澤井健一

出典: フリー百科事典『ウィキペディア(Wikipedia)』
Jump to navigation Jump to search

澤井 健一(さわい けんいち、1903年12月 - 1988年7月16日)は、日本人武道家中国武術家。太氣至誠拳法の創始者

来歴[編集]

福岡県出身。幼少の頃から武道を学び、柔道五段、剣道四段、居合道四段を取得する。1931年中国満州)に渡る。北京にて意拳(大成拳)の創始者である王向斎と出会い立ち会うが敗れ、その場で弟子入りを決意する。

最初は「外国人の弟子は持たない」と言う王向斎であったが、澤井の一週間におよぶ請願の熱意にうたれ、ついに入門を許可する。

日本の敗戦後、家族と共に自決を実行しようとするが、ちょうどその日に王向斎が澤井の自宅に訪れ「日本人は、物事に対して一生懸命になるが、一度失敗するとよく死にたがる。それは愚かなことであり、自分から死んでも何の役にも立たない。

幸い君は殺されることはないであろう。できるだけ早く中国を去って日本に帰りなさい。それが大成拳の道のためでもある。間違っても死ぬような考えを起こさないように。」と何度も諭され、1947年に帰国する。

日本での普及にあたり外国人の弟子である為、大成拳とは名乗らず、王向斎より許可を受け、「気」の一字を以て名付け、太氣至誠拳法(太気拳)を創始した。

帰国後、明治神宮にて少数の弟子達と共に稽古を始める。師の教えを守り、稽古は自然の中で行うことを主義とし、常設道場は持たなかった。

幾多の格闘家、武道家に多大な影響をあたえ世に、拳聖と賞賛された。

極真会創設者の大山倍達とも深い交流があり、極真会草創期の弟子たちは澤井と技術交流を行い、太気拳を学んでいた。また東京オリンピック柔道無差別級金メダリストのヘーシンクとも交流があり、澤井のもとで太気拳を学んだ。

風説[編集]

「大山倍達正伝」などの著作がある作家小島一志は澤井をインチキであると主張し、真樹日佐夫の証言として「戦後の闇市にチンピラ相手に金でもせびろうかと行ったところ木刀で面を打たせる大道芸をしていた澤井がいたが、兄の梶原一騎が木刀を振ったところ逃げ出した」と聞いたと主張しているが、真樹は1940年生まれ、梶原は1936年生まれであり、1949年にはGHQから闇市の撤廃命令により青空闇市は規制され、終了している[1]

脚注[編集]

  1. ^ 「【TOPIXプラスβ大山倍達vs澤井健一 大道芸プロレス】」”. 小島一志/本当の【wiki辞典】. 2014年5月28日閲覧。