江田島市

半保護されたページ
出典: フリー百科事典『ウィキペディア(Wikipedia)』

えたじまし ウィキデータを編集
江田島市
JMSDF-Officer-Candidate-School-Former-Japanese-Naval-Academy.png
江田島市旗 江田島市章
江田島市旗
2004年11月1日制定
江田島市章
2004年11月1日制定
日本の旗 日本
地方 中国地方山陽地方
中国・四国地方
都道府県 広島県
市町村コード 34215-7
法人番号 9000020342157 ウィキデータを編集
面積 100.70km2
総人口 20,843[編集]
推計人口、2023年1月1日)
人口密度 207人/km2
隣接自治体 (海上で隣接)
呉市広島市大竹市廿日市市安芸郡坂町
山口県岩国市
市の木 サクラ
市の花 キク
江田島市役所
市長 明岳周作
所在地 737-2297
広島県江田島市大柿町大原505番地
北緯34度10分30秒 東経132度27分44秒 / 北緯34.175度 東経132.4622度 / 34.175; 132.4622座標: 北緯34度10分30秒 東経132度27分44秒 / 北緯34.175度 東経132.4622度 / 34.175; 132.4622
市庁舎位置
外部リンク 公式ウェブサイト

江田島市位置図

― 政令指定都市 / ― 市 / ― 町・村

 表示 ウィキプロジェクト

江田島市(えたじまし)は、広島県西部の瀬戸内海島嶼部に位置するである。

地理

市役所の所在する大柿町大原周辺の空中写真。
2008年6月13日撮影の6枚を合成作成。国土交通省 国土地理院 地図・空中写真閲覧サービスの空中写真を基に作成。
入鹿海水浴場(沖美町是長)

瀬戸内海広島湾にある江田島能美島を主な市域とする。江田島と能美島はかつて水域によって分断されていたとされるが、現在は地続きとなっている[1]。また、能美島は西能美島と東能美島に分けて記載されることがあったが、2008年に表記が統一された[2]

能美島の南西にある大黒神島沖野島長島のほか、複数の島を有する。

江田島と能美島の間はとなっており、江田島湾と呼ばれる。

地形

山岳

主な山

海岸

湾岸
島嶼

人口

中国地方で最も人口が少ない市である。

Population distribution of Etajima, Hiroshima, Japan.svg
江田島市と全国の年齢別人口分布(2005年) 江田島市の年齢・男女別人口分布(2005年)
紫色 ― 江田島市
緑色 ― 日本全国
青色 ― 男性
赤色 ― 女性

江田島市(に相当する地域)の人口の推移
総務省統計局 国勢調査より


隣接自治体・行政区

いずれも海上で隣接する。

歴史

現代

行政

市長

歴代市長

氏名 就任日 退任日
初代 曽根薫 2004年12月5日 2008年12月4日
2代 田中達美 2008年12月5日 2016年12月4日
3代 明岳周作 2016年12月5日 現職

議会

市議会

  • 定数:16人
  • 議長:吉野伸康
  • 副議長:酒永光志

衆議院

当落 候補者名 年齢 所属党派 新旧別 得票数 重複
平口洋 73 自由民主党 133,126票
大井赤亥 40 立憲民主党 70,939票
当落 候補者名 年齢 所属党派 新旧別 得票数 重複
寺田稔 63 自由民主党 74,362票
野村功次郎 51 立憲民主党 41,788票

施設

警察

  • 本部
  • 交番
    • 大柿交番(江田島市大柿町大原)
  • 駐在所
    • 大君駐在所(江田島市大柿町大君)
    • 沖駐在所(江田島市沖美町畑)
    • 切串駐在所(江田島市江田島町切串2丁目)
    • 小用駐在所(江田島市江田島町小用1丁目)
    • 高田駐在所(江田島市能美町高田)
    • 中町駐在所(江田島市能美町中町)
    • 飛渡瀬駐在所(江田島市大柿町飛渡瀬)
    • 三高駐在所(江田島市沖美町三吉)

消防

  • 本部
  • 消防署
    • 江田島消防署(江田島市江田島町鷲部二丁目17番5号)
  • 出張所
    • 能美出張所(江田島市能美町鹿川1275番地3)

郵便局

江田島郵便局が市内全域の集配業務を行う。

経済

名産・特産

第一次産業

農業

漁業

主な漁港
  • 柿浦漁港
  • 深江漁港
  • 畑漁港
  • 美能漁港
  • 世上漁港

第二次産業

工業

自衛隊関連の産業 - かつて大本営が置かれたこともある「軍都」広島市と、四大鎮守府の一つが置かれた呉市に挟まれた立地から、戦前より日本軍、とくに海軍の拠点となっていた。 現在も海上自衛隊の施設が数多く存在する。また、火薬などを製造する中国化薬江田島工場がある。

第三次産業

商業

情報・通信

マスメディア

中継局

テレビ
ラジオ

生活基盤

ライフライン

電力

ガス

上下水道

電信

教育

高等学校

中学校

小学校

  • 江田島市立江田島小学校(江田島町中央)
  • 江田島市立切串小学校(江田島町切串)
  • 江田島市立鹿川小学校(能美町鹿川)
  • 江田島市立中町小学校(能美町中町)
  • 江田島市立三高小学校(沖美町三吉)
  • 江田島市立大古小学校(大柿町大原)

特別支援学校

その他の学校

自衛隊
自動車教習所

廃校

高等学校
中学校
  • 江田島市立沖中学校(沖美町畑)(2006年3月末廃校→能美中学校へ)
  • 江田島市立切串中学校(江田島町切串)(2009年3月末廃校→江田島中学校へ)
小学校
  • 2006年3月末廃校
    • 江田島市立大須小学校(江田島町大須)(→切串小学校へ)
    • 江田島市立秋月小学校(江田島町秋月)(→江田島小学校へ)
  • 2007年3月末廃校
    • 江田島市立沖小学校(沖美町畑)(→鹿川小学校へ)
    • 江田島市立小用小学校(江田島町小用)(→江田島小学校へ)
    • 江田島市宮ノ原小学校(江田島町宮ノ原)(→江田島小学校へ)
    • 江田島市津久茂小学校(江田島町津久茂)(→江田島小学校へ)
  • 2009年3月末廃校
    • 江田島市立大君小学校(大柿町大君)(→大古小学校へ)
  • 2012年3月末廃校
    • 江田島市立飛渡瀬小学校(大柿町飛渡瀬)(→江田島小学校へ)
  • 2014年3月末廃校
    • 江田島市立高田小学校(能美町高田)(→中町小学校へ)
  • 2019年3月末廃校
    • 江田島市立柿浦小学校(大柿町柿浦)(→大古小学校へ)
その他

交通

道路

早瀬大橋
国道487号・県道36号接続地点(能美町高田)

東能美島の東にある呉市倉橋島とは早瀬大橋で繋がっており、倉橋島と本州とは音戸大橋で繋がっているため、本州との間を自動車で行き来できる。

国道

県道

港湾

公共交通

市内には鉄道が通っていない。JTB時刻表では小用(こよう)バス停(隣接する小用港を含む)が中心駅として記載されている。なお、海上を隔てた最寄り駅は呉線呉駅

乗合バス・乗合タクシー

第三セクター江田島バス路線バスを複数系統運行している。

公共交通空白・不便地域の江田島町北部や沖美町では予約制乗合タクシー「おれんじ号」や乗合タクシー「江田島北部朝夕便」を展開している[5]。2010年10月に予約型乗合タクシーの試験運行を開始し[6]、本格運行に移行してからも継続する基準を明示しながら運行している[5]。2012年7月には障害者割引運賃制度を設けた[7]。予約型乗合タクシーの愛称の「おれんじ号」は募集した中から選ばれたもので、市の特産品を採り入れていることやひらがなが明るい印象を与えることが採用理由に挙げられている[6]

航路

広島港(宇品)や呉港(呉中央桟橋・天応桟橋)と結ぶ航路でフェリーや高速船、旅客船が運行されている[8]

  • 能美町
    • 高速船 中町~<海上ロッジ>~高田~宇品
  • 沖美町
    • フェリー 三高~宇品
  • 江田島町
    • フェリー 切串~宇品
    • フェリー 切串~天応
    • 旅客船 小用~<切串 or プリンスホテル前>~宇品
    • 高速船・フェリー 小用~呉
    • 旅客船 秋月~呉

観光・文化・特産品

史跡

  • 海軍兵学校 - 1888年明治21年)に東京築地から移転し、旧日本海軍の海軍士官養成の地となっていた。現在は海上自衛隊の第1術科学校および幹部候補生学校となっており、一部が見学できる。
  • 茶臼山 - 大柿町深江に所在[9]
  • 愚痴聞き地蔵尊 - 大柿町深江に所在[9]

レジャー施設

  • 国立江田島青少年交流の家
  • サンビーチおきみ
  • 能美海上ロッジ(2017年営業休止)
  • 真道山森林公園キャンプ場
  • シーサイド温泉のうみ
  • 入鹿海水浴場
  • 長瀬海水浴場
  • 長浜海水浴場
  • 大君ふれあい公園
  • 鹿川水源地公園
  • 古鷹記念公園
  • 小用みなと公園
  • 江田島公園
  • 鹿田公園

特産品

江田島市観光協会のサイトによると、下記の特産品がある。

出身関連著名人

脚注

[脚注の使い方]

注釈

出典

  1. ^ 江田島町 1982, pp. 117–118.
  2. ^ 海図の島名が「能美島」に! (PDF)”. 第六管区海上保安本部 (2008年3月27日). 2011年1月4日時点のオリジナルよりアーカイブ。2017年5月7日閲覧。
  3. ^ 本庁が移転しました~詳しくはこちらから~”. 江田島市 (2016年8月1日). 2019年10月9日閲覧。
  4. ^ 『全国市町村要覧 令和01年版』(第一法規) p.338
  5. ^ a b 予約型乗合タクシー「おれんじ号」・乗合タクシー「江田島北部朝夕便」”. 江田島市. 2022年8月5日閲覧。
  6. ^ a b 江田島市総務部総務課秘書広報室 編「予約型乗合タクシー「おれんじ号」運行開始」(PDF)『広報えたじま』第73号、江田島市、8頁、2010年11月1日https://www.city.etajima.hiroshima.jp/cms/articles/show/4572022年8月6日閲覧 
  7. ^ 江田島市総務部総務課秘書広報室 編「おれんじ号の障害者割引運賃制度」(PDF)『広報えたじま』第89号、江田島市、11頁、2012年7月1日https://www.city.etajima.hiroshima.jp/cms/articles/show/5662022年8月6日閲覧 
  8. ^ 海上交通【航路・運航事業者一覧】”. 江田島市. 2022年8月5日閲覧。
  9. ^ a b 江田島珍スポット”. 江田島観光協会. 2022年12月30日閲覧。
  10. ^ 江田島市初の広報大使にSTU48矢野帆夏さんが就任!”. 江田島市 (2019年10月1日). 2022年8月10日閲覧。
  11. ^ 江田島市企画部企画振興課 編「市広報大使の矢野帆夏さんが任期満了へ」(PDF)『広報えたじま』第215号、江田島市、36頁、2022年9月1日https://www.city.etajima.hiroshima.jp/cms/articles/show/89592022年12月6日閲覧 

外部リンク