高見彰

出典: フリー百科事典『ウィキペディア(Wikipedia)』
移動先: 案内検索

高見 彰(たかみ あきら、男性、1966年10月11日 - )は、愛媛県宇和島市出身の空手家極真会館松井派)愛媛県支部長・四国地区強化選手監督を兼任し、現在は空手道 高見空手の最高範士[1]

父は、大山倍達の命により設立された極真会館愛媛県支部長・極真会館松井派)四国本部長を歴任し、現在は空手道 高見空手の総師である高見成昭

来歴[編集]

  • 1974年 小学校2年生の時に極真会館四国支部(芦原英幸)に入門。
  • 1985年 高校卒業と同時に上京し、極真会館東京城東支部の郷田勇三の内弟子となる。
  • 1988年 渡米してUSA大山空手大山泰彦の内弟子となり、大山茂ウィリー・ウィリアムス、チャック・チズムらの指導も受ける。また、アラバマ州バーミンハムサンフォード大学、エレメンタルスクール(小学校)で空手と護身術の講義を行う。他、グローブマッチなど他流派の大会に参戦して全勝する。
  • 2005年 極真会館(松井派)愛媛県支部長、四国地区強化選手監督に就任する。
  • 2013年 12月末、高見成昭とともに極真会館(松井派)を辞し、同時に愛媛県支部 高見道場も独立、翌年の元旦に空手道 高見空手を設立した。

主な戦績[編集]

  • 1989年 - 全米空手大会 中量級 第2位
  • 1990年 - 全米空手大会 無差別級 第3位
  • 1995年 - 第12回全日本ウェイト制選手権大会 中量級 第4位
  • 1995年 - 全ロシア空手大会 中量級 第4位

関連人物[編集]

関連項目[編集]

脚注[編集]

[ヘルプ]
  1. ^ 高見空手. “最高範士 高見彰- Saikohanshi Akira Takami -”. 2017年4月21日閲覧。

外部リンク[編集]