広島県第5区

出典: フリー百科事典『ウィキペディア(Wikipedia)』
ナビゲーションに移動 検索に移動
日本の旗広島県第5区
衆議院小選挙区 広島県2.svg衆議院小選挙区 凡例.svg
行政区域 呉市竹原市三原市(旧本郷町域)、東広島市(旧安芸津町域)、尾道市(旧瀬戸田町域)、江田島市(旧江田島町域)、豊田郡
(2017年7月16日現在)
比例区 中国ブロック
設置年 1994年
選出議員 寺田稔
有権者数 254,241人
1.07 倍(一票の格差鳥取1区との比較)
総務省・2018年9月登録日)
テンプレートを表示

広島県第5区(ひろしまけんだい5く)は、日本衆議院議員総選挙における選挙区1994年平成6年)の公職選挙法改正で設置。

区域[編集]

歴史[編集]

中選挙区時代から池田勇人の女婿である池田行彦が義父の地盤を受け継ぎ、当選を重ねてきた。池田は防衛庁長官外務大臣自由民主党総務会長を歴任しキャリアを積み重ねてきたが、2004年1月に直腸癌で死去。後継に池田の女婿で、元財務官僚寺田稔が立候補し、同年の補欠選挙で初当選さらに2005年第44回衆議院議員総選挙で再選した。

一方、民主党は地元に一定の支持基盤を築き、2003年第43回衆議院議員総選挙無所属で出馬した三谷光男を入党させ、三谷は2005年の総選挙では比例復活した。

2009年第45回衆議院議員総選挙では三谷が寺田を破り、初めて非自民系の候補が議席を獲得した(寺田は比例復活もならず落選)。

しかし、2012年第46回衆議院議員総選挙では寺田が議席を奪い返し、三谷は得票数が前回の半分にも満たずに落選した。

2014年第47回衆議院議員総選挙では共産党以外の野党が候補を立てず、寺田が圧勝した。

小選挙区選出議員[編集]

選挙名 当選者 党派 備考
第41回衆議院議員総選挙 1996年 池田行彦 自由民主党
第42回衆議院議員総選挙 2000年 池田行彦 自由民主党
第43回衆議院議員総選挙 2003年 池田行彦 自由民主党
第43回衆議院議員補欠選挙 2004年 寺田稔 自由民主党 池田行彦の死去に伴う
第44回衆議院議員総選挙 2005年 寺田稔 自由民主党
第45回衆議院議員総選挙 2009年 三谷光男 民主党
第46回衆議院議員総選挙 2012年 寺田稔 自由民主党
第47回衆議院議員総選挙 2014年 寺田稔 自由民主党
第48回衆議院議員総選挙 2017年 寺田稔 自由民主党

選挙結果[編集]

第48回衆議院議員総選挙 広島県第5区

解散日:2017年9月28日 投票日:2017年10月22日
当日有権者数:256,815人 最終投票率:51.64%(前回比:+1.12ポイント)

当落候補者名年齢所属党派新旧得票数得票率惜敗率推薦・支持重複
寺田稔59自由民主党86,193票
67.1%
――公明党推薦
橋本琴絵28希望の党27,912票
21.7%
32.4%
尾崎光64日本共産党14,356票
11.2%
16.7%
第47回衆議院議員総選挙 広島県第5区

解散日:2014年11月21日 投票日:2014年12月14日
当日有権者数:259,578人 最終投票率:50.52%(前回比:-11.18ポイント)

当落候補者名年齢所属党派新旧得票数得票率惜敗率推薦・支持重複
寺田稔56自由民主党95,526票
77.7%
――公明党推薦
尾崎光62日本共産党27,406票
22.3%
28.7%
第46回衆議院議員総選挙 広島県第5区

解散日:2012年11月16日 投票日:2012年12月16日
当日有権者数:265,314人 最終投票率:61.70%(前回比:-11.4ポイント)

当落候補者名年齢所属党派新旧得票数得票率惜敗率推薦・支持重複
寺田稔54自由民主党99,842票
63.1%
――公明党推薦
三谷光男53民主党49,356票
31.2%
49.4%
尾崎光60日本共産党9,126票
5.8%
9.1%
第45回衆議院議員総選挙 広島県第5区

解散日:2009年7月21日 投票日:2009年8月30日
当日有権者数:273,182人 最終投票率:73.10%

当落候補者名年齢所属党派新旧得票数得票率惜敗率推薦・支持重複
三谷光男50民主党99,770票
50.9%
――
寺田稔51自由民主党93,594票
47.7%
93.8%
塚本能照50幸福実現党2,738票
1.4%
2.7%
第44回衆議院議員総選挙 広島県第5区

解散日:2005年8月8日 投票日:2005年9月11日

当落候補者名年齢所属党派新旧得票数得票率惜敗率推薦・支持重複
寺田稔47自由民主党97,383票
49.6%
――
比当三谷光男46民主党91,121票
46.4%
93.6%
角谷進58日本共産党7,765票
4.0%
8.0%
第43回衆議院議員補欠選挙 広島県第5区

当日有権者数:人 最終投票率:%(前回比:ポイント)

当落候補者名年齢所属党派新旧得票数得票率推薦・支持
寺田稔46自由民主党 78,769票
50.5%
三谷光男44民主党71,287票
45.7%
松本進51日本共産党5,888票
3.8%
  • 池田行彦衆議院議員の死去に伴い、行われた。
第43回衆議院議員総選挙 広島県第5区

解散日:2003年10月10日 投票日:2003年11月9日

当落候補者名年齢所属党派新旧得票数得票率惜敗率推薦・支持重複
池田行彦66自由民主党76,264票
42.1%
――
佐々木修一48民主党48,300票
26.7%
63.3%
三谷光男44無所属36,170票
20.0%
47.4%×
山本敏明53無所属13,531票
7.5%
17.7%×
松本進50日本共産党6,896票
3.8%
9.0%
第42回衆議院議員総選挙 広島県第5区

解散日:2000年6月2日 投票日:2000年6月25日

当落候補者名年齢所属党派新旧得票数得票率惜敗率推薦・支持重複
池田行彦63自由民主党107,954票
58.7%
――
佐々木修一45民主党59,332票
32.3%
55.0%
角谷進53日本共産党12,806票
7.0%
11.9%
森悟51無所属3,769票
2.0%
3.5%×
第41回衆議院議員総選挙 広島県第5区

解散日:1996年9月27日 投票日:1996年10月20日

当落候補者名年齢所属党派新旧得票数得票率惜敗率推薦・支持重複
池田行彦59自由民主党105,602票
59.7%
――
森井忠良67民主党45,849票
25.9%
43.4%
八山雪光65新社会党14,851票
8.4%
14.1%
堀越和行54日本共産党10,468票
5.9%
9.9%

関連項目[編集]