横綱大関

出典: フリー百科事典『ウィキペディア(Wikipedia)』
ナビゲーションに移動 検索に移動

横綱大関(よこづなおおぜき)とは、大相撲番付において大関空位(不在)、あるいは一人大関の時に、横綱が番付上大関の地位も兼任する形で表記される場合の呼び方である[1]

概要[編集]

江戸時代以来番付の片方には、必ず大関・関脇小結三役がそろうことが必要であった。1890年に、横綱を免許された西ノ海が番付上ではじめて「横綱」と頭書されたあとも、大関は東西に存在していた。1896年5月場所小錦が横綱免許を受けた際、同じ東方に大関がいなかったため番付上「大関」をメインにして、その下に出身地のわきに「横綱」を付記する形をとることにした。その後1898年5月場所朝汐が大関となったため小錦は西ノ海と同様に地位の部分に横綱と大書されて東に張り出された。これは、その当時はまだ横綱が地位として明確にされていなかったためのものである。これが、横綱大関のはじめといってよい。

1904年1月場所、常陸山梅ヶ谷とが同時に横綱に昇進したときに、大関がいなくなった際も同様に地位は大関と大書され出身地のわきに「横綱」と付記する形をとった。1905年5月場所国見山荒岩が同時に大関に昇進すると常陸山と梅ヶ谷は初めて大関の上位の枠内に「横綱」と大書された。これが横綱が大関の上の地位であることのきっかけとなった。

その後、1909年に横綱が地位として定められた後も、1924年5月場所の常ノ花1936年5月場所の男女ノ川が同様に、「大関」が上で下に「横綱」を書くケースであった。1943年1月場所の安藝ノ海のときに、はじめて「横綱」と「大関」とを並べて書く、現在の形式がはじまった。その後、大関が1人しかいないときや、1981年9月場所のような「3横綱0大関」という状況のときに、「横綱大関」という形の番付表記がされている。1981年9月場所のケースでは、東西の正横綱だった北の湖千代の富士を「横綱大関」とし、2代目若乃花を東の張出横綱とするという番付表記であった。

例外として、1955年のケースがある。1月場所と3月場所とは4横綱1大関だったが、西方には、横綱を二人並べ、どちらにも「横綱大関」の表記はなされなかった。また、同年9月場所にも、4横綱で大関1人の状態だったが、西の正横綱は単に「横綱」の表記で、さらに張出横綱を東西に置いたため、「大関」が西方には番付上存在しないことになってしまった。それに対しての批判もあったか、次に大関が1人になった1959年5月場所には、「横綱大関」の記載が復活した。

なお、これはあくまでも番付記入上の措置であり、待遇は変わらない。場内放送でも「横綱」とアナウンスされる。

この「横綱大関」は1982年1月場所の北の湖琴風1人大関)以来出ていない。

番付における張出1994年5月場所を最後に廃止され、以前の張出に相当する力士も番付の欄内に記載されることになり、現在の制度としては張出は存在しないので、今後横綱が3人以上でかつ大関が1人のみもしくは不在となった場合、番付記載がどのようになるかは不明である。この場合は次のような方法が考えられる。

  • 張出があった時と同様に正横綱を横綱大関とする。ただしその場合は、「横綱大関、横綱、関脇、小結…」のようになって、番付表記上の地位の順序に矛盾が生じてしまう。実際張出があった1981年9月場所においても、正横綱が大関の地位を兼ねるのに、下位であるはずの張出横綱がそうではないのはおかしいのではないかという声もしばしば上がったという。
  • 東または西、あるいはその両方に2人以上いる横綱のうち最下位の者を横綱大関とする。その場合は、「横綱、横綱大関、関脇、小結…」となって地位の順序には矛盾が生じないが、その方法が行われた前例はない。
  • 東または西、あるいはその両方に2人以上いる横綱を単に「横綱」とだけ表記し、「横綱大関」の表記を行わない。1955年の前例があるが、番付上の「大関」が1人もしくは不在になってしまう(1955年の例は大関1人で、番付上の大関不在は前例がない)。
  • 張出を復活させた上で正横綱を横綱大関とする。

2019年11月場所は大関が3人居り、貴景勝光信は9勝6敗と勝ち越したが、大関特例復帰がかかる場所となった栃ノ心剛史が2勝3敗10休で終わったことで大関復帰が叶わず、豪栄道豪太郎が2敗13休、髙安晃が3勝5敗7休で終えたため、豪栄道は2020年1月場所を角番で、髙安は関脇で迎えることになる。これにより、豪栄道が2020年1月場所で負け越し、なおかつ髙安が9勝以下で大関特例復帰を逃した場合、2020年3月場所では、貴景勝の1人大関となることから横綱大関が発生することになる。

横綱大関一覧[編集]

達成順番 四股名 在位数 在位期間 備考
1 男女ノ川 1場所 1936年(昭和11年)夏場所 番付上1人大関清水川
1場所 1938年(昭和13年)春場所 番付上1人大関鏡岩
2 照國 2場所 1943年(昭和18年)夏場所 – 1944年(昭和19年)春場所 1943年(昭和18年)夏場所では番付上1人大関鏡岩、1944年(昭和19年)夏場所では東大関不在(西大関と西張出大関の2大関)
3 朝汐 1場所 1959年(昭和34年)夏場所 番付上1人大関琴ヶ濱
4 初代若乃花 2場所 1959年(昭和34年)名古屋場所 – 1959年(昭和34年)秋場所 2場所連続で番付上1人大関琴ヶ濱
5 柏戸 1場所 1966年(昭和41年)名古屋場所 番付上1人大関豊山
6 輪島 1場所 1975年(昭和50年)初場所 番付上1人大関貴ノ花
7 三重ノ海 1場所 1979年(昭和54年)九州場所 番付上1人大関貴ノ花
8 2代目若乃花 1場所 1980年(昭和55年)初場所 番付上1人大関貴ノ花
2場所 1981年(昭和56年)夏場所 – 1981年(昭和56年)名古屋場所 2場所連続で番付上1人大関千代の富士
9 北の湖 3場所 1981年(昭和56年)秋場所 – 1982年(昭和57年)初場所 1981年(昭和56年)秋場所では大関不在、1981年(昭和56年)九州場所から1982年(昭和57年)初場所では番付上1人大関琴風
10 千代の富士 1場所 1981年(昭和56年)秋場所 1981年(昭和56年)秋場所では大関不在
  • 1955年(昭和30年)の初場所から春場所では三根山、1955年(昭和30年)秋場所では大内山番付上1人大関だが、横綱大関は誕生していない。
  • 横綱大関の番付で幕内最高優勝を経験したのは、初代若乃花三重ノ海北の湖の3人で横綱大関在位中はそれぞれ1回ずつ優勝している。
  • 北の湖千代の富士が横綱大関になったのは同時だが、横綱になった順番で、北の湖が史上9人目の横綱大関、千代の富士が史上10人目の横綱大関としている。ただし、最後の横綱大関は1982年(昭和57年)初場所まで横綱大関として在位していた北の湖であり、昭和最後の横綱大関でもある。そして、平成時代には横綱大関は出なかった。

横綱大関勝利数[編集]

順位 四股名 勝利数
1位 北の湖 28勝
2位 初代若乃花 25勝
3位 照國 23勝
4位 三重ノ海 14勝
5位 男女ノ川 13勝
6位 柏戸 12勝
7位 2代目若乃花 11勝
8位 朝汐 10勝
輪島
10位 千代の富士 1勝

横綱大関勝率[編集]

順位 四股名 勝率
1位 三重ノ海 .933
2位 初代若乃花 .833
3位 柏戸 .800
4位 照国 .767
5位 北の湖 .718
6位 朝汐 .667
輪島
8位 2代目若乃花 .611
9位 男女ノ川 .542
10位 千代の富士 .333

横綱大関在位[編集]

順位 四股名 在位数
1位 北の湖 3場所
2代目若乃花
3位 男女ノ川 2場所
照國
初代若乃花
6位 朝汐 1場所
柏戸
輪島
三重ノ海
千代の富士

横綱大関連続在位[編集]

順位 四股名 連続在位数
1位 北の湖 3場所
2位 照國 2場所
初代若乃花
2代目若乃花

横綱大関優勝[編集]

順位 四股名 優勝回数
1位 初代若乃花 1回
北の湖
三重ノ海

関連項目[編集]

脚注[編集]

[ヘルプ]

出典[編集]

  1. ^ 横綱大関[1]