大沖

出典: フリー百科事典『ウィキペディア(Wikipedia)』
ナビゲーションに移動 検索に移動

大沖(だいおき、1984年2月6日 - )は、日本漫画家広島県江田島市出身[1]。男性。

まんがタイムきららキャラット』にて数回の読み切りを経て、2008年2月号から『はるみねーしょん』の連載を開始。『月刊コミックブレイド』にて、2009年2月号から『ひらめきはつめちゃん』の連載を開始。現在に至る。また「ダイオキシン」というサークルで同人活動も行っている。

作風[編集]

絵柄は線が少なく、キャラクターの等身は低め。等身の高い人物を描く事もある。「\すげえ/」「\やべえ/」といった独特な吹き出しを使用する。 キャラクターの目の描き方としては、丸で黒部分が多い、もしくは一本線のみのシンプルなものを描く。

人物[編集]

よく筆名の読みを「おおおき」と間違われるらしく「はるみねーしょん」1巻の作者紹介の所では「だいおき」であることを強調したり、名前部分に振り仮名が付記されることがある。

漫画家のかきふらいとは同人時代より交流がある。また一時あらゐけいいちアシスタントと言われていた時期があったが実際にやっていたのはデジタル作業の代行程度であり[2]、師弟関係ではなく同業仲間の先輩・後輩の関係にある。

大学時代は、アーチェリー部の主将を務めていた。アーチェリーは高校からの経験者であり、主将を任されたとの事。

広島出身であるためか広島東洋カープのファンである。

作品目録[編集]

漫画[編集]

その他[編集]

出典[編集]

  1. ^ 「ひらめきはつめちゃん」第4巻あとがき。
  2. ^ 本人のツイート、2010年1月13日付

外部リンク[編集]