日本拳法

出典: フリー百科事典『ウィキペディア(Wikipedia)』
移動: 案内検索
日本拳法
にっぽんけんぽう、にほんけんぽう
画像募集中
画像募集中
別名 日拳・拳法
競技形式 防具を使用した直接打撃制
使用武器 無し
発生国 日本の旗 日本
発生年 1932年(昭和7年)
創始者 澤山宗海
源流 柔道空手糸東流)、柔術(?)
派生種目 逮捕術自衛隊格闘術
主要技術 殴打技蹴り技関節技
  

日本拳法(にっぽんけんぽう、にほんけんぽう)は、防具(面・胴・股当その他)とグローブを着用して殴打技蹴り技関節技を駆使して勝敗を競い合う競技武道日拳(にっけん、にちけん)と略されたり、単純に拳法と呼ばれることがある。

1932年(昭和7年)に柔道家で、空手家の摩文仁賢和に一時師事していた[1]澤山宗海(さわやまむねおみ)により創始考案され、澤山が立ち上げた日本拳法会を基に複数の流派・団体が存在しており、ルールも各々で違いがある。

後述のように創始当初から大学のサークル活動を中心に普及が進められ、ボクシングキックボクシング等の格闘技にも多数の選手を輩出している。

概要[編集]

日本拳法の起源については、開祖の澤山宗海(本名・勝)自身、その著書でその詳細を語っていないので種々の説が流布しているが、当時の事情を知る関係者の証言や当時の関係資料によると概ね以下の通りである。

澤山は元来「当身」の技に興味があり、関西大学学生だった昭和初期の頃、いくつかの古流柔術を見て回ったが納得するものがなかった[2]。そこで、当時沖縄から大阪に転居して唐手(現・空手)を教え始めていた摩文仁賢和糸東流開祖)とその友人の宮城長順剛柔流開祖)を関西大学に招聘して、1930年(昭和5年)6月15日、唐手研究会を設立した[3]。澤山の唐手の師匠について、後年弟子の森良之祐が摩文仁・宮城両人と親しくつきあいのあった小西康裕に質問したところ、摩文仁には師事したが宮城とは関係がなかったという[4]。おそらく大阪に転居した摩文仁と違って、沖縄在住で一時的に関西を訪問した宮城長順にはそれほど師事する期間はなかったものと思われる。ただし宮城長順が1934年(昭和9年)に著した『唐手道概説』には、沖縄県外で活躍する「唐手指導に携る者」として「澤山勝」の名が明記されている[5]

唐手を習い始めたものの、稽古の大半は形稽古であり、自由な打ち合いに興味を抱く澤山は次第に唐手に興味を失っていった。そこで、澤山は大阪府吹田市にある垂水神社の境内で同門たちと自由に打ち合う組手稽古をはじめた。この神社が日本拳法の発祥地である。そして、1932年(昭和7年)、関西大学法学部を卒業すると、同年秋、同門たちと「大日本拳法」と称する唐手とは別の武道を正式に起ち上げた。ただし、当時摩文仁も糸東流を名乗る以前で「大日本拳法関西空手術研究会」という類似の名称の団体を名乗っており[6]、摩文仁側から見てどの程度この「独立」が認識されていたのかは判然としない。上述の宮城長順『唐手道概説』(昭和9年)には、まだ唐手指導者と記されている。その後、1934年(昭和9年)には防具着装による稽古を開始した[7]

澤山は自身の母校である関西大学吹田市を拠点に日本拳法会を開き、当初から大学体育会を対象に普及がなされた。関東進出を任された弟子の森良之祐は上京直後(昭和28年頃)に一時除名されたが、その後一転して「右ニ東京ニ於ケル拳法ヲ一任ス 日本拳法宗家澤山宗海」となったことから、日本拳法協会を設立して関東方面での普及活動を開始したという[8]。その後、その協会から分裂して連盟が生まれた。関東では立正大学が東日本の大学で最初の日本拳法クラブとして創部され、以降徐々に広がりを見せる。

運営団体の特徴として大学における連携組織の充実があり体術及び練習法の体系化、指導者層の育成を見越していた点が評価される。他の打撃系団体もこれを模倣する組織が多い。澤山が日本拳法創始時、関西大学の学生と研究したことから同大では現在でも「学技」としており強豪である。その後、国士舘大学明治大学が関西圏の選手を引き抜くようになり、高校で実績を残した選手は関東の大学に引き抜かれる場合が多い。他に中央大学龍谷大学大阪商業大学早稲田大学関西学院大学なども強豪として挙げられる。一方で、いわゆるセレクションによる男子選手の受け入れを行っていない同志社大学も前述の大学に健闘している。

すべて大正以降の出来事だが、総合格闘技ムーヴメントより遙か前から多種類の技を駆使する直接打撃制の歴史を重ねてきている。その即用性の高さから、協会の拳法は自衛隊の教練にも取り入れられ、森良之祐が自衛隊徒手格闘制定に参画したことから、自衛隊徒手格闘は協会拳法と柔道富木流合気道をベースに作られた。また、森は警察大学校の講師でもあったため警察逮捕術にも大きな影響をあたえている。全国の大学にクラブがあり、その出身者たちの活躍も発展の素地となっている。

松永俊治は1962年から1970年まで全日本拳法個人選手権を9連覇した後に1975年にも優勝し、連覇記録、通算優勝回数とも歴代最多記録を保持している。また、雑古哲夫は合計で49回の優勝を重ね、海外での指導も行い日本拳法を国外へ広めるのに一役買っている。

流派・分派問題[編集]

日本拳法は全国66大学・40高校で課外教育活動としての活動がなされているもののインカレ・インターハイへの参加はなされていない。競技自体も国体正式種目になっていない現状を打破すべく流派・分派の垣根を越え新たに競技団体として公益財団法人全日本拳法連盟(平成21年10月13日内閣府認証)が発足されている。

長年の流派・分派の諸問題については、問題がたびたび訴訟に発展した。日本拳法会が全日本拳法全国連盟を相手に、拳法普及活動事業での「日本拳法」の名称使用禁止、法人名としての全日本拳法連盟の名称使用禁止等を求めた裁判では、1審の大阪地裁(平成21年(ワ)第2948号、不正競争行為差止等請求事件)が原告全面敗訴判決を下し、2審の大阪高裁(平成22年(ネ)第2247号、控訴人は被告の全日本拳法連盟)でも、原判決が相当であるとして控訴棄却判決が下された。これを受け国体種目・インカレ・インターハイ正式種目への実現に向けて未来志向の取り組みがなされている。

原告(一般財団法人 日本拳法全国連盟)被告(公益財団法人 全日本拳法連盟)の訴訟は最高裁の判断を契機として、(公財)全日本拳法連盟は日体協に加盟申請を出すなどの積極的な活動に反し(一般)日本拳法全国連盟は代理人による問い合わせ相談にとどめいたが、会員多数の要望により「国体の使命は終わった」との方針を大転換し、排他的な態度をあらため他団体との対話を積極的に重視する方針の表れとして近年中に日体協加盟をはたし国体正式種目採用を目指すとホームページ上、(一般)日本拳法全国連盟 小西 丕会長名で高らかに声明するに及んでいる。日本拳法宗家澤山宗海先生のご恩に報い日本拳法の創設80年を飾る声明と言えよう。 流派・分派が乱立する厳しい環境を競技団体としてまとめる活動を評価され内閣府から認証され公益性があり社会的に高い信頼度を保障されている公益財団法人 全日本拳法連盟での加盟が現実的であるとの指摘もある一方、いまだ同法人の設立経緯や実体性に疑問を呈する声もある。

日本拳法は既得利権が私的競技団体を存続させ公的競技団体への取り組みを阻害させる大きな要因となっていたが、平成24年1月10日、一般財団法人日本拳法全国連盟の一翼を担う日本拳法連盟はホームページ上の声明文で公益財団法人日本体育協会に加盟、国体正式種目を目指すと宣言するに及んだ。教育機関である高校連盟・大学連盟、社会教育である道場・自衛隊等も私的競技団体から公益財団法人傘下の公的競技団体として脱皮の時期に来ていると言えよう。

平成24年2月28日、最高裁判所第3小法廷において、 一般財団法人「日本拳法全国連盟」(同代表者代表理事 小西 丕)特 定非営利活動法人「日本拳法会」(同代表者理事 小西 丕)が公益財 団法人「全日本拳法連盟」(同代表者代表理事 桟原富士男)を訴えて いた【不正競争行為差止等請求事件】の上告を棄却しました。 これで原告の一般財団法人「日本拳法全国連盟」(同代表者代表理事 小西 丕)・特定非営利活動法人「日本拳法会」(同代表者理事 小西 丕)の全面敗訴となり、地裁(原告敗訴)・高裁(原告敗訴)・最高裁(棄却)と続いた一連の裁判闘争に『司法の正式決定』がなされ終止符がうたれました。 武道教育の再認識に伴い、体育授業に正式種目として「柔道」「剣道」「相撲」「空手道」が取り入れられている。「合気道」「少林寺拳法」「銃剣道」の団体も正式種目を目指して精力的に活動している中「日本拳法」はいまだ允許権を主張する団体といち早く武道教育として社会に受け入れられたいとの団体の内部抗争を繰り返した。結果は先のごとく、司法判断がなされることにより一応の終結が為された。

特徴[編集]

自由組手の形式をいち早く確立した点や、防具を使用した直接打撃である点に特徴が有る。ただし、組手とは言わず防具練習(拳法会での呼称。協会、連盟では実乱撃と呼称。実撃を行う。)、空乱(空撃・寸止めで行う)、想乱(いわゆるシャドーボクシング)という言葉を用いている。試合における勝敗の決着自体は、拳法会が剣道と同じく三本勝負、協会がポイント制を採用している。

拳法会は打撃抜きで即組み付き、崩し、押し倒す。テイクダウンを用いる戦法も認められており立業の面蹴りを実撃に、協会では打撃を重視して規格統一的な指導を行い靴着用で蹴りが多彩なものの面蹴りを仮当てとし、連盟では中間を採っている。

拳技[編集]

突技[編集]

突き(空手で言う直突き:下肢も含めた全身運動を拳に収束する)の威力は一部の他流派でも知られており、日本拳法を代表する技の一つと言われている。しかし、澤山の創案した突打蹴に波動の法則を適用して人体の柔体を利用し、打撃技に強い威力を与える本来の代表技である「波動拳」はあまり知られていない。具体的技術としては構えの手を開手として手首をできるだけ起こし、突きを出すに従って徐々に指先から丸めて拳を作り、目標に当たる瞬間に決めを作る。言い換えれば手首のスナップを最大限に生かした突きと言うべきものである。この動作により柔らかい構えから一気に強力な突きを繰り出す。これは拳技のみならず、蹴り技にも応用されている。澤山直伝の拳法は、この波動と円の動きが組み合わされた流れるような拳法であり、今日の打撃系格闘技に見られるボクシング的な動きとは一線を画すものであったと伝えられる。

打技[編集]

突技と打技の違いについて、宗家では「突と打の異なるところは、拳の撃線が、突きの直線性なのに対して打の方は円線または弧状を描くことである」と定義している。

拳の用法により、以下のように呼称されている。

横打
ボクシングのフックにあたる
外打
空手の裏拳打ちにあたる
斜打
野球のオーバースローに似た動きで相手の面を打つ
揚打
ボクシングのアッパーカットにあたる

それぞれ拳を固めてボクシングのように打つ方法もあるが、波動拳を利用して横打ならフックの軌道状で開手の手首を柔らかく返し、相手のこめかみに当たる寸前に拳を固めて打つという方法も有る。この場合、同じ人体の急所でもより頭部の急所を中国武術の「点穴」のように捉えて打つという感じとなる。

また、上記とは別に相手の突き手を潜り急接近して脇に構えたオープングローブ(掌拳、掌底)を用い、すれ違いざまに胴を打つ技が存在した。近藤寿一がこの使い手として有名な1人で、本人によれば現役選手時代は人から嘲られようが爪先立ちで日常を過ごし続け、常に下肢の鍛錬に努めていたという。

蹴り[編集]

突蹴り[編集]

槍をかい込んで突き徹すような突き蹴り、かがんだ相手の胴部を蹴り上げる揚げ蹴り等、拇指の下あたりを当てる蹴りが多用される。胴への横蹴り(廻し蹴り)は少なく、使用しても面への横蹴りと後ろ廻し蹴り以外では審判に採られ難かった。他流派の影響も受けたせいか、横蹴り(横突蹴り、足刀蹴り)も多々見られるようになっている。

ローキック不可[編集]

防具のない箇所への打撃は反則とされているので、ローキックは存在しない。足払いは可である。サークルで個別にローキック使用を認めて研究しているケースもある。

組み討ち[編集]

原則として投げ技のみで一本にはならない。倒れた相手に打撃を加えるか関節技をかけ、それらが成功して初めて一本が採られる。また、ムエタイの首相撲のような攻防からの膝蹴りも認められている。完全な膠着状態にならない限り攻防が止められることはなく、組んでからより幅広い攻防が繰り広げられることになる。

倒れた相手に[編集]

上記のとおり倒れた相手へ関節技以外の攻撃も認められている。突き・蹴り・踏み蹴り(頭部や胴、股を踏みおろす)・抑え込んでの頭部、胴部への膝蹴り・足を掴んでの股蹴り・いわゆる4点ポジションからの頭部への膝蹴りは全て有効である。ただし、踏み蹴りは危険防止のため空撃かライトコンタクトにより一本とされ、強い打撃は危険行為として反則負けになることもある。

全方位的な武道[編集]

柔道家でもあった澤山は日本拳法を「全方位的な武道」として捉えていた。

日本武道として[編集]

澤山は、日本拳法に空手の貫き手にあたる「指頭拳」等の拳足技術を取り入れていた。

総合格闘技として[編集]

澤山は、日本拳法を「古代パンクラチオンを防具とルールの補備で安全化したものと言えるであろう」と述べている。

1993年UFCが誕生して以降、古代パンクラチオンスタイルの総合格闘技では「重要なのは寝技のポジショニング」というセオリーがわかってきた。柔道の形態を嘆いて始められた日本拳法だが、この寝技のポジショニングが重視されていないため、総合格闘技でありながら古代パンクラチオンスタイルの総合格闘技では組技格闘技の柔道よりも向かないという見方もある。ただし、上述のような踏み蹴りや4点ポジションからの頭部への膝蹴りなど寝技での打撃技が競技ルールに組み込まれ、その技術が体系化されているのは他の格闘技に類がない。

他流派との交流も一部では盛んで、名古屋の同心会館(日本拳法全国連盟中部日本支部)は、2005年以来定期的に日本拳法道場で唯一プロ総合格闘技興行の「HEAT」を開催している。

日本拳法と同じく総合志向のルールを持つ大道塾空道の主宰する北斗旗大会には、辻井恭(拳友会)・佐藤隆之(拳友会)・岡崎克史(青葉拳友会)・齋藤徹(日本拳法梟雄会)・山内真也(青葉拳友会)ら日本拳法の選手が出場し、上位入賞・各賞受賞などしている。

出身者[編集]

格闘家[編集]

ボクシング[編集]

キックボクシング[編集]

シュートボクシング[編集]

プロレス[編集]

その他の著名人[編集]

脚注[編集]

  1. ^ 「実戦の”拳法”澤山宗海――日本拳法創始者――」、加来耕三『武闘伝』223頁参照。
  2. ^ 加来耕三『武闘伝』毎日新聞社、1996年、222頁参照。
  3. ^ 加来耕三『武闘伝』毎日新聞社、1996年、225頁参照。1929年(昭和4年)に設立したとする文献もある。森良之祐『絵説・日本拳法』東京書店、1998年、48頁参照。
  4. ^ 森良之祐『絵説・日本拳法』東京書店、1998年、48頁参照。
  5. ^ 高宮城繁 ・仲本政博・ 新里勝彦『沖縄空手古武道事典』柏書房、2008年、732頁参照。
  6. ^ 仲宗根源和編『空手研究』空手研究社、1934年、68頁参照。
  7. ^ 加来耕三『武闘伝』毎日新聞社、1996年、231頁参照。
  8. ^ 森良之祐『絵説・日本拳法』東京書店、1998年、49頁参照。

参考文献[編集]

関連項目[編集]

外部リンク[編集]