝4敗
西大関
14勝1敗
(優勝)
東大関
11勝4敗
西張出大関
15戦全勝
(優勝)
東大関
15戦全勝
(優勝)
80勝10敗
1995年
貴乃花
東横綱
13勝2敗
(優勝)
東横綱
13勝2敗
西横綱
14勝1敗
(優勝)
東横綱
13勝2敗
(優勝)
東横綱
15勝全勝
(優勝)
東横綱
12勝3敗
(優勝同点)
80勝10敗

参考(連続6場所勝利数80勝以上の力士)[編集]

年度にこだわらない任意の場所の連続6場所での勝ち星で80勝以上を記録した力士を列挙する。
1958年(昭和33年)より年6場所定着以降、大相撲史上達成者は9人のみで、現在の最多勝利数は白鵬の88勝である。
各力士の、最多記録のみを列挙する。(成績の太字は、優勝を示す。)

 四股名   1 2 3 4 5 6 合計 備考
白鵬 2010年
3月場所
15戦全勝
2010年
5月場所
15戦全勝
2010年
7月場所
15戦全勝
2010年
9月場所
15戦全勝
2010年
11月場所
14勝1敗
2011年
1月場所
14勝1敗
88勝2敗 現在、最多勝利数記録。
北の湖 1977年
9月場所
15戦全勝
1977年
11月場所
13勝2敗 
1978年
1月場所
15戦全勝
1978年
3月場所
13勝2敗
1978年
5月場所
14勝1敗
1978年
7月場所
15戦全勝
85勝5敗
大鵬 1966年
3月場所
13勝2敗
1966年
5月場所
14勝1敗
1966年
7月場所
14勝1敗
1966年
9月場所
13勝2敗
1966年
11月場所
15戦全勝
1967年
1月場所
15戦全勝
84勝6敗 1966年5月場所~1967年3月場所間、および
1966年7月場所~1967年5月場所間も
84勝6敗となる。
玉の海 1970年
9月場所
14勝1敗
1970年
11月場所
14勝1敗
1971年
1月場所
14勝1敗
1971年
3月場所
14勝1敗
1971年
5月場所
13勝2敗
1971年
7月場所
15戦全勝
84勝6敗
朝青龍 2005年
1月場所
15戦全勝
2005年
3月場所
14勝1敗
2005年
5月場所
15戦全勝
2005年
7月場所
13勝2敗
2005年
9月場所
13勝2敗
2005年
11月場所
14勝1敗
84勝6敗
千代の富士 1988年
5月場所
14勝1敗
1988年
7月場所
15戦全勝
1988年
9月場所
15戦全勝
1988年
11月場所
14勝1敗
1989年
1月場所
11勝4敗
1989年
3月場所
14勝1敗
83勝7敗
貴乃花 1994年
9月場所
15戦全勝
1994年
11月場所
15戦全勝
1995年
1月場所
13勝2敗
1995年
3月場所
13勝2敗
1995年
5月場所
14勝1敗
1995年
7月場所
13勝2敗
83勝7敗 1994年11月場所~1995年9月場所間も
83勝7敗となる。
栃錦 1959年
3月場所
14勝1敗
1959年
5月場所
14勝1敗
1959年
7月場所
15戦全勝
1959年
9月場所
12勝3敗 
1959年
11月場所
12勝3敗 
1960年
1月場所
14勝1敗
81勝9敗 1959年5月場所~1960年3月場所間も
81勝9敗となる。
隆の里 1983年
3月場所
12勝3敗 
1983年
5月場所
13勝2敗
1983年
7月場所
14勝1敗
1983年
9月場所
15戦全勝
1983年
11月場所
13勝2敗 
1984年
1月場所
13勝2敗
80勝10敗

少数勝ち星での年間最多勝(年6場所制)[編集]

四股名 成績 備考
貴花田 1992年 60勝30敗 のち貴乃花
霧島 1991年 62勝28敗
北の富士 1969年 63勝27敗
輪島 1972年
大鵬 1960年 66勝24敗
朝青龍 2002年
白鵬 2015年 66勝12敗12休
若乃花(勝) 1998年 67勝23敗
朝青龍 2003年 67勝18敗5休
2006年 67勝11敗12休

参考(年6場所制以外での年間最多勝)[編集]

四股名 成績 備考
栃錦 1957年 59勝16敗 当時年5場所制
白鵬 2011年 66勝9敗 3月場所中止、5月技量審査場所

2位力士の記録など[編集]

  • 年間2位の最多勝は、1978年の2代若乃花の78勝12敗(最多勝は、当時の年間最多勝記録だった北の湖の82勝)。ちなみに2代若乃花は、年間最多勝無経験の力士の最多記録でもある。
  • 年5場所優勝で年間最多勝を逃したのが1966年の大鵬(69勝6敗15休)。1月場所全休のあと5連覇で柏戸(71勝)を追ったが2勝届かなかった。
  • 1971年の玉の海は9月場所まで68勝7敗と年間80勝を上回るペースだったが、場所後の同年10月11日に急死。同年の最多勝は北の富士が受賞(73勝)。
  • 1988年に53連勝を達成し年4場所優勝した千代の富士も、3月場所に全休が有り70勝5敗15休の成績ながら、旭富士(73勝)に3勝差の2位。千代の富士の年間勝利2位4回は歴代最多だが、その全てが優勝回数では最多勝力士を上回りながらのものだった。
  • 最も差をつけられた2位力士は、2005年の琴欧州の59勝で、全場所優勝の朝青龍(84勝)と25勝差。

脚注[編集]

[ヘルプ]

外部リンク[編集]