芦原英幸

出典: フリー百科事典『ウィキペディア(Wikipedia)』
移動先: 案内検索
あしはら ひでゆき
芦原 英幸
生誕 1944年12月4日
広島県佐伯郡能美町(現・江田島市
死没 1995年4月24日(満50歳没)
国籍 日本の旗 日本
別名 ケンカ十段
職業 空手家
団体 新国際空手道連盟 芦原会館
流派 極真会館
肩書き 芦原会館創始者・初代館長

芦原 英幸(あしはら ひでゆき、男性、1944年昭和19年)12月4日 - 1995年平成7年)4月24日)は、日本の空手家。新国際空手道連盟(NIKO)・芦原会館創始者・初代館長。現館長の芦原英典は実子である。

来歴[編集]

広島県佐伯郡能美町(現・江田島市)出身。中学校を卒業後、就職のため単身上京1961年、自動車修理工場で働く傍ら、池袋にあった極真会館の前身・大山道場に入門し、空手道を始める。極真会館設立後は本部指導員を勤めたが、ブラジルに指導員として派遣される数日前に暴力事件を起こして無期禁足処分となり(劇画『空手バカ一代』では破門となっているがこれは脚色)、廃品回収業を約二ヶ月勤める。その後禁足を解かれ、政治家毛利松平の大山倍達への依頼もあって愛媛県野村町に客員指導員として出向いた事がきっかけとなり、極真会館四国支部長(後に愛媛支部長)に就任。一度は総本部に呼び戻され、当初の予定通りブラジルに派遣される話もあったが、芦原が破門覚悟で大山に直訴して四国に留まる事になった。1970年八幡浜神宮前に道場を構え、1979年には国鉄(現・JR四国松山駅前に芦原道場本部を完成させた。しかし1980年9月、自らの弟子石井和義に命じた芦原道場の関西進出などが原因となり、師である大山倍達と対立し極真会館を永久除名される。

同年、自流である芦原会館を発足。相手の攻撃を受け流して側面・背後から反撃を加える『サバキ(捌き)』と呼ばれる技術を体系化し、「誰にもできるカラテ」を提唱、海外各国へも積極的に指導に赴き、芦原会館を国際的な空手会派へと育て上げた。しかし1992年筋萎縮性側索硬化症(ALS)を発症し、2年以上に渡る闘病生活の末、その生涯を閉じた。体の自由が利かなくなっても口述で館長業務を続け、喋れなくなってからは文字盤を使い、手が動かなくなってからは目で文字盤を合図する等で、亡くなる当日まで館長業務に従事し続けた。最後に病院に運ばれる直前、次期館長である英典に文字盤で伝えた言葉は「後を頼む。」だったという。

指導した門下生には石井和義の他に二宮城光照尾暢浩らがいる。また、本部道場の後輩にあたる長谷川一幸全日本空手道選手権大会前には四国に赴き、芦原の特訓を受けた。太気拳創始者澤井健一柔道家・棟田利幸(棟田康幸の父)といった武道家らとも交流が深く、特に少林寺拳法からは自らの技術・指導体系や、自派の道場普及方法に大きな影響を受けた。昭和40年代の第一次キックボクシングブームの頃には、自らキックスタイルの試合を四国に於いて開催している。また武器術では手裏剣・ナイフ投げの名人としても知られ、またトンファを改良したAバトンなる護身具も開発している。

師・大山との確執及び極真退会後の言動[編集]

1970年代週刊少年マガジンに連載され人気を博した、大山倍達の半生と極真会館の発展を描いた劇画空手バカ一代』(原作:梶原一騎)の後半部(作画:影丸譲也)では、準主役級の扱いで頻繁に劇中に登場していた。安田英治の『ケンカ十段』の異名や、大山道場の他の門下生のエピソードが芦原のものとして描かれ、連載中は主人公の大山に匹敵する人気を誇っていた[1]

その結果、愛媛県の芦原の下には県内外から入門希望者が殺到し、芦原道場は松山駅前に新道場を構えるまでに成長したが、大山は自分が主役であるはずの「空手バカ一代」劇中で弟子が活躍し人気を得ていることを快く思わず、梶原に苦言を呈し芦原との間にも軋轢が生まれた[2]。支部長会議の席では、芦原が大山の発言を無視して一触即発の状況になり、真樹日佐夫(梶原の実弟)が慌ててなだめるという緊迫した場面もあったという[3]

極真会館を永久除名となった理由について、大山は自著『わが空手 求道万日』で、支部が本部に申告する道場生の数を芦原側が少なく申告し、自分達の支部とバランスを取るために他の支部長にも本部に報告する道場生の数を調整する様持ちかけた等の行為があったとしている。同書では芦原の名は出さず匿名にしていたが、後年高木薫が発表した『わが師 大山倍達ー1200万人への道』では、件の匿名の支部長が芦原であったとしている。

また、小島一志著「芦原英幸正伝」では、1980年3月の支部長会議で芦原に対する永久除名処分が通告され、これに激昂した芦原が列席していた支部長達や大山に対し、常識ではあり得ない罵詈雑言を浴びせて威嚇し全員を震え上がらせ、相談役の柳川次郎に嗜められて会場を後にする顛末が掲載されている。 しかし一方で芦原本人は、自著『空手に燃え空手に生きる』等にて、同支部長会議の席で極真会館退会の意向を示し、「すぐに辞めるのは(極真に)迷惑がかかるからあと一年で辞めさせてほしい。」と申し出て松山に帰ったところ、半年後に極真会館側が一方的に全国紙を使って「芦原英幸の永久除名」を発表した、と記している。

芦原英幸著「芦原英幸 いのちの言葉」より
ブームの極真空手を踏み台にして、自分自身を売り出そうという者たちにとって、私は目障りな存在だったんだな。少しずつではあるが、会館本部と私の距離が、地理的な距離以上に遠ざけられだしたんだよ。それでね、昭和五十三年(原文ママ)三月に東京で開かれた支部長会議に出席した際、
「ここは、もう自分がいてもいなくても同じだ」

と、その場の空気にそう感じた。会議中、頭の中をいろいろなことが巡ってね。組織に迷惑をかけないためには、どうするのがいちばんいいのか、あれこれ考えてたんだけど、ふっと私一人がきれいな形で辞めればいいんだ、と思ってね。四国で細々とでいい、自分自身が考えている空手を追求して、一人でもいいから、信頼してついてきてくれる若者にそれを伝えていこう、と肚を決めた。会議の中で、

「あと一年で辞めさせていただきます」

と、そう言い残して四国に帰ったんだ。それから半年後の九月に、一通の手紙が組織から届いたんだ。

「芦原英幸を永久除名処分とする」

という通達状だったんだよ。きれいな形で辞めたかったんだけど、そうはいかないまでに組織が大きくなってたんだ。それから一週間後に全国紙を含んだ新聞にね、私を永久除名処分にするという極真会館からの広告が掲載されてね。まあ、イメージからすれば、私がいかにも悪いことをやって除名になったような広告ではあったな。 でもね、その広告を見るとね、大山館長の「師を乗り越えて雄飛せよ」という最後の教えのように思えてね。大山道場に入門したのが、昭和三十六年九月で、二度とその門をくぐれなくなったのが、昭和五十五年の、これも九月だった。         (84~85ページ)

極真会館を退会した直後、ある後援者に「これで大山とは師でも弟子でもなくなったな。」と言われた際に「私の師匠は今も昔も大山倍達です。」と静かに返したという逸話が、芦原の逝去を伝える『ゴング格闘技』に掲載された。

インターネット上で「芦原英幸 大山倍達」などのワードで検索すると、かつて芦原会館内部で芦原の大山に関する話を聞いた弟子達の逸話がヒットするが、それによると芦原は普段大山について語る際は「マス大山」「池袋ハゲ」などと、おちょくるような呼び方をしていたが、真面目な話で大山を引き合いに出す時は必ず「大山先生」と呼んでいたという。また「大山先生は凄かったんだよ。」とも語っていたという。

ある昇級審査会の時、審査を受けた弟子に「大山」姓の人物がおり、苗字を聞いた芦原は「なに? 大山? いかんなあ、大山という苗字は!」と口走り、その後も「コラ! 大山!!」などと何度も呼びかけ、「大山」という苗字の人間を呼び捨てにして怒鳴りつけるという状況を踏まえ「はあ~、気持ちええなあ!」と大げさに喜んでみせ、普段は緊張感に溢れる昇級審査会場は爆笑の渦に包まれた。しかし審査が終わると一転して真面目な口調で「大山という苗字に恥ずかしくない、立派な空手家にならんといけんよ。」と声を掛け、周囲の者たちは皆感激したという。

著書[編集]

  • 「流浪空手」(スポーツライフ社刊)
  • 「実戦!芦原カラテ ケンカ十段のスーパーテクニック」(講談社刊)
  • 「実戦!芦原カラテ2」(講談社刊)
  • 「実戦!芦原カラテ3」(講談社刊)
  • 「空手に燃え空手に生きる ケンカ十段のサバキ人生」(講談社刊)
  • 「芦原英幸 いのちの言葉―空手を愛する人々へ」(福昌堂刊)(遺作

関連書[編集]

「芦原英幸伝 我が父、その魂」は、英典の発言とされる記述に対して芦原会館側がその事実関係を否定し、現在は絶版となっている。

弟子[編集]

脚注[編集]

[ヘルプ]
  1. ^ 俺のケンカ殺法●ケンカ十段・芦原英幸(1985年) 拳の眼
  2. ^ 斎藤貴男著『夕焼けを見ていた男ー評伝梶原一騎』によれば、大山は「弟子を登場させるなら満遍なく登場させてやってほしい」と望んだという事であり、芦原を始め数人の弟子にエピソードが集中したのは、大山の希望通りのやり方ではストーリーが散漫になってしまい、ドラマにならないという理由もあったという。
  3. ^ 真樹日佐夫『真樹日佐夫の百花繚乱交遊録』、東邦出版、2009年、55-57頁
  4. ^ 今月の識者 - 黒岩政経研究所
  5. ^ 7 26(火)〜百田尚樹・上島嘉郎・居島一平〜【真相深入り!虎ノ門ニュース】【Toranomon NEWS】YouTube

関連項目[編集]

外部リンク[編集]