自衛隊逮捕術

出典: フリー百科事典『ウィキペディア(Wikipedia)』
ナビゲーションに移動 検索に移動
自衛隊逮捕術
じえいたいたいほじゅつ
競技形式 防具を使用した直接打撃制(一部の技は寸止め
使用武器 警棒特殊警棒警杖手錠捕縄
発生国 日本の旗 日本
発生年 20世紀中期
源流 日本拳法日本警察逮捕術
主要技術 体捌き、当身逆技投げ技絞め技固技
  

自衛隊逮捕術(じえいたいたいほじゅつ)は、自衛隊警務官・警務官補が特別司法警察職員として職務を行うために研究・開発された逮捕術のこと。

基本的には警察の逮捕術に準じた内容であり、共通する術技や技術も多いが、相手が近接格闘の訓練を受けた軍人であることを想定し、速効性・威力に重点が置かれている[1]

自衛隊格闘術との違いは、相手を倒すことではなく相手を効果的に取り押さえることであり、自分も相手も怪我をしないのが理想であるとされている[1]

脚注[編集]

  1. ^ a b 「自衛隊「逮捕術」を学ぶ!!」(『月刊空手道』1999年9月号、10月号掲載記事)

参考文献[編集]

  • 「自衛隊「逮捕術」を学ぶ!!」(『月刊空手道』1999年9月号、10月号掲載記事)
  • 平山隆一 『増補版 自衛隊徒手格闘入門』 並木書房、2002年。ISBN 489063150X

関連項目[編集]