志賀清林

出典: フリー百科事典『ウィキペディア(Wikipedia)』
移動先: 案内検索

志賀 清林(しが の せいりん、生没年不詳)は、奈良時代力士行司。最高位は最手

相撲吉田司家や各行司家に伝わる『相撲傳書』『相撲講本』『相撲式』等に登場する。その記述では、奈良時代726年神亀3年)に、近江国から朝廷に出仕し、相撲の技四十八手と礼法と「突く・殴る・蹴る」の三手の禁じ手を制定する事を聖武天皇に奏上した人物とされる。一方で、他の『続日本紀』などの史書に記述がないことから、架空の人物であるともいわれる。

現在の滋賀県大津市の木戸地区出身ともいわれ、同地区には、志賀清林のとされるものや石碑があり、現在は清林パークと呼ばれる公園があり、清林パーク内に設置された説明板には、次のように書かれている。(大意)

志賀清林は、「近江國志賀ノ里ニ志賀清林ト云ヘル者」と『相撲式』(吉田司家蔵)にあり、本町木戸の出身だといわれている。また、相撲司吉田家の伝承によると734年天平6年)に定められた「相撲節」の立案に携わり、相撲の公認の作法を作った人で、国技相撲行司の始祖と伝えられている。

相撲は古くは力くらべや神事とされた。『日本書紀』には7世紀旧暦7月に行われた宮中の相撲の記事がある。また、『続日本紀』に719年養老3年)、7月に宮中相撲節を担当する「抜出司」が任命されたとある。7月7日七夕)の宮中行事としての相撲節会がなされたが、志賀清林は、それまで明確な作法も土俵もなく、生死を賭けた闘技であったものを「突く、蹴る、殴る」の三技を禁手とし、手による「なげ」、足による「かけ」、腰による「ひねり」、頭による「そり」の四手を基本に、おのおの十二手の決まり手を付し、相撲四十八手とした相撲確立の第一人者である。

志賀清林死後、志賀家は行事の家として代々務め、その家名は高かったが、平安時代末期に相撲が中断したときに断絶し、相撲司は吉田家(吉田司家)に移り、吉田家から木村家式守家により継承されている。

1918年大正7年)、板垣退助碑文の志賀清林埋骨之碑が清林顕彰会によって建てられた。

2005年平成17年)3月7日に、高砂親方(元大関朝潮)と第68代横綱朝青龍らが、滋賀県志賀町(当時)の志賀清林の墓碑を参拝した。

関連項目[編集]

外部リンク[編集]