小錦八十吉 (初代)

出典: フリー百科事典『ウィキペディア(Wikipedia)』
移動先: 案内検索
(初代)小錦 八十吉 Sumo pictogram.svg
Konishiki Yokozuna 1896-1901.jpg
土俵入りを行う小錦八十吉(1896年頃)
基礎情報
四股名 小錦 八十吉
本名 岩井 八十吉
愛称 狂える白象
生年月日 1866年11月21日
没年月日 (1914-10-22) 1914年10月22日(47歳没)
出身 上総国武射郡
(現・千葉県山武郡横芝光町
身長 168cm
体重 143kg
BMI 50.47
所属部屋 高砂部屋
得意技 突っ張り、押し
成績
現在の番付 引退
最高位 第17代横綱
幕内戦歴 119勝24敗9分7預101休
優勝 優勝相当成績7回
データ
初土俵 1883年5月場所[1]
入幕 1888年5月場所[1]
引退 1901年1月場所[1]
備考
2013年7月9日現在

小錦 八十吉(こにしき やそきち、1866年11月21日慶応2年10月15日) - 1914年10月22日)は、上総国武射郡(現:千葉県山武郡横芝光町)出身の元大相撲力士。第17代横綱。本名は岩井 八十吉(いわい やそきち)[1]

来歴[編集]

1866年11月21日(慶応2年10月15日)に、上総国武射郡で料理屋「岩城屋」を営む家に生まれる。土地相撲で岩城川と名乗って大関だった父親は何とか息子を力士にしたいと考え、1881年佐倉へ巡業に来ていた土地相撲仲間の高見山宗五郎に頼んで入門させた。当初は厳しい稽古に耐え切れず逃げ帰ったが、父親の激励によって1883年に再入門を決意し、稽古に励んで順調に出世した。

1888年5月場所の新入幕から足かけ4年で39連勝を達成[1]し、その間に優勝相当成績を7回記録するなど、入幕当時の勢いは凄まじかった。1896年5月場所後に吉田司家から横綱免許を授与された時には史上初となる20代での授与だったが、既に全盛期を過ぎており、一度も優勝相当成績を残すことが出来なかった。この頃から師匠・高砂(高見山宗五郎)がを患っており、小錦がその面倒を見ていたことも影響したと言われる。その時の映像として、大砲万右エ門との取り組みに敗れ、大砲が笑顔を見せる映像が残されている。

1901年1月場所を最後に現役を引退して年寄・二十山を襲名、二十山部屋を創立した。年寄としては小錦八十吉(2代)千葉ヶ嵜俊治などを育成した[2]。引退後も7年間は髷を付けたまま勝負検査役取締役に就任し、その腰低く、誠実・真面目な人柄で平年寄と変わらぬ働き振りであったため、人望を集めた。1914年7月に高砂が死去したことで後継者に内定していたが、同年10月22日に死去、47歳没。「高砂」を正式に襲名する直前に死去したため、高砂の代数には数えられていない。没後、「高砂」は部屋頭の朝潮太郎(2代)が継いだ。

人物[編集]

立合いの素早さと突き押し、そして俊敏な動きで知られ、「軍配が返る前に小錦の勝ち」とも評された。その一方で、小心者であるゆえに初日によく星を落とすため、「小錦と当たるなら初日」と願う力士も多かったという。その相撲振りと相撲人形のような色白の風貌から「荒れ狂う白象の如し」と称された[1]

当時としては非常に早い相撲を取る力士だったが、梅ヶ谷藤太郎(2代)荒岩亀之助といった、自分より早い相撲を取る力士にはついて行けずに敗れることが多かった。

色白・童顔の愛嬌のある風貌から人気者となり、錦絵が飛ぶように売れたという。その人気のため、東京では「小錦織」なる織物も販売された。

エピソード[編集]

  • 1883年の夏に奥州で巡業が行われたが、東京の部屋から栃木県大田原市まで徒歩で向かった[3]が、太っているので股擦れが酷く、痛くてゆっくり歩いていたら仲間に置いて行かれた。さらに空腹を感じたものの、早朝に餅を買ったために5-6銭の小遣いは無く一文無しの状態で、地蔵堂の前に文久銭[4]2枚が置かれていたため、昇進して倍返しにすることを手を合わせて約束して掴み取り、近くの駄菓子屋で煎餅を購入して桶の水を浴びるように飲んで空腹をしのぎ、さらに畑でトウモロコシを食べて小川の水を飲み、途中の茶店の老人から麦飯を御馳走されて、夜になってようやく宿へ到着した。それから数年後に昇進して再び奥州の巡業に参加した際、人力車に乗って向かう途中に地蔵堂へ立ち寄って約束通り5銭白銅貨を献上したが、茶店は無く老人の消息も掴めなかった。
  • 元大関でタレントの小錦は幕内力士としては3代目小錦、十両以下の力士(名前が「八十吉」以外も含む)を含めると「6代目小錦」となる。
  • 21世紀になって在日宣教師の子孫の自宅から、小錦の横綱土俵入りを記録したフィルムが発見されたが、これは横綱土俵入りを映した映像としては最古のものであり、土俵入りの所作も現在とは少し異なる。

主な成績[編集]

  • 幕内在位:26場所
  • 大関在位:12場所[1]
  • 幕内通算成績:119勝24敗9分7預101休 勝率.832
  • 優勝相当成績:7回

脚注[編集]

[ヘルプ]
  1. ^ a b c d e f g ベースボールマガジン社『大相撲名門列伝シリーズ(3) 高砂部屋』p16
  2. ^ ベースボールマガジン社『大相撲名門列伝シリーズ(3) 高砂部屋』p37
  3. ^ 当時、関取は人力車や馬に乗って先に行けたが、幕下以下の若い者は絶対に歩かなければならなかった。
  4. ^ 別名「四文銭」とも言い、当時は1枚が1.5厘だった。

関連項目[編集]