マーマレード

出典: フリー百科事典『ウィキペディア(Wikipedia)』
移動先: 案内検索
マーマレードのジャム
マーマレードのついたパン

マーマレード: Marmalade)は、柑橘類を加工した食品。果皮が残っているため、苦味がある。

作り方[編集]

主にオレンジ夏ミカンユズグレープフルーツなどでつくられる。初めにと皮を分け、皮は千切りにして水に浸す。実から果汁を絞り、皮と一緒に煮る。皮が柔らかくなったら砂糖を入れ、ペクチンの作用でゲル化するまでかき混ぜながら煮立てる。

食べ方[編集]

パンに塗ることが多い。

スペアリブのたれにマーマレードを加えるのも一般的である[1]

由来[編集]

英語のMarmaladeの語源は ポルトガル語由来で、もとはマルメラーダ(ポルトガル語:marmelada)と言うマルメロ(ポルトガル語:marmelo)のジャムに由来する[2]。 マルメロを表す言葉が柑橘類のジャムを指す意味になった遠因として、マルメロの語源をさかのぼると、古代ギリシャ語でオレンジのジャムを意味するmelimêonにたどることができ、古代のラテン語との交流の際に混同されてしまったと考えられている[2]

ほかに、マーマレードの起源をスコットランドに求める言説がいくつかあるが、学術的にみてどれも信憑性は低い[2]

  • スコットランドメアリー女王フランスの王太子フランソワ2世と結婚していた時期の話として、ある時メアリーが病気になり、お付きの者たちが「メアリー様は病気だ」という意味のフランス語「マリ・エ・マラード(: Marie est malade)」と言ったことが語源という説[2]
  • 同じくメアリー女王が船酔いになった時に言った、フランス語で船酔いを意味する「メール・マラード(: Mer malade)」を語源とする説[2]
  • 1700年頃にスペインで誤って船一杯にビターオレンジを買ってしまったスコットランドの商人が悲嘆していたところ、奥方がこれを砂糖漬けの加工品にしてみると、大変好評となった。その際に、庭で遊んでいた一人息子のメアーをMair Ma lad!(メアー、私の息子よ!)と手伝いに呼んだ事が由来とされた説。[要出典]
  • スコットランドダンディーで、現在の形のマーマレードが初めてつくられたとされている。[要出典]

引用文献[編集]

  1. ^ 武藤裕子『I LOVE 肉弁当』主婦と生活社, 2010年, p.22
  2. ^ a b c d e ピエール・ラスロー『柑橘類の文化誌:歴史と人の関わり』寺町朋子訳 オーム社 2010年 ISBN 9784903532608 pp.344-348.

外部リンク[編集]